まるごと図解シリーズ最新 C言語がわかる

[表紙]最新 C言語がわかる

A5判/288ページ

定価(本体1,580円+税)

ISBN 4-7741-1572-X

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

この一冊でCの全貌がひととおり学習できる内容です。プログラミングとはどういうものなのかという基礎から出発し,座学の抽象性にとどまらずC言語のしくみにまで踏み込んで解説します。ポインタ・関数・構造体にいたるまで理解につまづくことなく読み進められます。

こんな方におすすめ

  • ソフトウェア開発の基礎・プログラミングの考え方を学びたい方
  • プログラミングが初めての方
  • 情報処理技術者試験(基本情報技術者)の受験準備に

著者の一言

本書では,C言語の文法をただマスターすればよいというのではなく,C言語を通して,プログラミングを行うための環境整備,開発の手順,考え方を学んでいただくことを主眼としています。読者の皆さんにとってIT技術者への第一歩となりますことを,また,もっと気楽に,プログラミング世界の扉を開くきっかけとなりますことを,願っております。

目次

第1部  C言語の基礎知識

  • 1章 プログラムはどうして動くのか
    • 1-1 ハードウェアとソフトウェア
    • 1-2 コンピュータの頭の中を覗いてみると
    • 1-3 オペレーティングシステムの役割
    • 1-4 MS-DOSとWindows
    • 1-5 ソフトウェアの正体
    • 1-6 ファイルとフォルダ
  • 2章 プログラミングとは何をするものなのか
    • 2-1 あそこにも,ここにもプログラム
    • 2-2 いろいろなプログラム言語
    • 2-3 コンパイラ言語とインタプリタ言語
    • 2-4 イベントドリブン型と手続き型
    • 2-5 設計とは,何を考えればいいのか
    • 2-6 アルゴリズムとは何か
    • 2-7 プログラム開発の手順
    • 2-8 プログラムの3つの基本構造
    • 2-9 流れ図はプログラムを考えるための道具
  • 3章 C言語を使ってみよう
    • 3-1 C言語の生い立ち
    • 3-2 C言語は構造化プログラミング向き
    • 3-3 C言語は万能な優等生
    • 3-4 C言語が進化したC++
    • 3-5 Cコンパイラの準備
    • 3-6 はじめて書くプログラム
    • 3-7 コンパイルそして実行
    • 3-8 Cプログラムの形式
    • 3-9 画面に情報を表示する

第2部 C言語プログラミングの実際

  • 4章 情報の器を用意して演算してみよう
    • 4-1 データを型に分類する
    • 4-2 変数を使う
    • 4-3 変数の中の情報を表示する
    • 4-4 数値データを編集して表示する
    • 4-5 配列を使ってデータをまとめて扱う
    • 4-6 配列を使って文字列を表現する
    • 4-7 文字データを編集して表示する
    • 4-8 配列名とアドレスとprintf
    • 4-9 算術演算子とデータの型
    • 4-10 代入演算子
    • 4-11 増分・減分演算子と配列処理
    • 4-12 ビット単位の演算子
    • 4-13 2次元配列を使って表を作ろう
    • 4-14 アドレスを扱うポインタ変数
    • 4-15 ポインタ専用の演算子
    • 4-16 配列を指すポインタ
    • 4-17 ポインタの加減算
    • 4-18 ポインタ配列
    • 4-19 何も指さないポインタNULL
    • 4-20 キーボードからのデータの入力
  • 5章 プログラムの流れを制御してみよう
    • 5-1 条件を満たす・満たさない
    • 5-2 条件による処理の選択 〜選択構造?〜
    • 5-3 多分岐からの選択 〜選択構造?〜
    • 5-4 同じ文の繰り返し 〜反復構造?〜
    • 5-5 for文による反復表現 〜反復構造?〜
    • 5-6 配列のデータと繰り返す処理 〜反復構造?〜
    • 5-7 合計を算出するアルゴリズム
    • 5-8 最大値・最小値を求めるアルゴリズム
    • 5-9 文字列を複写するアルゴリズム
    • 5-10 文字列の長さを求めるアルゴリズム
    • 5-11 文字列を合成するアルゴリズム
    • 5-12 文字列の大小関係を求めるアルゴリズム
    • 5-13 処理のまとまりを関数にする
    • 5-14 関数と変数の有効範囲(スコープ)
    • 5-15 関数に情報を渡す引数
    • 5-16 配列を引数に渡す
    • 5-17 ポインタを引数に渡す
    • 5-18 自分を呼び出す再帰関数
    • 5-19 ライブラリ関数を便利に使う
    • 5-20 文字列を処理するライブラリ関数を使う
    • 5-21 文字列数値変換ライブラリ関数を使う
    • 5-22 メモリ操作ライブラリ関数を使う
  • 6章 構造体とファイル処理
    • 6-1 構造体でデータをまとめて扱う
    • 6-2 構造体型変数と演算子
    • 6-3 構造体型配列
    • 6-4 構造体型のメンバ
    • 6-5 ポインタ型のメンバ
    • 6-6 自分と同じ構造体を指すポインタ型メンバ
    • 6-7 ファイル操作とは
    • 6-8 ファイル処理を行うライブラリ関数
    • 6-9 ファイルの情報を構造体に

著者プロフィール

高田美樹(たかたみき)

慶応義塾大学工学部電気工学科卒。大手電気メーカーにて組み込みソフトウェアの開発に従事。その後,SOHOという言葉もまだない時代から在宅でソフトウェアを開発,そのかたわら専門学校の講師を勤める。現在,日本工学院専門学校講師。

主な著書に,『基本情報技術者試験 らくらく突破C言語』『まるごと図解 最新C言語がわかる』『改訂新版 C言語スタートブック』『改訂新版 Javaスタートブック』『Java完全マスターブック』(共に技術評論社)がある。