Ubuntu Weekly Recipe

第455回 知っておくべきLibreOfficeの便利な機能 Writer編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はLibreOffice Writerの便利な機能をざっくばらんに紹介します。

LibreOffice WriterとApache OpenOffice Writer

第448回に続き,LibreOffice Writerの便利な機能,もっといってしまえばApache OpenOfficeにはない機能を紹介していきます。もちろんたくさんあるため,ここで紹介できるのはごく一部だけです。

まずは次のスクリーンショットをご覧ください。図1がLibreOffice Writer,図2がApache OpenOffice Writerです。バージョンはそれぞれ5.2.4,4.1.3で,原稿執筆時点で最新版です。表示しているのはもちろん同一のドキュメントです。

図1 LibreOffice Writerのスクリーンショット

画像

図2 Apache OpenOffice Writerのスクリーンショット

画像

こうして見ると違いがわかりやすいですが,いくつかポイントを列挙します。

  • 図1はアイコンがフラットデザインで,やや大きい。図2はアイコンが古めかしく,小さい
  • 図1のツールバーはアイコンが多く,右端まで使用している。
  • 図1はフォントがくっきりしていて見やすい
  • 図1図2より表示面積が大きい(脚注の下のスペースで判断)
  • 図1のサイドバーは図2のそれより機能が多い
  • 図1の左下には文字数が表示されている
  • 図2にはページの罫線があるが,図1にはそれがない
  • 図1はスペルチェックが実行されている

その他にもありますが※1)⁠もうこれだけでわかりやすさが段違いであり,LibreOffice Writerを使用するべき証左になっているといえます。

※1
図2のサイドバーの単位がインチになっている理由は不明です。

ヘッダーとフッター

Apache OpenOffice Writerでは,⁠書式][ページ]を開き,⁠ヘッダー]または[フッター]タブを開き,⁠ヘッダーを付ける]あるいは[フッターを付ける]にチェックを入れてヘッダーあるいはフッターを追加しますが,LibreOffice Writerではページの上部あるいは下部をクリックするとメニューが表示され図3)⁠⁠+]をクリックするとヘッダーあるいはフッターを追加できます。もちろんApache OpenOffice Writerと同じ方法にも対応しています。追加後,同じメニューをクリックすると削除や設定の変更ができます図4)⁠

図3 フッターを追加する場合は,このメニューの[+]をクリックする

画像

図4 フッターの削除や設定の変更ができる

画像

最初のページだけ違う内容のヘッダーあるいはフッターにするのも,簡単にできます図5)⁠

図5 ⁠最初のページと同じ内容]のチェックはApache OpenOffice Writerにはない

画像

コメント

コメントを入力したいところを選択し,⁠挿入][コメント]でコメントを挿入できます。Apache OpenOffice Writerでは選択範囲に制限がありますが,LibreOffice Writerでは制限がなく,コメントの入れ子もできます。

コメントの書式の変更や図6)⁠表示非表示の切り替えも簡単にできます図7)⁠

コメントを印刷する際,⁠マージンに配置]を選択すると画面と同じように右側に印刷できます図8)⁠

すなわちコメント機能はApache OpenOffice Writerよりもフレキシブルに使用できます。

図6 LibreOffice Writerではコメントのスタイルを一括で変更できる

画像

図7 右余白の上の[コメント]をクリックすると,このようにコメントを非表示にできる

画像

図8 ⁠マージンに配置]でページの右側に印刷できるのをプレビューで確認できる

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入