Ubuntu Weekly Recipe

第450回 Raspberry Pi 3にUbuntu 16.04 LTSをインストールする(Ubuntuカーネル編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はRaspberry Pi 3のOSとしてUbuntuをインストールし,GNOME Flashbackを使用する方法を紹介します。

Raspberry Pi 3とUbuntu

Raspberry Pi 3でXubuntu 16.04を動作させる方法は第421回で紹介しました。今回は,その回で説明したARM/RaspberryPiのインストール方法を紹介します※1)⁠

※1
第421回で指摘したカーネルパニックは,その後の調査で勘違いであることがわかりました。すみません。

とはいえ,実のところ第376回をアップデートした記事となります。

インストール ステージ1

何はなくともインストールイメージをARM/RaspberryPiからダウンロードします。Raspberry Pi 3用のイメージをダウンロードしてください。

microSDカードを用意し,母艦のUbuntuで認識させます。今回は例としてダウンロードフォルダーから/dev/sdfとして認識しているmicroSDカードにイメージを転送します。次のコマンドを実行してください。

$ xzcat ubuntu-16.04-preinstalled-server-armhf+rasPi 3.img.xz | sudo dd of=/dev/sdf

完了後,Raspberry Pi 3にmicroSDカードを接続し,電源ケーブルであるMicroUSBケーブルを接続してください。

インストール ステージ2

Raspberry Pi 3から起動するとコンソールログインになります。初期ユーザー名/パスワードはともに"ubuntu"です(引用符は不要)⁠なお,認証後に強制的にパスワードを変更するようになっていますので,初期パスワード(1回)と新しいパスワード(2回)を入力してください。

まずは最初にapt updateを実行します。

$ sudo apt update

続いて最低限必要なパッケージをインストールします。avahi-daemonは必須として,vimユーザーはvimを,Emacsユーザーはemacsをインストールするといいでしょう。vimユーザーと仮定すると,コマンドでは次を実行します。

$ sudo apt install avahi-daemon vim

以後はRaspberry Pi 3で実行してもいいですし,母艦であるUbuntuからsshでログインし実行してもいいですが,今回は後者と仮定します。

avahi-daemonパッケージがインストールされており,Ubuntu PCとRaspberry Pi 3の両方でAvahiデーモンが動作している場合は,次のコマンドでログインできます。

$ ssh ubuntu@ubuntu.local

ssh接続するメリットのうちの一つが,コピー&ペーストが簡単に行えることですが,次で早速役に立ちます。

パッケージのダウンロード元がマスターサーバーになっているため,とても遅いです。そこで,/etc/apt/sources.listを次のように書き換えてください。

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ xenial main restricted universe multiverse
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial main restricted universe multiverse
    
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ xenial-security main restricted universe multiverse
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial-security main restricted universe multiverse
    
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ xenial-updates restricted main multiverse universe
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial-updates restricted main multiverse universe
    
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ xenial-backports restricted main multiverse universe
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial-backports restricted main multiverse universe

書き換えが終わったら保存します。

続いてPPAを追加します。

$ sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-raspi2/ppa

リポジトリを更新し,パッケージをアップデートします。次のコマンドを実行してください。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

最初のコマンドでエラーが出た場合は,sources.listのコピー&ペーストにミスがあった可能性があるので,確認してください。

続いてロケールやタイムゾーンの設定です。次のコマンドを実行してください。

$ sudo locale-gen ja_JP.UTF-8
$ echo "LANG=ja_JP.UTF-8" | sudo tee /etc/default/locale
$ sudo dpkg-reconfigure -f noninteractive locales
$ echo "Asia/Tokyo" | sudo tee /etc/timezone
$ sudo dpkg-reconfigure -f noninteractive tzdata

sudo: unable to resolve host ubuntuなど名前解決ができない旨のメッセージが表示される場合は,/etc/hostsを確認してください。2行目に127.0.0.1 ubuntuがあるか確認し,ない場合は追加してください。

日本語キーボードを使用している場合は,/etc/default/keyboardのXKBLAYOUT="us"XKBLAYOUT="jp"に変更し,次のコマンドを実行してください。

$ sudo dpkg-reconfigure -f noninteractive keyboard-configuration

いったんここで再起動します。

いよいよ大量のパッケージをインストールします。次のコマンドを実行してください。

$ sudo apt install ubuntu-desktop gnome-session-flashback xserver-xorg-video-fbturbo dphys-swapfile

インストールには時間がかかるので,しばしお待ちください。ちなみに筆者の環境では136分かかりました。遅いmicroSDカードだったようです。

続いて設定変更を行います。まずは/etc/X11/xorg.confを以下のように変更してください。このファイルはデフォルトでは存在しないので,作成してください。

Section "Device"
    Identifier "Raspberry Pi FBDEV"
    Driver "fbturbo"
    Option "fbdev" "/dev/fb0"
    Option "SwapbuffersWait" "true"
EndSection

ネットワークの設定をNetwork Managerで管理する場合は,/etc/network/interfacesの最下行を次のように変更し,コメントアウトしてください。

# Source interfaces
# Please check /etc/network/interfaces.d before changing this file
# as interfaces may have been defined in /etc/network/interfaces.d
# See LP: #1262951
# source /etc/network/interfaces.d/*.cfg

ここまで設定が完了したら再起動してください。いよいよGUIでログインします。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

  • 再起動後SDカードから起動しなくなります

    上記、
    「いったんここで再起動します。」
    とあるところでshutdown し、電源off/onしますと、
    u-bootでSDカードを読みに行かず起動できない様子です。

    なにか間違えやすい点などありますでしょうか。
    よろしくお願いします。

    *誤って451回にもコメントしています。

    Commented : #1  匿名 (2017/02/14, 23:05)

コメントの記入