Ubuntu Weekly Recipe

第500回 Ubuntuで!YouTuberに俺はなる!(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntu Japanese Team代表の小林です。記念すべき第500回は,先週に続き「無料OS『Ubuntu』と無料の動画編集ソフトでYouTuberになろう!」がテーマです。動画編集ソフトにはオープンソースの「Shotcut」を用います。Ubuntuはもちろん,WindowsやmacOSでShotcutを使いたい,という方の参考にもなれば幸いです。

前回,ShotcutでYouTuberっぽい動画を作成するための,基本的な動画編集方法を見てきました。Shotcutのインストールと,基本的な動画編集の方法については前回の記事をご覧ください。

まずは,私がYouTuberっぽい動画を作っていく中で調べた,⁠ちょっとややこしい編集」を紹介していきます。そして記事の最後で,私が今回YouTubeにアップロードした動画を紹介します。

文字だけをフェードイン・フェードアウトする

シーンの切り替わり時などに,文字をじんわり出したり消したりしたい場合があります。これを行うには,まず文字を表示するシーンをクリップに分割します。そして,ビデオタイムラインを追加し,まったく同じ時間に重なるよう貼り付けます。そして貼り付けたクリップに,⁠テキスト」フィルターを追加します。テキストフィルターの使い方については,前回の記事を参考にしてください。さらに,⁠ビデオ Fade In」⁠ビデオ Fade Out」を追加し,両方の「黒でフェード代わりに不透明率を調整」にチェックを入れておきます。これで,以下の画像のようになります。

図1 文字をフェードイン・フェードアウトする例

画像

再生すると,追加したクリップの始まりから文字がじわっと出てきて,最後はじわっと消えていくのが確認できるはずです。

画面の一部をぼかす

動画の一部にぼかしを入れたいこともあるでしょう。公開したくないものを隠したい時に使うだけでなく,動画の最初にぼかしを入れたシーンを入れ,本編でぼかし無しのシーンを入れる,といった使い方もできます。

ぼかしを入れるには,ぼかしを入れたい部分をクリップに分割します。そして,追加のビデオタイムラインが無ければ追加し,同じ時間に貼り付けます。ここまでは,テキストのフェードイン・アウトと同じですね。そして「切り取る」フィルターを追加して,ぼかしたい部分を切り取ります。さらに,⁠サイズと位置」フィルタを追加し,切り取った部分にあわせてサイズを縮小し,元のビデオに重なるよう移動します。重ねる際,⁠オパシティー」フィルタを一時的に用いると,あまりズレずに重ねることができるでしょう。多少ズレても,ぼかしを入れるので問題はありません。最後に「ぼかし」フィルターを追加し,ぼかしの「幅」「高さ」を設定したら完了です。この時の編集画面は以下のようになります。

図2 画面の一部をぼかす例

画像

文字+背景色の部分を入れる

YouTuberの動画を見ていると,撮影した動画以外に「背景色+文字」の部分がよくありますよね。Shotcutでこれを行うには,メニューから「ファイル」⁠⁠他を開く」を選びます。一覧から「色」を選択し,⁠色...」ボタンを押して色を決め,⁠OK」をクリックすると,プレビュー領域に選んだ色が表示されます。あとは,動画をタイムラインに追加する場合と同じ要領で,必要な秒数に縮めてタイムラインにドロップしてください。そして,前回紹介した「テキスト」フィルタを追加すれば,以下のように「背景色+文字」の部分を作ることができます。

図3 単色の背景に文字を重ね合わせる例

画像

凝った文字を入れる

単純な文字を入れる方法は,前回の記事で紹介しました。Shotcutにはそんなに凝った文字を入れる機能はありませんが,工夫することで少し見栄えをよくすることができます。

影をつける

単純に,テキストフィルタをコピーして貼り付け,色を変え,ずらして配置するだけで,影のように見せることができます。下のフィルタほど上に重ねられるので,影にするテキストフィルタは上に配置する必要があります。以下の画像のように,影の色を透過色にするのも良いでしょう(色の設定ダイアログで不透明度を調整できます)⁠

図4 テキストフィルタを重ねる例

画像

HTML(スタイルシート)を使う

フィルタ「HTMLを重ねる」を使えば,スタイルシートで装飾した文字を動画に重ねることができます。フィルタを追加したら,⁠新規」もしくは「開く」をクリックしてHTMLファイルを指定します。すると,HTMLエディターが開いて編集できるようになります。WYSIWYGエディターで編集することもできますし,ソースを編集することもできます。もちろん,別のエディタで編集したHTMLファイルを用いることも可能です。

図5 フィルタ「HTMLを重ねる」の使用例

画像

別のソフトで作った画像を使う

より凝った文字を入れるなら,文字を入れたPNG画像を動画と同じ解像度で作成し,上位のビデオタイムラインに置く方法が考えられます。この場合,透過PNGを用いることで,下位のタイムラインの動画を透けさせることができます。手間はかかりますが,この方法ならより自在に文字を入れることができますね。

著者プロフィール

小林準(こばやしじゅん)

Ubuntu Japanese Team リーダー。2005年より日本国内でUbuntuの普及活動を行っている。著書に,Linuxシステムの管理に必要な知識を解説した『独習Linux』がある。

コメント

コメントの記入