Access 2002 300の技

[表紙]Access 2002 300の技

B5変形判/416ページ

定価(本体2,480円+税)

ISBN 4-7741-1564-9

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

データベースソフトの定番Access 2002を徹底解説。Access入門者でも簡単に利用できる基本技だけでなく,初〜中級者まで利用できる応用技を集めました。基本的なテクニックと便利な応用技。

こんな方におすすめ

  • Access初級者〜中級者
  • もっとAccess 2002を使いこなしたい人

目次

テーブル作成/操作の技

  • 001 初 テーブルウィザードで簡単にテーブルを作成する
  • 002 初 テーブルウィザードで主キーを設定する
  • 003 初 デザインビューで独自のテーブルを作成する
  • 004 初 主キーの設定/解除を切り替える
  • 005 中 複数のフィールドを利用して主キーを設定する
  • 006 中 テーブル間にリレーションシップを定義する
  • 007 中 リレーションシップを維持する
  • 008 中 ほかのテーブルのデータをリスト表示して入力する
  • 009 初 二者択一のフィールドをチェックボックスで入力する
  • 010 初 日付の表示を統一する
  • 011 初 パスワード入力のようにして入力内容を保護する
  • 012 初 重複するデータの入力を防ぐ
  • 013 初 数値データの頭に「0」を表示して桁数をそろえる
  • 014 初 フィールドやレコードの間をキー操作で移動する
  • 015 中 選択肢をリスト表示してデータを入力する
  • 016 初 入力できるデータを制限する
  • 017 初 現在日付や時刻を既定値として表示する
  • 018 初 テーブルから直接特定のデータを検索する
  • 019 初 フィールドを基準にしてデータを並べ替える
  • 020 中 複数のフィールドを基準にデータを並べ替える
  • 021 上 オートナンバーフィールドを初期化する
  • 022 上 オートナンバーフィールドに特定の番号から入力する
  • 023 中 サブデータシートからデータを入力する
  • 024 中 サブデータシートの表示を作業に応じて切り替える
  • 025 初 フィルタを使って必要なデータのみ表示する
  • 026 中 複数の条件を指定してデータを絞り込み表示する
  • 027 初 目的のレコードへ効率良く移動する
  • 028 初 列を表示/非表示,あるいは固定表示する

クエリ作成/操作の技

  • 029 初 クエリウィザードで目的に合ったクエリを作成する
  • 030 初 クエリのフィールドを修正する
  • 031 中 クロス集計クエリでデータを集計する
  • 032 中 クロス集計クエリでパラメータを入力する
  • 033 中 パラメータに入力できるデータ型を限定する
  • 034 中 重複データをすべて抽出する
  • 035 中 一方にあって一方にないデータを抽出する
  • 036 中 クエリの結果をテーブルに保存する
  • 037 中 データを一括して更新する
  • 038 中 データを一括して削除する
  • 039 中 データを一括して追加する
  • 040 中 平均を求めて小数点の桁数を設定する
  • 041 上 同じテーブルのフィールドを結合して情報を取得する
  • 042 初 指定した文字列で始まるデータを抽出する
  • 043 中 日付/時刻型のフィールドから月を抽出する
  • 044 中 「*」や「?」記号を含むレコードを抽出する
  • 045 中 「ア」行のデータのみ取り出すクエリを作成する
  • 046 中 選択クエリでデータの変更ができないようにする
  • 047 中 トップ10を抽出する
  • 048 中 Null値と長さ0の文字列のデータを抽出する
  • 049 中 条件判断をしてフィールドに値をセットする
  • 050 中 全角文字をすべて半角文字にする
  • 051 初 フィールドを元に計算結果を算出する
  • 052 中 日付データからいろいろな情報を取得する
  • 053 上 オートナンバーフィールドを修復して連番に戻す
  • 054 中 値の前後のスペースを削除する

フォーム作成/操作の技

  • 055 初 オートフォームで簡単にフォームを作成する
  • 056 初 フォームウィザードでフォームを作成する
  • 057 初 デザインビューで独自のフォームを作成する
  • 058 初 表示しきれていない長いデータも印刷する
  • 059 初 文字や図形を配置する
  • 060 初 入力候補を一覧表示するコントロールを作成する
  • 061 初 クリックでYes/Noを入力できるようにする
  • 062 中 選択肢からクリックで入力できるようにする
  • 063 中 リストから選択した値でレコードを検索する
  • 064 中 情報を分類して複数ページで表示する
  • 065 初 コントロールの説明をステータスバーに表示する
  • 066 中 フォームウィザードにフォームスタイルを追加する
  • 067 初 レコードの追加/変更/削除を禁止する
  • 068 初 ショートカットメニューが表示されないようにする
  • 069 初 プロパティシートが表示されないようにする
  • 070 初 フォームの閉じるボタンを無効にする
  • 071 初 [Esc]キーでフォームが閉じられるようにする
  • 072 初 レコードセレクタと移動ボタンを非表示にする
  • 073 初 コントロールの細かい配置を調整する
  • 074 中 コントロールの書式をデータによって切り替える
  • 075 初 [Tab]キーを押したときの移動順を設定する
  • 076 初 フォームサイズの変更を禁止する
  • 077 初 フォームに標題を設定する
  • 078 初 フォームの背景に好みのイラストや写真を設定する
  • 079 中 条件に一致したレコードのみを表示する
  • 080 中 数値データフィールドの合計値を表示する
  • 081 上 フォームの中に別のフォームを表示する

