実践 FreeBSDサーバ構築・運用ガイド

[表紙]実践 FreeBSDサーバ構築・運用ガイド

B5変形判/320ページ

定価(本体3,200円+税)

ISBN 978-4-7741-5047-5

ただいま弊社在庫はございません。

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

サーバ用OSとして人気の高いFreeBSD。本書は,FreeBSDによるシステムの構築/運用に関するさまざまなノウハウを紹介する書籍です。8.x-RELEASEだけでなく,最新の9.x-RELEASEにも対応し,高性能,耐障害性,高可用性が求められるシステムにおいて役立つさまざまな機能を中心に解説します。基本的なシステム構築・管理はもちろん,仮想環境の構築,実践的なアップデート/バックアップ手法,高可用性の実現手法など,実運用システムにおいて必須のノウハウが満載です。

こんな方におすすめ

  • FreeBSDに興味がある方
  • FreeBSDを使ってサーバを構築したい方

この書籍に関連する記事があります!

安全・堅牢なサーバを支えるオープンソースOS,FreeBSDの魅力
FreeBSDは,「BSDライセンス」と呼ばれるオープンソースライセンスのもとで公開されているオペレーティングシステム(OS)です。

目次

CHAPTER 1 FreeBSDサーバーの構築

  • 1.1 FreeBSDをインストールする前に
  • 1.2 sysinstallでFreeBSDをインストールする
  • 1.3 bsdinstallでFreeBSDをインストールする

CHAPTER 2 FreeBSDシステム管理の基本

  • 2.1 Ports Collectionの基礎
  • 2.2 ストレージの管理
  • 2.3 ログの管理

CHAPTER 3 ファイルシステム

  • 3.1 UFS
  • 3.2 ZFS
  • 3.3 NFS

CHAPTER 4 Jail環境の構築と運用

  • 4.1 Jailを構築する
  • 4.2 Jailを運用する

CHAPTER 5 アップデート/アップグレードの戦略

  • 5.1 OSのアップデート/アップグレード戦略
  • 5.2 更新を考える上で知っておきたいFreeBSDの知識
  • 5.3 「更新しない」という選択肢

CHAPTER 6 FreeBSDシステムのアップデート/アップグレード

  • 6.1 FreeBSDの更新手順
  • 6.2 必要最小限のアップデートを行う

CHAPTER 7 システムのバックアップ戦略

  • 7.1 バックアップとは
  • 7.2 バックアップスケジューリングとリストア
  • 7.3 バックアップとセキュリティ

CHAPTER 8 FreeBSDシステムのバックアップ

  • 8.1 ファイルシステムのスナップショット機能でバックアップ
  • 8.2 dump(8)/restore(8)を使ったバックアップの基礎

CHAPTER 9 FreeBSDの高可用性技術

  • 9.1 ネットワークインターフェイスの冗長化
  • 9.2 レイヤー3でのサーバー冗長化構成
  • 9.3 ストレージの耐障害性を高める
  • 9.4 UFS2のジャーナリング機能を使う

CHAPTER 10 その他のサーバーメンテナンス

  • 10.1 HTTP通信性能を引き上げる
  • 10.2 CPUを有効に活用する
  • 10.3 ファイルシステムのさらなる活用
  • 10.4 ファイルの保護機構
  • 10.5 トレース機能を使う

CHAPTER 11 FreeBSDにおける仮想化技術

  • 11.1 VirtualBox
  • 11.2 Vimage Jail環境の構築
  • 11.3 Xen
  • 11.4 Amazon EC2
  • 11.5 FreeBSDにおける今後の仮想化技術の可能性

著者プロフィール

佐々木宣文(ささきよしふみ)

ONGS Inc.