Ubuntu Weekly Recipe

第430回 OpenNebula 5.0とアップグレードの流れ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

クラウド構築・管理ツールのOpenNebulaを開発しているOpenNebula.orgが,2016年6月15日にメジャーバージョンアップとなるOpenNebula 5.0 'Wizard'をリリースしました。続く6月27日にはメンテナンスリリースの5.0.1がリリースされ,細かなバグ修正と機能改善が行われています。ソースはGitHubで公開されており,OpenNebula.orgの公式リポジトリではCentOS 7(RHEL 7)向け,Debian 8向け,そしてUbuntu 14.04 LTSおよび16.04 LTS向けに,OpenNebula 5.0.1のバイナリパッケージが公開されています。

図1 OpenNebula 5.0のWebインタフェースSunstone

画像

Ubuntu Weekly Recipeでは過去に第345回346回で2回に分けてOpenNebulaを取り上げました。当時のバージョンは4.8で,バージョン5.0とは一部に差異がありますが,OpenNebulaとはなんぞやという場合はこちらを読んでいただければ雰囲気がつかめるのではないかと思います注1)⁠

今回のRecipeでは,OpenNebula 5.0について簡単に紹介した後,Ubuntuで構築した旧バージョンのOpenNebula環境を5.0にアップグレードしてみます。OpenNebulaは運用にかかるコストについても比較的よく考慮されており,新バージョンへのアップグレードが比較的容易に行える作りになっています。実運用中の本番環境であっても新しいバージョンに追従したい,という要望にも応えてくれるでしょう。

注1
クリーンインストールの手順は4系列と若干変わっています。OpenNebula.orgのDeployment Guide以下にまとまっていますので,インストールの際はそちらを参照してください。

OpenNebula 5.0の(ごく簡単な)紹介

OpenNebula 5.0では基本的な構成は継承しつつ,大小さまざまな修正が加えられました。Ubuntu Weekly Recipe的には,今バージョンでUbuntu 16.04 LTS向けの対応が進み,最新のOpenNebulaをUbuntu 16.04 LTSに手軽にインストールできるようになった点も見逃せません。リリースノートに主要な新機能や変更がまとまっていますので,いくつか抜粋してみます。

MarketPlaceの改良

仮想マシンイメージの外部Webサイトからのインポート機能を担ってきたMarketPlaceが改良され,データストア的な扱いとなりました。従来の参照先のOpenNebula AppMarketサイトは「OpenNebula Public」としてデフォルトで登録されており,加えてAmazon S3やローカルに構築したHTTPサーバーを参照先に登録することも可能になっています。OpenNebulaのWebインタフェースSunstone上では,4系列でのMarketPlaceの機能は「Storage」の項目下に移動し,参照先のサイトを設定する「MarketPlace」と,イメージのインポート等を行う「Apps」に分かれています図2)⁠

図2 イメージのインポートはStorageのAppsから

画像

仮想ルータのネイティブサポート

仮想マシンによるルータアプライアンスを用いてバーチャルネットワーク間のルーティングを提供する機能が実装されました。

Sunstoneのラベルによるリソースグルーピング

Sunstone上の各種リソースにラベルを付け,グルーピングして表示できるようになりました。例えば稼働中の仮想マシンを,OSの種類や用途ごとにラベリングして抽出する,ということが可能になっています図3図4)⁠

図3 稼働中の仮想マシン一覧

画像

図4 ラベル"aohina"を付けた仮想マシンのみ表示

画像

仮想マシンライフサイクルのステート名の変更

仮想マシンライフサイクルのステート名が一部変更されています。これに伴い,CLIにて仮想マシンインスタンスを削除する際のコマンド名が,onevm shutdownからonevm terminateに変更になりました図5)⁠4系列までのonevm shutdownというコマンド名は混乱を生じやすく,仮想マシンを一時的に停止するonevm poweroffコマンドと誤ってonevm shutdownを実行し,まだ使うつもりだった仮想マシンインスタンスが削除されてしまうという悲しい事故をよく目にしました。5.0でより実態に即した名称に変わったようです。

図5 onevm terminateコマンドで仮想マシンインスタンスを削除

画像

ネットワークドライバの定義箇所の変更

ネットワークドライバの定義箇所が変更されています。4系列まではホストごとに使用するネットワークドライバを定義していました。5.0からは定義箇所がバーチャルネットワークごとに変更され,より柔軟なネットワーク構成が取れるようになっています。

その他,ハイパーバイザに関してはVMware vCenterへの対応強化の他,長らく標準で提供されてきたXenドライバがadd-on扱いとなり,標準ではインストールされなくなっています。

新機能や変更内容の全体像はリリースノートを参照してください。リリースノートを含むドキュメントページの構成も,5.0リリースにあわせて整理されています。

著者プロフィール

大田晃彦(おおたあきひこ)

UbuntuとGentooでアニメを録画したり積んだりしながら暮らしています。全体的に浅いです。

コメント

コメントの記入