Ubuntu Weekly Recipe

第421回 Raspberry Pi3とXubuntu 16.04 LTS

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はRaspberry Pi3で簡単にXubuntu 16.04 LTSを使用する方法を紹介します。

Raspbperry Pi3

Raspberry Pi3は2月29日に発表され,即日販売が開始されました。主な変更点はSoCが新しくなったこと,WifiとBluetoothに対応したこと,消費電力が上がったことですが,特にWifiに対応したのはデスクトップっぽく使用したい場合には嬉しいです。しかし,その関係で国内販売するためには技適を通過する必要があり,開始に時間がかかってしまいました。

その後,販売されましたが当然のことながら品薄で,手に入る頃にはUbuntu 16.04 LTSのリリース間近でした。

というわけで,今回はRaspberry Pi3でUbuntu 16.04 LTSを使用したいところですが,Ubuntuそのものではなくフレーバーを使用します。Ubuntu MATEとXubuntuとLubuntuがありますが,筆者の個人的な趣味でXubuntuを選択しました。

なお,Ubuntuの動作は不可能ではなく,以前実際に動作させたことがあります図1)⁠しかし,生半可な遅さではなく,そんな中少し使用しただけですぐにフリーズしていまい,全く実用的ではありませんでした。

図1 Raspberry Pi3でUbuntu 16.04 LTSの開発版が動作しているレアな画像

画像

ちなみに筆者はRaspberry Pi3実機のほか,ケースとACアダプターも購入しています図2)⁠

図2 筆者の購入物。現在はRaspberry Pi3の箱のデザインが変わっているようだ

画像

Raspberry Piで動作するUbuntu

まずはまとめとして,現在Raspberry Piシリーズで動作を謳っているUbuntuを紹介します。

Snappy Ubuntu Core

Snappy Ubuntu CoreのRaspberry Pi対応版です。Raspberry Pi3でも動作するという情報はあるものの,今回は対象としないことにしました。

ARM/RaspberryPi

こちらは通常のUbuntu Serverベースで,Raspberry Pi2と3に対応したイメージが配布されています。今回後者を試してみましたが,残念ながらカーネルパニックで起動しませんでした。原因を追求する時間がなかったので,今回は対象としないことにしました。
追記:上記カーネルパニックは勘違いであることがわかりました。第450回も参照してください(2016年12月14日)

Ubuntu Pi Flavour Maker

Ubuntu Pi Flavour Makerという,カーネルはRaspbian,ユーザーランドはUbuntuの起動イメージを作成するスクリプトがあります。それで構築されたUbuntu,特にフレーバーのイメージが各種配布されています。

今回はこのUbuntu Pi Flavour Makerで作成されたXubuntu 16.04 LTSをRaspberry Pi3で使用することにします。

イメージのダウンロード

イメージのダウンロードはDownloadから行いますが,イメージそのものではなくBittorrentファイルのみがダウンロードできます。すなわち,イメージ自体はBittorrentで入手する必要があります。

UbuntuとほとんどのフレーバーにはBittorrentクライアントであるTransmissionがインストールされているので,これを使用してイメージをダウンロードします図3)⁠

図3 ウンロードしたtorrentファイルをクリックすると,Transmissionが起動する

画像

イメージのインストール

4GB以上のmicroSDカードを用意し,母艦となるUbuntuないしそのフレーバーで認識させ,イメージをコピーします。一番簡単な方法は[ディスク]を使用することです。ダウンロードしたファイルを右クリックすると[ディスクイメージライターで開く]があるので,これをクリックし,転送先のmicroSDカードを指定するだけです図4)⁠

図4 転送先のmicroSDカードを指定する。なお今回はmicroSDカードをUSB接続のメモリカードリーダーに接続しているため,USBデバイスとして見えている

画像

領域拡張

4GBのmicroSDカードを使用している場合には不要ですが,8GB以上のmicroSDカードを使用している場合は,領域を拡張しないとすべての領域を使い切ることができません。これはGPartedを使用すると簡単にできます。該当のmicroSDカードを表示し,拡張するパーティションを右クリックして[リサイズ]をクリックします。続いてパーティションを最大まで拡張し,⁠リサイズ/移動]をクリックします。あとはツールバーのチェックをクリックして実行するだけです。

図5 拡張する領域を右クリックし,⁠リサイズ/移動]をクリックする

画像

図6 この状態になったらツールバーの緑のチェックをクリックする

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入