レポート作成/操作の技

  • 082 初 オートレポートで簡単にレポートを作成する
  • 083 初 レポートウィザードでレポートを作成する
  • 084 初 デザインビューでレポートを作成する
  • 085 初 レポートを効果的に表示する
  • 086 初 改ページを設定する
  • 087 初 日付と時刻を表示する
  • 088 初 ページ番号を表示する
  • 089 初 グリッドを調整して作業しやすくする
  • 090 中 レポートで合計値や平均値を算出する
  • 091 中 レコードの連番を表示する
  • 092 中 各グループのレコードカウントを表示する
  • 093 中 複数のフィールドやコントロールを結合して表示する
  • 094 中 フィールドの重複する値を非表示にする
  • 095 初 スナップショットを作成する
  • 096 中 宛名ラベルを作成する
  • 097 上 ラベルにバーコードを印刷する

マクロ作成/操作の技

  • 098 初 マクロで処理を自動化する
  • 099 初 マクロをステップごとにテストする
  • 100 初 作成済みのマクロを修正する
  • 101 中 処理の中で確認メッセージを表示しない
  • 102 初 フォームやレポートからマクロを作成する
  • 103 中 ツールバーのボタンからマクロを実行する
  • 104 中 関連するマクロをグループにして管理する
  • 105 中 条件に一致した時だけマクロを実行する
  • 106 上 レポートの各グループのページ番号をリセットする
  • 107 上 マクロでフォームの入力内容をチェックする
  • 108 中 ショートカットキーでマクロを実行する

データ操作の技

  • 109 初 前のレコードと同じ値をキー操作で挿入する
  • 110 初 データをコピーまたは移動する
  • 111 初 ほかのアプリケーションとデータをやりとりする
  • 112 初 指定したフィールドで値を置換する
  • 113 中 Null値または長さ0の文字列を検索する
  • 114 中 ほかのAccessファイルのデータを取り込む
  • 115 中 テキストファイルを取り込む
  • 116 中 Excelファイルを取り込む
  • 117 中 リンクテーブルからテーブルを作成する
  • 118 中 リンクテーブルのリンク先を更新する
  • 119 中 テーブルを既存のデータベースへ出力する
  • 120 中 Excelファイルへデータを出力する
  • 121 中 コマンドでExcelとWordに出力する
  • 122 中 テーブルをテキストファイルに出力する
  • 123 上 宛名データをWord文書に差し込む
  • 124 上 自動的にインポート/エクスポート/リンクする

Web関連の技

  • 125 初 テーブルにハイパーリンクフィールドを作成する
  • 126 初 URLをWebページ名などで表示する
  • 127 初 フォームやレポートにもハイパーリンクを挿入する
  • 128 初 フォームのボタンからWebページへジャンプする
  • 129 初 データベース内のオブジェクトにリンクする
  • 130 中 電子メールを作成するハイパーリンク
  • 131 中 クリックすると電子メールを作成する画像
  • 132 中 データアクセスページを活用する
  • 133 初 デザインビューでデータアクセスページを作成する
  • 134 初 参照のみのデータアクセスページを作成する
  • 135 中 フィールドを別のデータフィールドと関連付ける
  • 136 初 データアクセスページにテーマを使用する
  • 137 初 データアクセスページをWebブラウザで表示する
  • 138 中 オブジェクトをHTML形式で出力する
  • 139 上 オブジェクトを動的なWebページに出力する
  • 140 上 データシートをXMLとして出力する

