ぐっと身近に人がわかるシリーズ和田秀樹式 子どもが正しく育つ親の教科書

[表紙]和田秀樹式 子どもが正しく育つ親の教科書

四六判/212ページ

定価(本体1,580円+税)

ISBN 978-4-7741-4726-0

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

少子化によって「失敗は許されない」という脅迫感によって親の子育て不安は大きくなっています。金銭的な保護は充実しつつあっても,若い母親は誰からも子育てのアドバイスが受けられず,一人で悩み自信をなくし,最悪のケースでは虐待を引き起こします。しかし,完璧な子育てはあるのでしょうか? 精神科医で作家の和田秀樹氏は,悩み多いそんなママたちに対し,そんなに不安にならないで「割り切ろう」と提唱します。完全な子育てはないが,安全な子育てはあるということで,子育てに対する考え方や不安からの脱出法,子どもが健全に育つ教育法を説きます。

こんな方におすすめ

  • 子供をもつ親の方々

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

序章 完全な子育てはないが安全な子育てはある!

第1章 いまの「子育て」はどこがむずかしいのか

  • 1-1 核家族がなにをもたらすのか
  • 1-2 兄弟が少ないことによる「経験不足」と失敗が許されない「強迫観念」
  • 1-3 情報過多がなにをもたらすか
  • 1-4 学校のパラダイムの変化
  • 1-5 成功モデルの欠如
  • 1-6 ゲーム,IT時代への対応
  • 1-7 国際化社会の不安
  • 1-8 仲間外れの恐怖
  • 1-9 マスメディアの無責任

第2章 〝少子化〟の本当の問題点……

  • 2-1 「少子化」の最大の弊害は学力低下である
  • 2-2 子どもに手をかけすぎるのは悪いことか
  • 2-3 コミュニケーション能力を求める学校
  • 2-4 子育てで失敗が許されないと悩む親たち
  • 2-5 みずからも「少子化」世代の親たち

第3章 〝核家族化〟信仰を廃して,親を上手に使う

  • 3-1 〝核家族化〟はなにをもたらしたか
  • 3-2 〝核家族〟は理想の家庭か?
  • 3-3 〝核家族〟は進歩的か?
  • 3-4 パラサイトダブルという選択肢を
  • 3-5 親に頼れない人のサバイバル術

第4章 安全な子育てとはなにか

  • 4-1 子育ての目標をどこにおくか?
  • 4-2 統計にもとづいた子育てを
  • 4-3 子どものこころは弱いか?
  • 4-4 子育ての国際標準とは?
  • 4-5 むかしの子育ての成功例から学ぶ
  • 4-6 勉強に向いていない子どもの子育て

第5章 「子育てノイローゼ」から脱出する

  • 5-1 完全主義から脱出する
  • 5-2 人に頼ることに意味がある
  • 5-3 自然な感情は悪くない
  • 5-4 夫をどう利用するか?
  • 5-5 子どもの短所をなくすのではなく,長所を伸ばす
  • 5-6 できることからやる!
  • 5-7 仲間外れをおそれない
  • 5-8 本音のコミュニケーションを
  • 5-9 子どもはそんなに弱くない

第6章 こうすれば子どもは健全に育つ

  • 教育法1 子どもの自然な成長願望や競争心を育む教育を!
  • 教育法2 性格はあとからいくらでも変わる,まずはつけるべき能力を
  • 教育法3 最初から性格の悪い子どもはいない。まずは「自己愛」を満たしてやり,「自分はできるんだ」と信じさせよう!
  • 教育法4 子どもに学校以外の世界や逃げ場を用意し,いくつもの選択肢や競争のベクトルを与える
  • 教育法5 子育てのマニュアルは過信せず,勉強法のマニュアルは上手に利用する
  • 教育法6 子どもに本音を語れる環境を用意し,建前と本音を教える
  • 教育法7 できないと思わせない! できないときの対処法
  • 教育法8 親が先に不安にならない
  • 教育法9 子どもにまともな価値観,将来に役立つ考え方を身につけさせる
  • 教育法10 いじめ,仲間外れなどへの対処法
  • 教育法11 結果をほめて,態度をしかる
  • 教育法12 やる気の処方箋を数多くもつ
  • 教育法13 間違った子育て,正しい子育てなどない。結果重視で柔軟な子育てを!

著者プロフィール

和田秀樹(わだひでき)

精神科医。1960年生まれ。東京大学医学部卒業後,同大学附属病院精神神経科助手,米国カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て,現在に至る。精神分析学,集団精神療法学を専門とし,国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻),一橋大学経済学部非常勤講師として若い世代を指導。

そのほか,「和田秀樹こころと体のクリニック」院長,緑鐡受験指導ゼミナール代表などを務め,心理学や教育問題,老人問題,大学受験など,多方面で活躍している。

主な著書には,「大人のための勉強法」「勉強のできる子のママがしていること」(以上,PHP研究所),「痛快!心理学」(集英社文庫),「心の強い子は母親で決まる」(三笠書房)など多数。

劇映画初監督作品『受験のシンデレラ』でモナコ国際映画祭グランプリ受賞

ホームページ:http://www.hidekiwada.com/

公式ブログ:http://ameblo.jp/wadahideki/