Ubuntu Weekly Recipe

第431回 Debian 0.91をインストールしよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

今回は1994年の1月にリリースされたばかりの「Debian 0.91」をインストールしてみましょう。とはいえ実機にインストールとなると,いろいろと過去の遺物を発掘しなければなりませんので,本記事では仮想マシン(QEMU)を使用します。

なぜ今,Debian 0.91なのか?

先日発売された『Software Design 2016年8月号』紙版電子版の第2特集では,⁠YumとAPTのしくみと活用」と題してパッケージングシステムの歴史や,基本的な使い方について紹介しています。

Linuxディストリビューションの歴史は,パッケージングシステムの歴史でもあります。そこで今インストールできる中でもっとも古い部類に入るであろうDebian 0.91を使うことで,パッケージングシステムの黎明期を体験してもらおうというのが今回のRecipeの趣旨です。さらにあわよくば,Recipeの読者に今月発売の『Software Design』を購入してもらおうという隠された目論見もあります。いわゆるダイレクトマーケティングです。

さてDebianの公式サイトからたどれる,もっとも古いリリースは「Debian 0.93R6」です。Debian小史によると1995年の10月にリリースされた0.93R6は,Debianとしては最初の公式リリースであり,TeXやX Window Systemをはじめとして数百個のパッケージが提供されていました。ちなみに,このころの実行ファイル形式は「a.outフォーマット」です。パッケージ管理システムとしてのaptはまだ存在せず,dpkgとdselectコマンドを使ってパッケージをインストールしていました。

Debian小史にもあるように,0.93R6より前にいくつかのベータリリースが行われています。インターネット上で簡単に手に入るアーカイブのうち,おそらくもっとも古いであろうリリースが今回紹介する「0.91」です。1994年の1月にリリースされたインストールイメージは,フロッピーディスク3枚からなる構成で,一通りのベースシステムとシェルスクリプト版の「dpkg」コマンドが含まれていました。つまり0.91でも,パッケージのインストールや削除ができるというわけです。

Debian 0.91のインストール方法

Debian 0.91はもう公式サイトでは配布していませんが,OldLinuxHistoric Linux Distributionsなどにはイメージがアーカイブされています。今回はOldLinuxのDebian 0.91を使うことにしましょう。

次の手順でインストールします。

  1. QEMUをインストールする
  2. HDD用のQEMUイメージを作成する
  3. Debian 0.91をダウンロードする
  4. フロッピーディスクイメージを作成する
  5. フロッピーディスクイメージから起動する

ちなみにQEMUでエミュレーションしますので,フロッピーディスクドライブを用意する必要はありません※1)⁠最低限必要なものは,i386をエミュレートできるCPUと数十MB程度のディスク容量です。

※1
フロッピーディスクを見たことがなくても大丈夫です。⁠フロッピーディスクってそもそも何?」という状態でもインストールできますので安心してください。フロッピーディスクの詳細は近くのお父さん・お母さんにそれとなくたずねてみましょう。

QEMUのインストールからインストーラーの準備まで

まずはQEMUをインストールし,起動用ディスクイメージとインストール先のHDDイメージを作成します。

$ sudo apt install qemu qemu-kvm
$ qemu-img create fd0.raw 1228800
$ qemu-img create -f qcow2 hda.qcow2 200M

ディスクは最低でも10MiB程度あれば十分です。ここでは200MiBにしています。ちなみに,504MiBを超える「大容量の」ディスクイメージを作ってしまうと「CHSの504MiBの壁によりカーネルが認識してくれなくなりますので,ご注意ください。

次にOldLinuxからインストールイメージをダウンロードします。

$ wget http://www.oldlinux.org/Linux.old/distributions/debian/debian-0.91.tar
$ tar xvf debian-0.91.tar
$ cp debian/debian-0.91/dist/base/*.gz .
$ gunzip *.gz
$ ls
basedsk1  basedsk2  bootdisk  debian  debian-0.91.tar  fd0.raw  hda.qcow2

bootdiskがインストーラーです。basedsk1やbasedsk2はベースシステムそのものがパッケージとなっています。いずれもフロッピーディスク用のイメージなのでサイズは1.22MBです。

