Visual C#.NETによる [実践]データベースプログラミング

[表紙]Visual C#.NETによる [実践]データベースプログラミング

B5変形判/408ページ/CD1枚

定価(本体2,980円+税)

ISBN 4-7741-1621-1

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

データベースプログラミングは,今後ますます需要が増大すること必至の,実践的な世界です。Visual C#.NETでの開発を依頼されたという方も,いまのところそうでない方も,徹底的に身につけておく価値のあるスキルと言えます。本書で,考え方と実現方法を学んでください。

こんな方におすすめ

  • Visual C# .NETでデータベースプログラミングをしている方
  • プログラマーとしての幅を広げたい方

著者の一言

ADO.NETにはデータベースにアクセスするためのツールが豊富に用意されており,そのすべてを理解するのは大変です。本書はよく利用する機能に的を絞り,小さなアプリケーションを作成しながらADO.NETを学習できるようになっています。本書で解説した小さな機能を組み合わせて,最終章では注文管理システムを完成させます。実践場面での使い方を理解できるのではないかと思います。

目次

第1章 ADO.NETの概要

  • 01 Visual Studioとデータベース
    • 1.1 データベースとは?
    • 1.2 Visual Studioが扱うデータソース
    • 1.3 データベースとアプリケーションの関係
  • 02 ADO.NETとは?
    • 2.1 .NETデータプロバイダ
    • 2.2 データセット
  • 03 ADO.NETの特徴
    • 3.1 非接続型のアーキテクチャ
    • 3.2 XMLの採用
    • 3.3 開発のしやすさ
  • 04 ADO.NETとADOの違い
    • 4.1 データ接続
    • 4.2 データを保持する方法
    • 4.3 レコードの扱い
    • 4.4 どちらを利用するか
  • 05 Windowsアプリケーションを作成する方法
  • 06 本書で使用するデータベース

第2章 データアクセスの基本

  • 01 データの流れ
  • 02 簡単なアプリケーション
  • 03 データ接続
    • 3.1 サーバーエクスプローラ
    • 3.2 データリンクプロパティ
    •  ■ プロバイダ
    •  ■ データソース
    • 3.3 データ接続のプロパティ
    • 3.4 データ接続の操作
  • 04 コネクションとデータアダプタ
    • 4.1 コネクションのプロパティ
    • 4.2 データアダプタのプロパティ
    • 4.3 コマンドを削除する
    • 4.4 データアダプタ構成ウィザード
  • 05 データセット
    • 5.1 データセットの生成
    • 5.2 XMLスキーマ
  • 06 データのバインディング
    • 6.1 データバインディングの種類
    • 6.2 データグリッドのプロパティ
    • 6.3 テキストボックスのプロパティ
    • 6.4 データセットにデータを読み込む
    • 6.5 データセットの変更をデータベースに通知する
    • 6.6 データセットの初期化

第3章 Windowsフォームとデータ操作

  • 01 レコードの移動
    • 1.1 レコードの扱い方
    • 1.2 CurrencyManagerオブジェクトとBindingContextオブジェクト
    • 1.3 レコード位置
    • 1.4 レコード数
    • 1.5 先頭レコードに移動
    • 1.6 1つ前のレコードに移動
    • 1.7 次のレコードに移動
    • 1.8 最終レコードに移動
    • 1.9 サンプル:――フォームにレコード移動ボタンを追加する
    • 1.10 データグリッドとレコード位置
  • 02 レコードの編集
    • 2.1 レコードの編集を取り消す
    • 2.2 レコードの編集を終了する
    • 2.3 新しいレコードを追加する
    • 2.4 レコードを削除する
    • 2.5 データセットの編集を取り消す
    • 2.6 変更されたかどうかを調べる
    • 2.7 変更の種類を調べる
    • 2.8 更新したレコード数を調べる
    • 2.9 サンプル:―― 編集機能を持ったフォームを作成する
  • 03 レコードの検索
    • 3.1 レコードを参照する
    • 3.2 レコードを検索する
    • 3.3 検索条件の書き方
    • 3.4 サンプル:―― 検索機能を持ったフォームを作成する
  • 04 レコードの抽出
    • 4.1 パラメータクエリとは?
    • 4.2 パラメータクエリの作成
    • 4.3 抽出条件の書き方
    • 4.4 パラメータに値を代入する
    • 4.5 パラメータクエリを利用するときに注意すること
    • 4.6 サンプル:―― 抽出したレコードをフォームに出力する
  • 05 データグリッドの使い方
    • 5.1 データを連結する
    • 5.2 データグリッド内のレコード数
    • 5.3 セルの値を参照する
    • 5.4 フォーカスのあるセル
    • 5.5 データグリッドのスタイル
    • 5.6 セルのスタイル
  • 06 リストボックス,コンボボックスの使い方
    • 6.1 コントロールとデータテーブル
    • 6.2 主なプロパティ
    • 6.3 リスト用のデータを取得する
    • 6.4 注意すること

