知りたい!サイエンス イラストレーテッドシリーズ人類が火星に移住する日
--夢が現実に!有人宇宙飛行とテラフォーミング--

[表紙]人類が火星に移住する日 --夢が現実に!有人宇宙飛行とテラフォーミング--

四六判/288ページ

定価(本体1,980円+税)

ISBN 978-4-7741-7315-3

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

火星に着陸して活躍し続ける探査機キュリオシティ。それから送られる画像は地球の砂漠のようだ。どんどん進む調査につれ,火星に生命の痕跡があったとしても,もはや不思議ではない。本書は,キュリオシティから送られる写真やデータを紹介し,分かってきた火星の様子や基本情報をビュアルで解説する。また今後検討が本格化する,火星の有効利用について,深く掘り下げる。火星改造やテラフォーミングはもはやSFではない。そんな火星への科学の挑戦やロマンを浮き彫りにする。

こんな方におすすめ

  • 宇宙開発に興味のある方
  • 天文に興味のある方
著者プロフィール

矢沢潔(やざわきよし)

矢沢サイエンスオフィス。
科学雑誌編集長などを経て1982年より科学情報グループ矢沢サイエンスオフィス(㈱矢沢事務所)代表。内外の科学者・研究者,科学ジャーナリスト,編集者などをネットワーク化し30年あまりにわたり自然科学,医学(人間と動物),核エネルギー,経済学,科学哲学などに関する情報執筆活動を続ける。物理学者ロジャー・ペンローズ,アポロ計画当時のNASA長官トーマス・ペイン,SF作家ロバート・フォワードなど海外著名人を講演のため日本に招いたり,「テラフォーミング研究会」を主宰して「テラフォーミング・レポート」を発行したことも。編著書100冊前後(記憶不確か)。本書では全体の構成のほか主要記事を執筆した。

金子隆一(かねこりゅういち)

矢沢サイエンスオフィス。
生物学・進化論・古生物学・天文学・物理学・医学など科学全般にくわしく,一般向け科学出版物,テレビなどで活躍。北米,ヨーロッパ,中国,南アフリカなどを頻繁に現地取材。著書(含共著)に『図解クローン・テクノロジー』(同文書院),『哺乳類型爬虫類』(朝日新聞社),『軌道エレベーター・宇宙へ架ける橋』(早川書房,文庫版),『大量絶滅がもたらす進化』(ソフトバンククリエイティブ),『アナザー人類興亡史』(技術評論社)など数十冊。2013年死去。

新海裕美子(しんかいゆみこ)

矢沢サイエンスオフィス。
東北大学大学院理学研究科(放射化学)修了。1990年より矢沢サイエンスオフィス・スタッフ。科学の全分野とりわけ医学関連の調査・執筆・翻訳のほか各記事の科学的誤謬をチェック。近著(共著)に『正しく知る放射能』『よくわかる再生可能エネルギー』『放射線・放射能の問題』(学研マーケティング),『薬は体に何をするか』『ノーベル賞の科学』(技術評論社),『始まりの科学』(ソフトバンククリエイティブ),『これ一冊でiPS細胞のすべてがわかる』(青春出版社)など。

竹内薫(たけうちかおる)

1960年東京生まれ。サイエンス作家。東京大学教養学部教養学科(科学史科学哲学),理学部物理学科卒。マギル大学大学院博士課程修了(高エネルギー物理学専攻)。科学書の執筆のほか,日本で唯一の本格科学番組「サイエンスZERO」(NHK Eテレ)の司会,「ひるおび!」(TBS系)のコメンテーターなど,お茶の間にも科学の楽しさを発信。近著に『屋根から猫が降ってくる確率』(実業之日本社),『素数はなぜ人を惹きつけるのか』(朝日新書)など多数がある。

目次

巻頭・火星最新報告

  • 探査機キュリオシティーの火星探査活動
  • 人類が火星に到達する日
  • 竹内薫のPoint of View.1
    • そもそもなぜ宇宙探査をするのか?