インストーラーの実行

インストールに必要なものはすべて用意できたので,さっそくエミュレーターを起動し,インストーラーを動かします。

$ qemu-system-i386 -enable-kvm -m 32M \
    -drive file=bootdisk,index=0,if=floppy,format=raw -hda hda.qcow2 -boot a

「-enable-kvm」でKVMオプションを有効化しています。CPUの仮想化支援機構が使えない環境ではこのオプションを省いてください。メモリは32MiBにしていますが,実際のところ4MiB程度あれば動くようです。⁠-drive」オプションではフロッピーディスクイメージを指定し,⁠-hda」オプションでインストール先のHDDイメージを指定しています。⁠-boot」オプションはブートデバイスで,この場合は最初のフロッピーデバイスです。

図1 ⁠Welcome to Debian Linux!」

画像

ブートローダーであるLILOが起動し,ブートオプションを入力する画面になります。今回は特にオプションは不要なので,そのままエンターキーを押してください。

図2 インストーラーの起動

画像

それほど時間がかからずにDebian 0.91 BETAが起動するはずです。ここでは基本的なコマンドを使用できます。インストーラーを起動したい場合は,dinstallコマンドを実行してください。

# dinstall

図3 メニュー形式のインストーラー

画像

当時のDebianインストーラーは,CUIベースで一つ一つ質問に答えてインストールしていく仕組みです。ただ,そこまで難しいことはしていません。

1. Run fdisk to partition your hard disk(s)
パーティションの設定を行います。といってもfdiskが起動するだけなので,どう設定するかはユーザー任せです。
2. Initialize and activate your swap partition(s)
スワップパーティションのデバイス名を指定します。
3. Format your Linux native partition(s) with mke2fs
ルートファイルシステムをインストールするパーティションのデバイス名を指定します。
4. View partition table
設定したパーティション情報を表示します。
5. Install the Debian Linux base syste
Debianをインストールします。
6. Reboot your system
再起動します。
7. Return to the shell
インストーラーを起動する前のシェルに戻ります。

ディスクが空の状態なので,まずは1を入力してfdiskで設定しましょう。デバイス名をたずねられるので「/dev/hda」と回答してください。

図4 ただfdiskが起動するだけ

画像

fdiskが起動します。それだけです。説明も何もないので,あとはユーザーが適切に設定する必要があります。今回は以下のように,ルートパーティションとスワップパーティションをひとつずつ作成することにしましょう。

(ルートファイルシステム用のシステムパーティション作成)
Command (m for help): n
Command action
   e   extended
   p   primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 1
First cylinder (1-406): 2
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (344-406): +168M
(シリンダ番号の先頭は偶数である必要があります)

(スワップ用のパーティション作成)
Command (m for help): n
Command action
   e   extended
   p   primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 2
First cylinder (1-406): 344
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (344-406): 406
(344はルートファイルシステムの後ろのシリンダ番号です。"p"コマンドで確認してください)

(スワップパーティションのシステムIDをスワップに変更します)
Command (m for help): t
Partition number (1-4): 2
Hex code (type L to list codes): 82

(設定後のパーティションテーブルを表示します)
Command (m for help): p

Disk /dev/hda: 16 heads, 63 sectors, 406 cylinders
Units = cylinders of 1008 * 512 bytes

   Device Boot  Begin   Start     End  Blocks   Id  System
/dev/hda1           2       2     343  172368   83  Linux native
/dev/hda2         344     344     406   31752   82  Linux swap

(パーティションテーブルを実際に書き込み,fdiskを終了します)
Command (m for help): w

最後に再起動するかどうか問われるのでyと答えてください。再びブートローダーからシステムを起動し,dinstallを実行します。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入