第4章 データビューを使ったデータ操作

  • 01 データビューとは?
    • 1.1 データビューでできること
    • 1.2 データビューを作成する前に
    • 1.3 データビューの作成
    • 1.4 コントロールに連結する
    • 1.5 データビューを利用するときに注意すること
  • 02 レコードの並べ替え
    • 2.1 並べ替えの順序
    • 2.2 並べ替え順序を指定する
    • 2.3 サンプル:―― ラジオボタンを利用して並べ替えを指定する
  • 03 レコードの検索
    • 3.1 レコードを検索する
    • 3.2 検索したレコードをフォームに表示する
    • 3.3 サンプル:―― 検索結果をデータグリッドで確認する
  • 04 レコードの抽出
    • 4.1 抽出条件の書き方
    • 4.2 サンプル:―― 抽出したレコードをデータグリッドに出力する
  • 05 レコードの編集
    • 5.1 編集可能なデータビュー
    • 5.2 レコードを参照する
    • 5.3 フィールドに値を代入する
    • 5.4 新しいレコードを追加する
    • 5.5 レコードを削除する
    • 5.6 編集の取り消し
    • 5.7 サンプル:―― データビューでレコードを編集する

第5章 データテーブルを使ったデータ操作

  • 01 レコードの編集
    • 1.1 フィールドに値を代入する
    • 1.2 新しいレコードを追加する
    • 1.3 レコードを削除する
    • 1.4 編集の取り消し
    • 1.5 サンプル:―― データテーブルでレコードを編集する
  • 02 データベースの更新
    • 2.1 更新の方法
    • 2.2 行の状態とバージョン
    • 2.3 RowStateプロパティとUpdateメソッド
    • 2.4 編集された行の取得
  • 03 レコードの検索
    • 3.1 レコードを検索する
    • 3.2 テーブルに主キーを設定する
    • 3.3 検索したレコードを削除する
    • 3.4 サンプル:―― テーブルから特定のレコードを削除する
  • 04 レコードの抽出
    • 4.1 フィルタを設定する
    • 4.2 抽出したレコード
    • 4.3 サンプル:―― 抽出したレコードをリストボックスに出力する
  • 05 レコードの並べ替え

第6章 コマンドとSQLステートメント

  • 01 コマンドのパラメータ
    • 1.1 パラメータの種類
    • 1.2 パラメータのプロパティ
    • 1.3 更新のしくみ
  • 02 SQLステートメントの書き方
    • 2.1 選択コマンド
    • 2.2 追加コマンド
    • 2.3 削除コマンド
    • 2.4 更新コマンド
    • 2.5 手動でデータアダプタのコマンドを作成する
  • 03 データコマンドとデータリーダー
    • 3.1 データコマンドとは?
    • 3.2 データコマンドの作成
    • 3.3 データコマンドを実行するには?
    • 3.4 データリーダーの利用
    •  ■ ExecuteReaderメソッド
    •  ■ データリーダー内のレコードにアクセスする
    •  ■ データリーダー内のレコードを参照する
    •  ■ データリーダーの終了
    •  ■ サンプル:―― データリーダーの内容をリストボックスに出力する
    • 3.5 データベースの更新
    •  ■ ExecuteNonQueryメソッド
    •  ■ データコマンドを実行するときに注意すること
    •  ■ サンプル:―― データベースを更新する

