Ubuntu Weekly Recipe

第402回 SystembackでUbuntuをホットバックアップする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今回はSystembackというUbuntuで動作するホットバックアップやライブイメージ作成を行うツールを紹介します。

バックアップは大事です

第399回執筆後に筆者のメインPCのHDDが故障しました。その前からHDDの読み書きに異常に時間がかかるようになり,それでも無理して使用していたのですが,突然リードオンリーになってしまいました。いよいよダメだということで新しいHDDを購入し,データをコピーしました。

どうしても読み出せないセクタがあり,いくつかのファイルはコピーできませんでしたが,そのうち甚大な被害となるところだったVirtualBoxのゲストOSになっているWindows 10のスナップショットファイルは,辛くもバックアップがあったのでなんとかなりました。ご存知のとおり,Windows環境の再構築には多大な時間がかかるため,大変助かりました。バックアップは大事です。

図1は,読み出せないセクタがあるにもかかわらず正常だと主張するS.M.A.R.T.の結果です。「S.M.A.R.T.の結果として」は正しいですが,S.M.A.R.T.の結果とHDDの故障はユーザーの感覚として必ずしも一致しないことの参考になるのではないかと思います。

図1 どう見ても故障なのに正常と主張するS.M.A.R.T.の結果

画像

Systembackの概要とインストール

Systembackは,第399回で取り上げたTimeShiftよりも高機能でカスタマイズできるところが多いため,便利な場面も多いでしょう。特筆すべき機能としては,ライブイメージの作成があります。ここではスナップショットの作成,ライブイメージの作成,リストアの3つにしぼって紹介します。

SystembackもTimeShiftと同じくUbuntuのリポジトリではなくPPAからインストールします。次のコマンドを実行してください。

$ sudo add-apt-repository ppa:ppa:nemh/systemback
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install systemback

なお,執筆時点ではUbuntu 14.04,15.04,15.10,16.04のパッケージが用意されています。

インストールするとメニューに登録されるため,そこから起動してください。UbuntuだとDashからです。端末からは起動しないほうがいいでしょう。理由は後述します。

起動と初回スナップショット作成

Systembackを起動すると,ユーザー名とパスワードを入力するダイアログが表示されるのですが,今までに見たことがないデザインです図2)。権限を取得するアプリケーションも自前で用意しているということなのですが,なかなかに驚きです。

図2 Systembackの認証ダイアログ

画像

正しくパスワードを入力するとパスワードの右横に緑のチェックが入り,そこで[OK]をクリックすると起動します。マウスカーソルを右上に移動すると,最小化ボタンと終了ボタンがポップアップします図3)。このようなことまで独自で行っているのですからさらに驚きです。ちなみにマウスカーソルを左上に移動するとウィンドウのDPIを変更することができます。HiDPI環境に優しいです。

図3 メインウィンドウとポップアップした最小化/閉じるボタン

画像

いよいよ最初のスナップショット作成(バックアップ)を行います。まずは[Storage directory]にスナップショットの保存フォルダを指定します。右横の[...]をクリックするとパスを指定するダイアログが表示されます。今回はボリュームラベルを[backup]にした外付けHDDを用意したと仮定します図4図5)。

図4 保存フォルダを指定するウィンドウ

画像

図5 Storage directoryを指定した

画像

続いてほぼ中央にある[Point operations][Create new]をクリックします。これでスナップショットを作成します。スナップショットの作成が終わると,[Restore points]の下に作成した日付を元にしたラベルが表示されます図6)。

画像

図6 初回のスナップショット作成が完了した

左側のラジオボタンは,スナップショットをいくつまで保存するかを指定しています。例えば上から4番目にラジオボタンがある場合は,スナップショットは4つまで保存されます。次にスナップショットを作成した際は,赤くハイライトされたスナップショットが削除されることになります。

どうしても保存しておきたいスナップショットがある場合は,ラベルの右側にあるチェックボックスにチェックを入れ,[Point operations]にある[Hilight]をクリックします。すると[Hilighted restore points]に移動します。これでそのスナップショットはローテーションから外れ,自動的に削除される対象ではなくなります参考)。

除外または包含するフォルダやファイルの指定

[Function menu]の一番下には[Exclude]があり,右矢印をクリックして次のページに遷移した一番上に[Include]があります。これは,スナップショットに除外あるいは包含するファイルやフォルダを指定できます。

図7は除外するファイルやフォルダで,[Exclude hidden user files and directories from restore points]にチェックが入っています。非常にわかりにくいのですが,これはExclude(除外)からExcludeするという意味で,すなわち左側のリストに入っているファイルやフォルダはスナップショットに含まれています。

図8はまだわかりやすく,左側にあるファイルやフォルダーはスナップショットには含まれておらず,もし包含したい場合は該当のファイルやフォルダを選択して右矢印をクリックしてください。

図7 除外するファイルやフォルダ

画像

図8 包含するファイルやフォルダ

画像

というわけで,デフォルトでスナップショットに含まれるファイルやフォルダはTimeShiftと同様です。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

  • リポジトリーについて

    sudo add-apt-repository ppa:ppa:nemh/systemback

    sudo add-apt-repository ppa:nemh/systemback

    Commented : #1  ともちゃん (2015/12/16, 20:38)

コメントの記入