Ubuntu Weekly Recipe

第472回 EPSON EP-879AWのドライバーレス印刷の不具合を報告する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

Ubuntu 17.04の注目機能の一つ「ドライバーレス印刷」を使ってみたところ,プリンターは簡単に認識したのですが残念ながら不具合に見舞われました。今回はその不具合の解析とエラー報告を行った経緯を紹介します。

先に結論を述べると,ドライバーレス印刷の不具合についてはUbuntuのCUPSパッケージに報告を出すのがよいです。

ドライバーレス印刷を試したい

Ubuntu 17.04は筆者にとって重要なバージョンです。リリースノートにて長文で解説されている目玉機能,ドライバーレス印刷がその理由です。早速使ってみようとメインPCに導入し,昨年に転居したときに梱包したままだったプリンターを取り出してみると……壊れています。うーん,なんということ……。

しかしこれは新しいプリンターを試すチャンスであると捉えることもできます。さっそく機種選定です。

ドライバーレス印刷が導入されたことで,Ubuntu向けにプリンタードライバーが提供されているかどうかを気にしなくてもよくなりました。プリンターがApple AirPrintまたはIPP Everywhereに対応していればよく,Ubuntu側にプリンタードライバーの導入は不要です(だから「ドライバーレス」⁠特に家庭用プリンター・複合機の多くが今はApple AirPrint対応を謳っています。Ubuntuでの利用を考えた場合でも,選択肢は格段に広がったことになります。

ですが,印刷はともかくとしてスキャナーも使いたいこと,ドライバーレス印刷はまだ新しい機能なので何か問題があったときに印刷できないのも困ります。そこで,第286回「UbuntuからEPSON複合機EP-805Aを使用する」と同じ理由でEPSON EP-879AWにしました。EPSONの2016年秋モデルで,6色インクを用いた多機能・省スペースのインクジェット複合機です。もちろんApple AirPrint対応機種です。

早速接続。簡単に認識するも……

ドライバーレス印刷でUbuntuからプリンターを使うように設定するのは,拍子抜けするほど簡単です。

EP-879AWはWPSでのネットワーク設定が可能なので,数ステップの操作でUbuntu PCと同じネットワークに接続できました。すると,Ubuntu側ではなにも設定しなくても,⁠システム設定]⁠-⁠Printers]でプリンターのアイコンが追加されています図1)⁠すごい!

図1 インストールせずにプリンターのアイコンが追加されている

画像

右クリックで[プリンターのプロパティ]を開き,[テストページの印刷]を行ってみます。印刷はされました……が,結果を見るとモノクロになっています。

アプリケーションからも試してみました。LibreOfficeやChromiumなどからの印刷でも,やはりモノクロになってしまいます。

原因を調べてみる

「新品で買ってきたプリンターが使えないのかも」という不安と,⁠これを調べた結果はネタになるぞ」というワクワクした気持ちと両方を抱えながら調べてみます。

プリンター自体のチェック

こういう機器がらみの不具合の基本は,まずは機器そのものが壊れているかどうかをチェックすることです。次の2点から,機器は問題なさそうということを確認しました。

  • 初期導入したときのヘッドパターンの印刷では正しく6色とも印刷されていた。
  • EP-879AWのコピー機能を用いてカラー原稿をスキャンしてコピーしたところ,正しくカラーの結果が得られた。

ここでWindowsやmacOSのマシン,あるいはApple AirPrintに対応したモバイルデバイスがある場合はそれらで試してもよいでしょう。しかし残念ながら,筆者は試す機器を持っていないので次に進みます。

プリンタードライバーを導入しての確認

せっかくUbuntuで利用できるドライバーがあるプリンターを選んだので,それで試してみます。

インストール手順は第286回の説明と同様なので省略しますが,一つ問題があります。というのは,⁠システム設定]⁠-⁠Printers]でプリンターを「追加」しても,常にドライバーレス印刷が選ばれてしまうのです。

ドライバーを使うように切り替えるには,⁠システム設定]⁠-⁠Printers]から,追加したプリンターを右クリック[プリンターのプロパティ]を選び,⁠製造元とモデル][変更]ボタンを押下して,ドライバーパッケージの導入にて選ばれた末尾が「⁠Seiko Epson Corporation LSB3.2)⁠となっているものを選びます図2)⁠⁠現在の設定の転送を試みる」は,新しい設定を利用するほうを選んでください。

図2 EPSONで配布されているドライバーのPPDを手動で選択する

画像

これでEPSONで配布されているドライバーが使えるようになりました。同じようにテスト印刷してみると,きちんとカラー印刷できます。

Ubuntuからもちゃんと使える状態になり一安心。調査を続けます。

著者プロフィール

おがさわらなるひこ

LibreOffice日本語チーム所属。主な担当はUI翻訳や東京圏でのイベント企画など。本業は(株)SHIFT所属のソフトウェアテスト自動化アーキテクト。自由なデスクトップとしてUbuntuを愛用。

Twitter@naru0ga

コメント

  • Re: Typo?

    ご指摘ありがとうございます。
    誤植でしたので修正しておきました。

    Commented : #2  gihyo.jp編集部 (2017/06/23, 15:32)

  • Typo?

    ヘッドバターン

    Commented : #1  null (2017/06/10, 20:49)

コメントの記入