Ubuntu Weekly Recipe

第448回 知っておくべきLibreOfficeの便利な機能 全般編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

本連載ではこれまでに,LibreOfficeの次の機能を紹介してきました。

  • 第436回:5.2でのImpressの変更点
  • 第438回:ExcelとCalcの関数比較
  • 第440回:Writerと日本語レイアウト
  • 第445回:Writerで構造化ドキュメントを執筆する方法

紹介したい機能はまだまだあります。今回は統一した括りで機能を紹介するのではなく,特につながりはないものの便利と考える機能をざっくばらんに紹介します。

対応するバージョンは3.3から5.2までです。Ubuntu 16.04 LTSに5.2をインストールする方法は第434回をご覧ください。

ハガキサイズの追加

LibreOfficeの前身であるOpenOffice.orgやApache OpenOfficeでは,よく使われるハガキサイズには対応していません。しかしLibreOfficeでは,3.6というかなり昔のバージョンから対応しています図1)。

図1 用紙サイズで「ハガキ」が選べる

画像

フォントを埋め込む

[ファイル][プロパティ][フォント][ドキュメントにフォントを埋め込む]でフォントの埋め込みができます図2)。Impress/Drawではもともとフォントのラスタライズができますが,CalcやWriterでは便利かもしれません。

とはいえPDFでは(PDF標準フォント以外の)フォントを埋め込むため,このほうが便利のような気はします。PDFビューワーはないもののLibreOfficeがインストールされているという環境では使えるかもしれません。

図2 フォントを埋め込むことができる

画像

リモートファイル

リモートファイルは,その名のとおりローカルにないファイルを読み書きするために使用します。SMB/CIFSやWebDAV,SSH,FTPといったよく使われる(ゆえにUbuntu,もっと言えばファイルマネージャレベルでも対応している)ものや※1),CMISContent Management Interoperability Servicesというドキュメントサーバーの規格,そしてGoogle DriveやMicrosoft OneDriveをサポートしています。

※1
Ubuntuやそのフレーバーにおいて,KubuntuだとKIOで,それ以外だとgvfsで抽象化し,リモートにあるファイルもローカルにあるかのように扱うことができるため,リモートファイルを使う必要はありません。

しかし,CMISは日本ではあまり使われていませんし,Google DriveはUbuntu版LibreOfficeだとなぜか使用できず(オフィシャル版だと使用できる),Microsoft OneDriveはソースコードレベルでの対応であり,今のところバイナリでは有効になっておらず,メニューにも表示されません。

リモートファイルを使用するためには,サービスの登録が必要です。[ファイル][リモートファイルを開く]をクリックし,ダイアログを表示します図3)。[種類]でサービスを選択し,[ユーザー名][パスワード]を入力し,OKをクリックします。ここで[パスワードを記録]にチェックを入れるとマスターパスワードの登録が必須になるので,完全にパスワードの入力をしなくてもいいということではありません。

図3 リモートファイルのダイアログ

画像

OpenGLのサポート

LibreOfficeでは表示にOpenGLを使用できます。これによって描画をCPUではなくGPUにさせることでCPU負荷を軽減する意図があると思われますが,そう書かれたドキュメントは残念ながら見つかりませんでした。そのため筆者の勘違いかもしれません。

OpenGLを使用して表示しているかどうかは[ツール][オプション][LibreOffice][表示]で確認できます。もし[現在GLは無効になっています]と表示された場合は,[すべてのレンダリングにOpenGLを使用する(要再起動)]にチェックを入れ,OKをクリックした後にLibreOfficeを再起動してください図4)。

図4 現在(Open)GLは有効になっている

画像

ただし,Ubuntu 16.10のLibreOfficeではこのオプションは表示されません図5)。これはバグではなく意図的なものです。

図5 Ubuntu 16.10では「すべてのレンダリングにOpenGLを使用する(要再起動)」が表示されない

画像

テンプレートマネージャー

テンプレートマネージャーは4.0で新しく登場し,5.2でリファインされています。[ファイル][新規作成][テンプレート]などで表示できます図6)。

図6 テンプレートマネージャー

画像

検索やフィルターで使用したいテンプレートを絞り込むのが主な機能ですが,テンプレートのインポートやエクスポートもできます。また既定のテンプレートも変更できます。リモートのテンプレートを登録することができないのは残念なところです。

なお5.3では,5.2まで[ファイル][ウィザード][プレゼンテーション]で起動するプレゼンテーションウィザードも削除され,テンプレートマネージャーに一本化されることになっています。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入