ステップアップラーニングシリーズJavaプログラミング ステップアップラーニング
[Swing活用編]

[表紙]Javaプログラミング ステップアップラーニング[Swing活用編]

B5判/272ページ

定価(本体2,480円+税)

ISBN 4-7741-1667-X

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

本書はJavaプログラミングにおいて,GUIを搭載したアプリケーションの開発方法を学習するためのプログラミング解説書です。JavaでGUIを実現するために不可欠であるjavax.swingクラスの基礎からスタートし,GUIアプリケーションでお馴染みのウィンドウ,メニュー,ボタン,各種のボックスなどを作成する方法を段階的に解説します。

こんな方におすすめ

  • Javaプログラミングの入門者レベルをマスターし、さらに勉強を進めたい人

著者の一言

本書は「Javaプログラムをある程度書けるようになった人」を対象とした,JFC/Swingを使用したGUIアプリケーションの作成方法を学習するための解説書です。本書では,とにかくGUIアプリケーションを作成する上で基礎となる部分に重点を置き,学習の手順を明確にして,一歩一歩確実にステップアップしていけるような構成にしました。

本書が少しでもあなたの学習のお役に立てれば幸いです。

目次

Part1 学習の進め方

  • 1-1 JFC/Swingの学習のしかた
  • 1-2 本書の構成について
  • 1-3 本書で扱わないこと

Part2 さわってみようJFC/Swing!

  • 2-1[STEP1]JFC/Swingの基礎知識
    • 2-1-1 JFC/Swingとは?
    • 2-1-2 JFC/Swingの歴史
    • 2-1-3 インストールと環境設定
  • 2-2[STEP2]デモアプリケーションを動かしてみよう
    • 2-2-1 JDKのデモアプリケーション
    • 2-2-2 SwingSet2を実行してみる
    • 2-2-3 Notepadを実行してみる
    • 2-2-4 SampleTreeを実行してみる

Part3 作ってみようJFC/Swing!

  • 3-1[STEP1]ウィンドウを作る
    • 3-1-1 何もないウィンドウを表示する
    • 3-1-2 いろいろな値を設定する
    • 3-1-3 クローズボタンを使う
  • 3-2[STEP2]ラベル(JLabel)を使用する
    • 3-2-1 Swingのコンポーネントモデル
    • 3-2-2 文字列を貼る
    • 3-2-3 画像を貼る
    • 3-2-4 文字列と画像の位置
  • 3-3[STEP3]メニューを付ける
    • 3-3-1 JFrameにメニューバーを付ける
    • 3-3-2 アイコン付きのメニュー
    • 3-3-3 チェックボックス付きのメニュー
    • 3-3-4 ラジオボタン付きのメニュー
  • 3-4[STEP4]ボタン(JButton)を使用する
    • 3-4-1 単一のボタン
    • 3-4-2 ツールバーを使う

Part4 レイアウトマネージャを使ってみよう!

  • 4-1[STEP1]レイアウトマネージャとは?
    • 4-1-1 レイアウトマネージャの機能
    • 4-1-2 レイアウトマネージャの種類
  • 4-2[STEP2]レイアウトマネージャを使ってコンポーネントを配置する
    • 4-2-1 FlowLayoutを使用してコンポーネントを配置する
    • 4-2-2 BorderLayoutを使用してコンポーネントを
    • 4-2-3 GridLayoutを使用してコンポーネントを配置する
  • 4-3[STEP3]複数のコンポーネントを組み合わせる
    • 4-3-1 複数のコンポーネントを組み合わせたプログラム

Part5 イベント処理を追加しよう!

  • 5-1[STEP1]イベント処理の仕組み
  • 5-2[STEP2]メニューのイベント処理
    • 5-2-1 メニューで発生するイベント
    • 5-2-2 イベントを受け取るリスナ
    • 5-2-3 リスナをコンポーネントと関連付ける
    • 5-2-4 メニュー選択に対する処理を加えたフレーム
    • 5-2-5 無名インナークラスを使用する
  • 5-3[STEP3]ボタンのイベント処理
    • 5-3-1 JButtonで発生するイベント
    • 5-3-2 JButtonにリスナを関連付ける
    • 5-3-3 JButton選択に対する処理を加えたフレーム
    • 5-3-4 複数のコンポーネントを1つのリスナで処理すする
  • 5-4[STEP4]ダイアログボックスを使ってみる
    • 5-4-1 JOptionPaneクラスの利用
    • 5-4-2 メッセージを表示するダイアログボックス
    • 5-4-3 ボタンを選択するダイアログボックス
    • 5-4-4 文字を入力するダイアログボックス
    • 5-4-5 自分でボタンを定義する

Part6 いろいろなコンポーネントを使ってみよう!

  • 6-1[STEP1]テキストコンポーネント
    • 6-1-1 javax.swing.JTextComponentクラス
    • 6-1-2 テキストフィールドを使用する
    • 6-1-3 パスワードフィールドを使用する
    • 6-1-4 テキストエリアを使用する
    • 6-1-5 エディタペインとテキストペイン
  • 6-2[STEP2]チェックボックスと選択リスト
    • 6-2-1 チェックボックスとラジオボタン
    • 6-2-2 リストボックスを使用する
    • 6-2-3 コンボボックスを使用する
  • 6-3[STEP3]スクロールペインとタブペイン
    • 6-3-1 スクロールペインを使用する
    • 6-3-2 タブペインを使用する

Part7 簡単なエディタを作ってみよう!

  • 7-1[STEP1]外観を実装する
    • 7-1-1 テキストエディタの機能を決定する
    • 7-1-2 アプリケーションの基本構成を考える
    • 7-1-3 メニューを作成する
    • 7-1-4 ツールバーを作成する
    • 7-1-5 テキスト編集領域を作成する
    • 7-1-6 クラスSimpleEditor01を作成する
  • 7-2[STEP2]ヘルプメニューの操作に対する処理を実装する
    • 7-2-1 バージョン情報を表示する
  • 7-3[STEP3]ファイルメニューの操作に対する処理を実装する
    • 7-3-1 FileActionListenerクラスを実装する
    • 7-3-2 ファイルへの保存
    • 7-3-3 ファイルからの読み込み
    • 7-3-4 編集領域の新規作成
    • 7-3-5 アプリケーションの終了
    • 7-3-6 リスナの登録
  • 7-4[STEP4]編集メニューの操作に対する処理を実装する
    • 7-4-1 システムクリップボードの使用
    • 7-4-2 リスナの登録
  • 7-5[STEP5]ポップアップメニューを実装する
    • 7-5-1 使用するクラスを探す
    • 7-5-2 コンポーネントの使用方法を調べる
    • 7-5-3 ポップアップメニューを作成する
    • 7-5-4 マウス操作に対するイベント処理
    • 7-5-5 テキストエリア内でのマウス操作に対する処理を実装する
    • 7-5-6 アダプタを使用する
    • 7-5-7 マウスリスナを登録する

付録

  • 付録1 Cygwinのインストール
  • 付録2 Swingパッケージに含まれるコンポーネントクラスの一覧