Ubuntu Weekly Recipe

第415回 Ubuntuを実機にインストールする際に注意すべきこと

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Ubuntu 16.04 LTSのリリースが近づいてきました。先日Beta2兼Final Betaがリリースされ,実機にインストールする準備も整いつつあります※1)。

※1
インストーラーは結構バグっていますが……。

そこで今回は,実機にUbuntuをインストールする際の予備知識をあらためてまとめました。

インストールイメージをUSBメモリにコピーする方法

Ubuntu編

Ubuntuには「ブータブルUSBの作成」というアプリケーションがあらかじめインストールされています図1)。しかし,14.04の「ブータブルUSBの作成」で15.10/16.04のインストールイメージをコピーすると,起動しないというバグがあります。

図1 15.10の「ブータブルUSBの作成」

画像

 

ではどうすればいいのかというと,第366回で紹介した「ディスク」(gnome-disks)を使用します。

「ディスク」を起動し,コピーするUSBメモリを選択します。上部にある三本線のアイコンをクリックして,表示されるメニューから[ディスクイメージをリストア]をクリックします図2)。[リストアするイメージ]でダウンロードしたインストールイメージを選択し,[リストアを開始]をクリックします図3)。その後,[本当にディスクイメージをデバイスに書き込みますか?]という確認画面が表示されるので,既存のデータがクリアされても問題ないことを確認して[リストア]をクリックしてください。パスワードを入力し,しばらく待つとリストアが完了します。

図2 「ディスク」[ディスクイメージをリストア]をクリックする

画像

 

図3 [ディスクイメージをリストア]でインストールイメージを選択する

画像

 

15.10の「ブータブルUSBの作成」にはこのようなバグはないため,16.04のインストールイメージも作成できます。

なお,16.04の「ブータブルUSBの作成」は完全に書き直され,データの保存領域を作成する機能がなくなりました図4)。

図4 16.04の「ブータブルUSBの作成」

画像

 

Windows編

WindowsでインストールイメージをUSBメモリにコピーしたい場合は,Universal USB Installer(UUI)」が便利です。実行ファイルをダウンロードし,そのまま実行するだけでよく,インストーラはありません。起動するとまずはライセンスを確認されるので図5),[I Agree]をクリックします。続いてセットアップを行いますが図6),[Step 1][Ubuntu]を選択します。[Step 2]でコピーするインストールイメージを選択するのですが,ファイル名がubuntu*desktop*isoである必要があります。デイリービルドのインストールイメージはこの命名法則に従っていないため,必要な場合は事前に名前を変更しておきます。[Step 3]ではコピーするUSBメモリを選択します。ついでにフォーマットするのがいいでしょう。[Step 4]ではデータの保存領域を作成するか否かを確認されますが,必要であれば作成してください。これらの設定を行ったあとに[Create]をクリックするとコピーを開始します。

図5 「UUI」のライセンス確認画面

画像

 

図6 「UUI」のセットアップ

画像

 

フォーマットの違い

インストールイメージをコピーするという点では上記の各アプリケーションで同じ役割を果たすわけですが,15.10版「ブータブルUSBの作成」「UUI」はUSBメモリをFAT32でフォーマットし,そこにファイルやフォルダーをコピーします。一方,「ディスク」と16.04版「ブータブルUSBの作成」ではISOイメージのままコピーします。すなわちフォーマットはISO9660です。ということはUSBメモリにファイルをコピーしたり,また削除したりすることができませんので,その点はご注意ください。

BIOS/UEFI設定

Ubuntuのインストールの前には,必ずBIOS/UEFIの設定を確認しましょう。先ほど用意したUSBメモリなど,起動するドライブを挿入し,PCの電源を入れてBIOS/UEFIの設定画面を表示します。多くの場合は電源投入直後にF2キーかDeleteキーを押すと設定画面に入れますが,Fast Bootが有効になっている場合はこの限りではありません。どうすればいいかはマニュアル等をよく確認してください。

設定画面に入ると,まずは起動の順番を確認します図7)。もちろん起動するUSBメモリが最初になっている必要があります。もしFast Bootが有効になっている場合は無効にしてください。Secure Bootは有効のままでも問題なくインストールできます図8)。

以下のスクリーンショットはASRockのマザーボードの例です。デザインはメーカーによってまちまちですので,マニュアル等をよくご確認ください。

図7 ブートの順番と,Fast Bootが無効になっていることを確認する

画像

 

図8 Secure Bootは有効のままでも問題ない

画像

 

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入