ピボットテーブル/グラフの技

  • 141 初 ピボットテーブル/グラフ用ビューで表示する
  • 142 初 ピボットテーブルのエリアにフィールドを追加する
  • 143 初 ピボットグラフのエリアにフィールドを追加する
  • 144 初 ウィザードでピボットテーブルを作成する
  • 145 初 ピボットテーブル/グラフのプロパティを変更する
  • 146 初 ピボットテーブルのフィールドを移動する
  • 147 初 ピボットテーブルのフィールドを削除する
  • 148 初 ピボットグラフのフィールドを移動する
  • 149 初 ピボットグラフのフィールドを削除する
  • 150 中 ピボットテーブルに集計フィールドを追加する
  • 151 上 ピボットテーブルに演算フィールドを追加する
  • 152 中 ピボットテーブルビューの内容を右から左に読む
  • 153 初 ピボットテーブルにハイパーリンクを表示する
  • 154 初 ピボットグラフのグラフの種類を変更する
  • 155 初 ピボットグラフの凡例を表示/編集する
  • 156 中 ピボットグラフで複数のグラフを表示する
  • 157 中 ピボットグラフビューを変更できないようにする
  • 158 上 データアクセスページにピボットテーブルを配置する

データベース管理の技

  • 159 初 オブジェクトへのショートカットを作成する
  • 160 初 オブジェクトを別の種類のオブジェクトに変換する
  • 161 中 データベースを分割してテーブルを別に管理する
  • 162 初 Accessファイルを最適化/修復する
  • 163 初 ファイルが閉じられるたびに最適化/修復する
  • 164 初 Officeアプリケーションの自動修復機能
  • 165 初 プロパティの個人情報を削除する
  • 166 中 データベースを暗号化/解読する
  • 167 中 データベースの競合を回避する
  • 168 初 データベースのパフォーマンスを向上させる
  • 169 中 データベースにパスワードを設定する
  • 170 中 データベースのパスワードを削除する
  • 171 上 ワークグループを作成してセキュリティを設定する
  • 172 上 ワークグループに参加する
  • 173 中 ユーザーのアカウントを追加する
  • 174 中 グループのアカウントを追加する
  • 175 中 アカウントのパスワードを設定/変更する
  • 176 中 アカウントのパスワードをクリアする
  • 177 上 ワークグループ情報ファイルを作成する

操作性向上の技

  • 178 初 起動時に表示される作業ウィンドウを切り替える
  • 179 初 起動時にフォームを表示する
  • 180 初 データベースウィンドウのアイコン表示を変更する
  • 181 初 オブジェクトの表示/非表示を切り替える
  • 182 初 アプリケーションウィンドウのタイトルを変更する
  • 183 初 アプリケーションウィンドウのアイコンを変更する
  • 184 初 最近使ったファイルの一覧のファイル数を設定する
  • 185 初 Windowsタスクバーにオブジェクトを表示しない
  • 186 初 ステータスバーを表示しない
  • 187 初 方向キーを押したときのカーソルの移動先
  • 188 初 別のフィールドに移動したときのカーソルの動作
  • 189 初 [Enter]キーを押して移動したときのカーソルの動作
  • 190 初 日付フィールドの年表示を4桁にする
  • 191 初 ショートカットキーの有効/向こうを切り替える
  • 192 初 確認メッセージを表示しない
  • 193 中 Accessファイルに相対リンクのパスを設定する
  • 194 中 ツールバーにボタンを追加または削除する
  • 195 中 オリジナルのツールバーを作成する
  • 196 中 すべてのAccessファイルで利用できるツールバー
  • 197 中 マクログループをツールバーに割り当てる
  • 198 初 カスタムツールバーの名前を変更する
  • 199 初 ツールバーのボタンを表示または非表示にする
  • 200 初 ツールバーのプロパティを変更する
  • 201 初 ツールバーのオプションを設定する
  • 202 中 メニューフォームを作成する
  • 203 中 メニューフォームにページを追加する

SQLクエリ作成/操作の技

  • 204 初 SQLの基本を知る
  • 205 初 SQLビューでレコード抽出のクエリを作成する
  • 206 中 あいまいな条件で抽出するクエリを作成する
  • 207 中 レコードを並べ替えるクエリを作成する
  • 208 中 複数のテーブルから抽出する選択クエリを作成する
  • 209 中 SQLビューで更新クエリを作成する
  • 210 中 SQLビューで削除クエリを作成する
  • 211 中 SQLビューで追加クエリを作成する
  • 212 中 SQLビューでテーブル作成クエリを作成する
  • 213 中 SQLビューでパラメータクエリを作成する
  • 214 中 複数のクエリの結果をユニオンクエリで結合する
  • 215 中 ユニオンクエリの結果のフィールド名を変更する
  • 216 中 ユニオンクエリの結果に新しいフィールドを追加する
  • 217 中 ユニオンクエリで重複レコードも表示する
  • 218 中 ユニオンクエリの結果をテーブルに保存する
  • 219 中 ユニオンクエリでデータを並べ替える
  • 220 中 ユニオンクエリで条件を指定してデータを抽出する
  • 221 上 パススルークエリでサーバー上のデータを操作する
  • 222 中 データ定義クエリでテーブルを定義する
  • 223 中 サブクエリでフィールドを定義する