第7章 マスター/詳細フォーム

  • 01 マスター/詳細フォームとは?
  • 02 リレーションシップの作成
    • 2.1 リレーションシップとは?
    • 2.2 リレーションシップを設定できるテーブル
    • 2.3 リレーションシップの追加
    • 2.4 データグリッドに連結する
    •  ■ マスターテーブルをデータグリッドに連結する
    •  ■ 詳細テーブルをデータグリッドに連結する
    • 2.5 データの取得と更新
  • 03 レコードの編集
    • 3.1 参照整合性とは?
    • 3.2 テーブルを関連付けて更新するには?
    • 3.3 マスター/詳細フォームでの変更
    •  ■ マスターテーブルをデータグリッドに連結したとき
    •  ■ マスターテーブルをテキストボックスに連結したとき
    • 3.4 マスターテーブルの編集
    •  ■ レコードの追加
    •  ■ レコードの削除
    • 3.5 詳細テーブルの編集
    • 3.6 サンプル:―― 編集機能を持ったマスター/詳細フォームを作成する
  • 04 テーブルの結合
    • 4.1 テーブルを結合するために必要な条件
    • 4.2 結合テーブルの作り方
    • 4.3 結合テーブルを更新するには?
    • 4.4 演算フィールドを作成する

第8章 レポートを作成する

  • 01 レポートを出力するには?
    • 1.1 CrystalReportsデザイナとは?
    • 1.2 レポートのデータソース
    • 1.3 Windowsフォームでレポートをプレビューするには?
    • 1.4 レポートを出力する手順
    • 1.5 注意すること
    • 1.6 サンプル:―― テーブル内のすべてのレコードを出力する
  • 02 CrystalReportsデザイナの使い方
    • 2.1 オブジェクト位置/サイズを変更する
    • 2.2 テキストボックスを追加する
    • 2.3 フィールドを追加する
    • 2.4 直線を追加する
    • 2.5 オブジェクトの書式を変更する
    • 2.6 通貨記号を追加する
    • 2.7 連番を出力する
    • 2.8 グループごとに出力する
    • 2.9 集計フィールドを作成する
    • 2.10 改ページする
    • 2.11 非表示のセクションを出力する
    • 2.12 レポートのセクション
  • 03 特定のレコードだけを出力する
    • 3.1 レポートを作成する手順
    • 3.2 パラメータフィールドを追加する
    • 3.3 抽出条件を設定する
  • 04 パラメータの値をプログラムで設定する
    • 4.1 名前空間の指定
    • 4.2 パラメータを管理するオブジェクト
    • 4.3 パラメータを設定する手順
    • 4.4 サンプル:―― 特定のレコードを出力する
  • 05 マスター/詳細レポートを作成する
    • 5.1 マスター/詳細レポートとは?
    • 5.2 必要なデータソース
    • 5.3 サブレポートの挿入
    • 5.4 レポートのリンク
    • 5.5 プレビューの方法
    • 5.6 サンプル:―― マスター/詳細レポートを作成する

第9章 プログラムによるデータアクセス

  • 01 名前空間の指定
  • 02 コネクションの作成
    • 2.1 接続文字列
    • 2.2 接続の確立と解除
  • 03 データアダプタの作成
    • 3.1 選択コマンド
    • 3.2 更新用のコマンド
    • 3.3 コマンドのパラメータ
  • 04 データセットの作成
  • 05 エラー処理
  • 06 サンプル

第10章 サンプルアプリケーション

  • 01 注文管理の概要
  • 02 「顧客管理」の機能一覧
    • 2.1 伝票入力
    • 2.2 伝票印刷
    • 2.3 顧客検索
    • 2.4 商品登録
    • 2.5 顧客登録
    • 2.6 社員登録
  • 03 データセットの生成
    • 3.1 伝票入力用のフォーム(frmDenpyo)
    • 3.2 リレーションシップの作成
    • 3.3 その他のフォーム
  • 04 フォーム/レポートのデザイン
    • 4.1 メイン画面(frmMain)
    • 4.2 伝票入力(frmDenpyo)
    • 4.3 伝票印刷(frmPreview)
    • 4.4 伝票印刷2(frmPreview2)
    • 4.5 顧客検索(frmFind)
    • 4.6 商品登録(frmShohin)
    • 4.7 顧客登録(frmKokyaku)
    • 4.8 社員登録(frmShain)
    • 4.9 検索(frmDlg)
    • 4.10 rptSub.rpt
    • 4.11 rptMainNo.rpt
    • 4.12 rptMainDate.rpt
  • 05 プログラムリスト
    • 5.1 メイン画面(frmMain)
    • 5.2 伝票入力(frmDenpyo)
    • 5.3 伝票印刷(frmPreview)
    • 5.4 伝票印刷2(frmPreview2)
    • 5.5 顧客検索(frmFind)
    • 5.6 商品登録(frmShohin)
    • 5.7 顧客登録(frmKokyaku)
    • 5.8 社員登録(frmShain)
    • 5.9 検索(frmFind)