第1部 火星有人飛行の計画と課題
パート1 火星はどんな惑星か

  • 1.もっとも新しい火星接近マップ
  • 2.火星生命の存在の可能性
  • 3.南極で見つかった火星の隕石
  • 竹内薫のPoint of View.2
    • 火星は誰のものか…宇宙法のお話

パート2 宇宙輸送システム

  • 1.化学ロケットで火星有人飛行は可能か?
  • 2.火星に向かう“宇宙の道”
  • 3.2018年に飛び立つ巨大ロケット「SLS」
  • 竹内薫のPoint of View.3
    • 火星への旅はヒッチハイクで?
  • 竹内薫のPoint of View.4
    • 誰が火星への第一歩を記すのか?
    • …アポロ11号を振り返る
  • 4.火星に“39日”で到達するヴァシミールロケット
  • 5.宇宙推進の主役となる原子力ロケットの開発
  • 6.文明の未来と核融合ロケット
  • 竹内薫のPoint of View.5
    • なぜ人類は冒険したがるのか?

パート3 人間は火星環境にどこまで適応できるか

  • 1.火星有人飛行と宇宙放射線被曝
  • 2.宇宙放射線被曝を最小化する画期的な方法
  • 3.無重力環境下での長期生活
  • 4.無重力空間で植物は育つか
  • 竹内薫のPoint of View.6
    • JAXAってどんなところ?

第2部 火星テラフォーミングと“第2の地球”
パート4 火星テラフォーミングへのプロローグ

  • 1.生命の存在を許すハビタブルゾーン
  • 2.始まりは金星テラフォーミング
  • 3.カール・セーガンの火星の「長い冬モデル」
  • 竹内薫のPoint of View.7
    • 火星人の進化

パート5 火星の“修復”計画

  • 1.人類はなぜ火星をテラフォーミングするのか?
  • 2.火星を温暖化させる3つの手法

パート6 惑星工学で実現する急速テラフォーミング

  • 1.50年で火星を“第2の地球”にする
  • 2.“急速テラフォーミング”の3要件
  • 3.火星のレゴリスを気化させて大気をつくる
  • 4.レゴリスが融けた火星
  • 竹内薫のPoint of View.8
    • 星ではゴミを出さないようにしよう
    • …宇宙のゴミのお話

パート7 人類の火星改造の能力

  • 1.地球環境から類推する火星テラフォーミング
  • 2.人類が操作する物質とエネルギーのスケール
  • 3.火星に“暴走温室効果”を生み出す2つの手法
  • 4.非現実から現実的なシナリオへ
  • 竹内薫のPoint of View.9
    • 火星に行く方法
    • …宇宙エレベーターのお話

パート8 パラテラフォーミングと「ワールドハウス」

  • 1.すぐに居住可能になるパラテラフォーミング
  • 2.ワールドハウスのつくり方

著者プロフィール

矢沢潔(やざわきよし)

1970年代に科学雑誌Cosmo創刊編集長を経て1982年より科学情報グループ「矢沢サイエンスオフィス((株)矢沢事務所)」主宰。内外の科学者・研究者,科学ジャーナリスト,編集者,翻訳者などのネットワークをつくり,アメリカ,ヨーロッパの取材を行いながら自然科学,エネルギー技術,医学,未来文明論,科学哲学,テラフォーミング等に関する情報執筆活動を続ける。「最新科学論シリーズ」37冊(学研),世界の第一線科学者へのインタビュー集『知の巨人』(学研),『ニューサイエンティスト群像』(勁草書房)などの一般科学書のほか,『ビームディフェンス』(時事通信社),『巨大プロジェクト』『B1戦略爆撃機』(談講社),『経済学のすべてがわかる本』(学研),『薬は体に何をするか』『地球温暖化は本当か?』『原子力ルネサンス』(技術評論社),『日本人の精子力』(学研),『始まりの科学』(ソフトバンククリエイティブ)などの編著書を送り出してきた。がん医学書や動物医学書,科学図鑑も多い。


竹内薫(たけうちかおる)

1960年東京生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。マギル大学大学院博士課程修了(専攻:高エネルギー物理学)。Ph.D.。科学作家として物理書・数学書を執筆するかたわら,FMラジオ「JAM THE WORLD」(J-WAVE)の金曜ナビゲーター,「たけしのコマ大数学科」(フジテレビ系)の解説など,難解な科学の概念を一般向けに易しく面白く解説することで定評がある。猫好きで知られ,ヨガ教師の妻と横浜に在住。近著に『ゼロから学ぶ超ひも理論』(講談社サイエンティフィク),『宇宙の向こう側』(横山順一との共著,青土社)がある。