Ubuntu Weekly Recipe

第434回 LibreOffice 5.2をインストールする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回は,ただLibreOffice 5.2をインストールするだけの記事です。

インストール方法が増えたLibreOffice 5.2

Ubuntuとそのフレーバーの多くは11.04からLibreOfficeをプリインストールしています図1)⁠LibreOfficeのサポート期間は当然のことながらUbuntuと同じで,12.04 LTSの3.5.7という今となってはとても古いバージョンもメンテナンスされ,Ubuntu Weekly Topics 2016年8月12日号にもあるとおり先日セキュリティの修正が行われました。長期間に渡って同じバージョンを使い続けたい場合は,デフォルトのままで使用するのがベストです。本記事では「Ubuntu版」と称します。

図1 筆者が仮想マシン上で動態保存しているUbuntu 11.04のLibreOffice 3.3.4

画像

さすがに12.04 LTS向けにはないものの,新し目のリリース版※1ではPPAでのパッケージ提供が行われています。このPPAのサポート期間はあくまでアップストリームに従うものであり,LTSにインストールする場合は常にLibreOfficeをアップデートしていくことになります。本記事では「PPA版」と称します。

※1
本記事が掲載された時期は,15.10のサポートが切れて3つのLTSのみが継続中という,2年に1度3ヶ月しかないちょっと珍しいタイミングです。

LibreOffice,組織的にはThe Document Foundation(以下TDF)はオフィシャルビルドを用意しています。もちろんUbuntuでも動作しますし,Ubuntu版とも同居できるため,ちょっと新しいバージョンを使ってみたいという場合には便利です。ただしサポート期間は原則として11ヶ月であり,長期間使いたい場合は商用版を購入する必要があります。いちおう建前ではそうなっていますが,UbuntuではUbuntu版を使うのがベストでしょう。本記事では「オフィシャル版」と称します。

ここまでは今までと同じですが,16.04 LTSのリリース以降Canonicalはsnapパッケージに力を入れています。snapパッケージは既存のパッケージには一切触らず,セキュアでロールバックも簡単にできると,あらゆる意味で安全に使用できるようになっています。今回CanonicalがTDFのアドバイザリーボードに加入和訳したこともあってか,snap版LibreOfficeも配布されています。本記事では「snap版」と称します。

また,Flatpakという別の新しいパッケージングシステムもあります。特徴としてはsnapパッケージとよく似ていますが,実装は全く異なります。ここで取り上げたということは,もちろんUbuntuでも動作するということです。本記事では「Flatpak版」と称します。

snapパッケージは何にでも使えることを意図していますが,Flatpakは原則としてはデスクトップアプリケーション用なので,完全に対立するものではありません。

ほかにはソースコードから自力でビルドしてインストールする方法もありますが,今回は取り上げません。

というわけで,長くなりましたが,PPA版,オフィシャル版,snap版,Flatpak版の4つの方法でのインストール方法を解説します。

LibreOffice FreshとStill

オフィシャル版LibreOfficeは同時に2バージョンがメンテナンスされています。新しい方が"Fresh"(最新版)⁠古いほうが"Still"(安定版)です。現在は"Fresh"は5.2系列で,"Still"は5.1系列です。5.2がリリースされる前は5.1系列が"Fresh",5.0系列が"Still"でした※2)⁠

※2
ただし5.0系列は5月末でサポートが終了しており,5.2リリースまで空白期間が存在します。

"Fresh"はリリースされたばかりでサポート期間も長く,新機能もいろいろありますが未修正の不具合が多く,"Still"は残りのサポート期間はあまり長くないものの不具合の修正が進み,いわゆる「枯れた」状態にあるといえます。

これはLibreOffice独自であまり馴染みがないため,ここで紹介しました。

PPA版のインストール

まずはPPA版からインストールを行います。より正確には,Ubuntu版をアップデートします。たった3つのコマンドを実行するだけです。

$ sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/libreoffice-5-2
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

⁠LibreOffice Packaging” teamのページを見ると,いろいろなリポジトリがあります。"LibreOffice Fresh"というのもあるので,バージョン固定ではなく常に新しいバージョンを使用したい場合は,こちらを使用するといいかもしれません※3)⁠

※3
とはいえ,自分で使用するバージョンをコントロールできないことになるので,積極的におすすめはしません。

前述のとおりPPAからのインストールはUbuntu版に上書きすることになるので,起動方法はUbuntu版と同じです。

図2 ⁠このリリースはThe Document Foundation, Debian and Ubuntu が提供しました」となっており,これはUbuntu版あるいはPPA版である証拠である

画像

PPAに関して詳細は第314回第419回も参考になります。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入