伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール

[表紙]伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール

B5変形判/176ページ

定価(本体2,180円+税)

ISBN 978-4-7741-6613-1

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

プレゼン用スライド・広報資料・企画書から,チラシ・ポスターなどまで,さまざまな資料を自分で気軽に作れるようになりました。しかし,なかなか魅力的なデザインにならず苦労することが多いようです。その原因は,デザインの基本ルールを知らないことにあります。本書では,フォントの選び方から文字の配置,図表やグラフ,資料全体のレイアウトや配色まで,押さえておきたい基本ルールを豊富な事例とともに解説します。基本ルールをマスターすれば,WordやPowerPointであっても,読みやすく伝わりやすい,そしてかっこいい資料が作れます!

こんな方におすすめ

  • すべての情報発信者
  • 「自分の作るスライドや企画書,チラシやポスターがなんだかださい。なんとかしたい!」と思っている方
  • 職場で「にわかデザイナー」をやっている方

この書籍に関連する記事があります!

必要なのはセンスじゃなくてルールです
必要なのはセンスじゃなくてルールです

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

第1章 書体と文字の法則

  • 1-1 書体の基本知識
    • 【Column】書体とフォントの予備知識
  • 1-2 個性的な書体は避ける
    • 【Column】書体を使いこなす
  • 1-3 読ませる文章での書体選び
  • 1-4 見せる文章での書体選び
  • 1-5 より美しいフォントを選ぶ
  • 1-6 判読性の高いフォントを選ぶ
    • 【Column】ユニバーサルデザインフォント
  • 1-7 太字と斜体の使い方
  • 1-8 おすすめのフォント
  • 1-9 欧文フォントの使い方
  • 1-10 和文と欧文が混ざる文章
  • 1-11 数字の強調
    • 【Column】合字を使ってさらに美しく
  • 1-12 文字は歪めない,飾りすぎない
    • 【Technic】袋文字で文字を読みやすく
  • チェックポイント

第2章 文章と箇条書きの法則

  • 2-1 文字の配置(文字組)
    • 【Column】禁則処理
  • 2-2 文字の大きさと太さ
  • 2-3 字間の調節
    • 【Column】カーニングで読みやすく
  • 2-4 行間の調節
  • 2-5 行頭を左揃えにする
    • 【Column】欧文での両端揃え
    • 【Column】和文中での数字や英単語
  • 2-6 箇条書きの作り方
    • 【Technic】箇条書きを作ってみる
  • 2-7 小見出しのデザイン
  • 2-8 改行位置に注意を払う
  • 2-9 インデントは本当に必要!?
  • 2-10 1行を長くしすぎない
    • 【Column】カッコと記号の使い方
  • チェックポイント

第3章 図形と図表の法則

  • 3-1 「囲み」を使いこなす
  • 3-2 角丸四角は慎重に
    • 【Technic】角丸四角の丸みの修正と統一
  • 3-3 オブジェクトの装飾
  • 3-4 矢印の使い方
    • 【Column】既存のオブジェクトの活用法
  • 3-5 囲みと文字の組み合わせ方
    • 【Technic】余白の作り方
  • 3-6 フローチャートと図解
  • 3-7 図に説明を入れる
  • 3-8 グラフの作り方
  • 3-9 応用的なグラフ
  • 3-10 表の作り方
    • 【Technic】セルの中に余白を作る
  • チェックポイント

第4章 レイアウトと配色の法則

  • 4-0 レイアウトの目的と5つの法則
  • 4-1 法則1 余白を十分にとる
  • 4-2 法則2 揃えて配置する
    • 【Technic】要素を揃える
    • 【Column】輪郭のはっきりしない図を揃える
  • 4-3 法則3 グループ化する
    • 【Column】キャプションを美しく入れる
  • 4-4 法則4 強弱をつける
    • 【Column】ジャンプ率を高めて強弱をつける
    • 【Column】過度の強調は強弱をなくす
  • 4-5 法則5 繰り返す
  • 4-6 情報の構造に即したレイアウト
  • 4-7 視線の流れを意識したレイアウト
  • 4-8 写真や図の扱い方
  • 4-9 囲みすぎない,丸めすぎない
    • 【Column】アイキャッチャーで魅力もプラス
    • 【Technic】既存のテキストボックスはそのまま使わない
  • 4-10 配色の基本
  • 4-11 色の選び方の基本
  • 4-12 文字色と背景色の組み合わせ
  • 4-13 色の決め方
    • 【Column】灰色の文字で可読性アップ
  • 4-14 色覚バリアフリー
    • 【Technic】色の組み合わせの評価の方法
  • チェックポイント

第5章 実践

  • 5-0 ルールを守り通す
  • 5-1 プレゼン用のスライド
  • 5-2 企画書や大判の発表資料
    • 【Column】背景に写真を入れるときは慎重に
  • 5-3 文章がメインの書類
    • 【Column】表紙のバランス
  • 5-4 掲示物やチラシ
    • 【Column】印刷会社で印刷する
    • 【Column】カラーモード

著者プロフィール

高橋佑磨(たかはしゆうま)

1983年,東京都武蔵野市生まれ。2010年,筑波大学大学院生命環境科学研究科修了,博士(理学)。現在は,東北大学学際科学フロンティア研究所 助教。専門は進化生態学で,身近にいるイトトンボや植物を材料に,種内に存在する多様性の進化や機能を研究。研究発表の資料作成に必要なデザインのノウハウを普及することを目的にウェブページ「伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン」を運営。


片山なつ(かたやまなつ)

1983年,京都府宮津市生まれ。筑波大学(学部)と東京大学(修士課程)を経て,2012年,金沢大学自然科学研究科生命科学専攻修了,博士(理学)。現在,日本学術振興会特別研究員(PD)。日本女子大学理学部にて,奇妙な形態をもつ水生植物を対象に,進化の遺伝的機構を研究。2010年より「伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン」の運営を始める。