モジュールとVBA利用の技

  • 224 初 モジュールとVBAの関係を知る
  • 225 初 Visual
  • 226 初 Visual
  • 227 初 クラスモジュールを作成する
  • 228 初 標準モジュールを作成する
  • 229 初 Subプロシージャを作成する
  • 230 初 Functionプロシージャを作成する
  • 231 初 ステートメントを記述する
  • 232 初 ステートメントの記述方法を工夫する
  • 233 初 ステートメントにコメントを付ける
  • 234 初 Subプロシージャを単体でテストする
  • 235 初 変数を宣言する
  • 236 初 変数の宣言を強制する
  • 237 中 プロシージャレベルの変数を宣言する
  • 238 中 モジュールレベルの変数を宣言する
  • 239 中 データベースレベルの変数を宣言する
  • 240 初 記述補助機能でステートメントの記述ミスを防ぐ
  • 241 初 コンパイルでステートメントの記述ミスを防ぐ
  • 242 中 SubプロシージャからSubプロシージャを呼び出す
  • 243 中 Subプロシージャに値を渡す引数を設定する
  • 244 上 Functionプロシージャで関数を作る
  • 245 初 プロシージャをステップごとにテストする
  • 246 初 処理を任意の行で止めてデバッグする

オブジェクト操作の応用技

  • 247 初 コントロールにヒントテキストを表示する
  • 248 中 オリジナルのメッセージボックスを表示する
  • 249 中 フィールドのデータをある基準で分解する
  • 250 中 ExcelやWordを呼び出すコマンドを作成する
  • 251 中 メッセージボックスのメッセージを改行する
  • 252 中 フォームに見えない隠しボタンを作る
  • 253 中 コンボボックスのリストを自動的に表示する
  • 254 中 ボタンのクリックでコントロールを非表示にする
  • 255 中 コントロールの表示/非表示を切り替える
  • 256 中 フォームの表示サイズを操作する
  • 257 中 フォームのボタンの表示内容を切り替える
  • 258 中 入力内容を全角に変換する
  • 259 初 人名/地名の入力を支援する
  • 260 初 ふりがなを自動的に入力する
  • 261 初 郵便番号を入力して自動的に住所を表示する
  • 262 中 フォームにWebページを表示する
  • 263 中 1時間ごとに情報フォームを表示する
  • 264 中 ラベルの文字の色を3秒間隔で切り替える
  • 265 中 日付や時刻を判断して背景画像を切り替える
  • 266 中 一定の時間が経過したら自動的にフォームを閉じる
  • 267 中 クロス集計クエリに必要な列のみ表示させる
  • 268 中 マクロでコントロールの移動先を設定する
  • 269 中 マクロで移動先のコントロールの前景色を変更する
  • 270 初 データのないレポートの印刷を中止する
  • 271 中 電子メールにレポートを自動で添付する
  • 272 中 はがきに宛名を印刷する
  • 273 中 マクロでAccessを終了させる
  • 274 中 フォームの起動時に音楽が流れるようにする
  • 275 中 配列の変数を利用する
  • 276 上 配列変数を動的に利用する

その他の技

  • 277 中 プロジェクトにパスワードを設定する
  • 278 初 ライセンス認証を受ける
  • 279 中 式ビルダを利用して式を入力する
  • 280 初 ズーム機能を利用して長い文字列や式を入力する
  • 281 初 編集作業中の変更を取り消す
  • 282 初 作業ウィンドウを利用する
  • 283 初 Officeクリップボードを利用する
  • 284 初 Officeアシスタントで操作方法を調べる
  • 285 初 Officeアシスタントを使いやすくカスタマイズする
  • 286 初 Microsoft
  • 287 中 VBEのヘルプを利用する
  • 288 初 Accessで利用できるショートカットを調べる
  • 289 中 イミディエイトウィンドウでエラー箇所を分析する
  • 290 初 ウォッチウィンドウで値の変化を表示する
  • 291 初 ローカルウィンドウですべての変数の値を確認する
  • 292 中 データアクセスページにスクリプトを作成する
  • 293 中 Accessファイルを旧バージョンに変換する
  • 294 中 データベースを共有する場合はMDEファイルを作成する
  • 295 初 サンプルデータベースを利用する
  • 296 初 テンプレートを利用してデータベースを作成する
  • 297 初 日時/時刻の定義済み書式と書式指定文字
  • 298 初 数値と通貨の定義済み書式と書式指定文字
  • 299 初 テキストとメモに使用できる書式指定文字
  • 300 中 データベース起動時のイラストを変更する