Ubuntu Weekly Recipe

第436回 LibreOffice 5.2 Impressはこんなに変わった

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,LibreOffice 5.2の変更点を,Impressを中心に紹介します。

5.2の変更点はImpress向け?

LibreOffice 5.2の変更点の詳細はSoftware Design 2016年9月号をご覧いただきたいのですが,Impress自体の使い方も若干変わりましたし,テンプレートマネージャーの変更点やテンプレートの扱いが特にImpressで便利になりました。

今回使用するLibreOffice

今回紹介するLibreOfficeは,第434回で取り上げたPPAからインストールしています。執筆段階で5.2.1.2になっており,特に問題なければ5.2.1としてリリースされるバージョンです。

テンプレートマネージャー

[ファイル][新規作成][テンプレート]から起動するテンプレートマネージャーのルック&フィールが変更されました図1)⁠5.1まではタブでの選択になっていましたが,5.2からはプルダウン式になったほか,検索欄も表示されるようになりました。

図1 新しくなったテンプレートマネージャーでImpressのテンプレートを表示(その1)

画像

テンプレート自体も最近のバージョンで追加されています。今まであまり気にしなかった方は,今一度確認してみてください図2)⁠

図2 新しくなったテンプレートマネージャーでImpressのテンプレートを表示(その2)

画像

ただ,ローカルにあるテンプレートしか表示できないのは相変わらずです※1)⁠ということは一括してテンプレートを登録するには拡張機能を使うと便利です。第279回で作成した拡張機能を改変し,筆者のGitHubリポジトリで公開しています。ビルド後,インストールすると[AOOテンプレート]というカテゴリが増えます図3)⁠

※1
5.2までは実験的な機能を有効にすればリモートにあるテンプレートも表示できますが,5.3からはその機能が削除されているので,使わないほうがいいでしょう。

図3 ⁠AOOテンプレート]というカテゴリが追加された

画像

拡張機能を使わなくても,選択したテンプレートファイルをインポートする機能もあります。右下にある[インポート]をクリックすると,インポートするカテゴリを選択するか,新しく作成するダイアログが表示されます図4)⁠通常は新しく追加したほうがいいでしょう。⁠OK]をクリックするとファイルダイアログが表示されるので,インポートするテンプレートファイルを選択します図5)⁠作業としてはこれだけで,テンプレートマネージャーから選択できるようになります。なお,今回サンプルとして使用したのはDesign/Whiteboards/Templates for LibreOffice 4.4のImpress用テンプレートです。これはなにかというと,LibreOffice 4.4のために開催されたテンプレートの応募作品です。採用の条件がCC0すなわちパブリックドメインなので,好きに使うことができます。

図4 テンプレートをインポートする場合は,既存のカテゴリを選択するか新しくカテゴリを作成する

画像

図5 インポートするテンプレートを選択する

画像

余談ですが,同じコンテストが5.0でも行われました。しかしこちらの入賞作品が取り込まれたのは5.3であり,本記事の公開時点ではまだリリースされていません。

サイドバーのプロパティ

図6 ページのプロパティが
表示されるようになった

画像

サイドバーのプロパティにおいて,どこも選択されていない状態では[ページ]プロパティも表示されるようになりました図6)⁠⁠書式][4:3]のほか[16:9][16:10]が追加されたのはずいぶん前ですが,今までは気づかなかったかも知れません。横長のプロジェクターはまだあまり多くないかも知れませんが,第281回で取り上げたようなデジタルサイネージとして使う場合はディスプレイは横長でしょうから,便利なのではないでしょうか。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入