Illustrator+無料アプリでここまでできる! クリエーターのための[超速]地図デザイン術

[表紙]Illustrator+無料アプリでここまでできる! クリエーターのための[超速]地図デザイン術

B5変形判/192ページ

定価(本体2,580円+税)

ISBN 978-4-297-10604-1

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

ベテランのデザイナーやイラストレーターにとっても地図デザインはやっかいな仕事です。資料価値を高め,購入者にアピールできる作業ですが,詳細に作り込めば時間がかかる反面,予算は限られていることが多いです。昨今は,地図アプリやGIS(地理情報システム)を使えば便利だという話を聞いてはいるものの,調べている余裕もなく,結局はいつものように一からIllustratorで作成しているのではないでしょうか。
そこで本書では,パブリックドメインになっている各種地図データの扱い方,加工できる無料ツール,さらに仕上げにIllustratorを使った地図デザインの方法を解説します。本書のとおりに作成すれば,「地形入りのタウンマップ」「遠近感のある地形図」「正確な市区町村図」「正確な鉄道路線図」「世界の陰影地形図」などが簡単に作ることができます。

こんな方におすすめ

  • 「旅行」「歴史」「グルメ」「お店紹介」などの書籍/雑誌で,地図画像をIllustratorのみでトレースして作成するデザイナー,イラストレーター

原田鎮郎(はらだしずお)

イラストレータ。地図作成歴15 年。さまざまな地図アプリを比較して実務で活用している。東京大学在学中に学者・マンガ家の両立を夢想するが挫折し,現実逃避生活を経て現職。難解な科学知識をわかりやすく図解することに情熱を燃やす。

株式会社ウエイド(かぶしきがいしゃウエイド)

ホームページ:http://www.wade-japan.com/
手描きの時代に建築図面専門のトレース会社としてスタートし,建築出版界で名を馳せたデザイン会社ファクトリー・ウォーターから独立したメンバーが2012 年に設立。その来歴を活かし,わかりやすく魅力的な図解・イラストと,効果性と現場の効率を両立する装丁・誌面デザインで,常に読者の喜びを高める本作りに力を注ぐ制作会社である。

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

Chapter 1 利用するソフトウェアの準備と地図データ利用のための利用者登録

  •  1 「基盤地図ビューア」と「基盤地図標高変換」の準備
  •  2 「ジオ地蔵」の準備
  •  3 「QGIS」の準備
  •  4 「基盤地図情報ダウンロードサービス」の利用者登録

Chapter 2 トレース作業なしで地図を作成する【基盤地図ビューア】

  •  Step1 地図データをダウンロードする
  •  Step2 基盤地図ビューアで書き出す
  •  Step3 Illustratorに読み込む
  •  Step4 地図要素をレイヤーに分配する
  •  Step5 地色をオレンジ系,道を白にする
  •  Step6 JRの線路を表現する
  •  Step7 歩道の色,線幅を設定する
  •  Step8 建物を選んでコピーし,色を設定する
  •  Step9 主要施設の文字を入れる
  •  Step10 路線名・通り名を入れる
  •  Step11 紹介ポイントを作成する
  •  Step12 見出しを作り,出所を明示する
  •  応用① 大規模な公園の案内図を作成する
  •  応用② 文庫本用のモノクロ地図を作成する

Chapter 3 地形入りタウンマップを作成する【基盤地図ビューア】

  •  Step1 地図データをダウンロードする
  •  Step2 標高データを変換する
  •  Step3 基盤地図ビューアにデータを読み込む
  •  Step4 表示設定を変更する
  •  Step5 PDFに書き出す
  •  Step6 Illustratorで読み込む
  •  Step7 道などのアピアランスを調整する
  •  Step8 文字やポイントを加えて仕上げる
  •  応用① 城址公園の地図を作成する
  •  応用② 渋谷周辺の地形図を作成する

Chapter 4 遠近感のある地形図を作成する【ジオ地蔵】

  •  Step1 地形データをダウンロードする
  •  Step2 標高データを変換する
  •  Step3 標高データを読み込む
  •  Step4 作成する範囲を決める
  •  Step5 色分け設定をする
  •  Step6 Photoshopで河川部分を着色する
  •  Step7 Illustratorに読み込んでトリミングを検討する
  •  Step8 Illustrator上で整える
  •  応用① 高尾山の鳥瞰図を作成する
  •  応用② ジオ地蔵の展望図機能を使う

Chapter 5 さまざまな図法の世界地図を作成する【QGIS】

  •  Step1 Natural Earth地図データをダウンロードする
  •  Step2 データをQGISに読み込んで,「塗り」と「線」を設定する
  •  Step3 国境を作成する
  •  Step4 緯度経度,赤道などの地理学的な線を作成する
  •  Step5 海の色を作成する
  •  Step6 モルワイデ図法に変換する
  •  Step7 PDFに書き出してIllustratorに読み込む
  •  応用① 図法・色分けを変える
  •  応用② カスタム投影法で太平洋中心の地図を作成する

Chapter 6 正確な市区町村図を作成する【QGIS】

  •  Step1 地形データをダウンロードする
  •  Step2 QGISにデータを読み込む
  •  Step3 表示を絞り込む
  •  Step4 塗り分けを設定する
  •  Step5 市区町村名を表示する
  •  Step6 PDFに書き出す
  •  Step7 Illustratorで読み込み調整する
  •  Step8 文字を並べ直す
  •  Step9 タイトルを入れて仕上げる
  •  応用① Natural Earthのデータで都道府県地図を作成する
  •  応用② 市区町村を合体して都道府県地図を作る

Chapter 7 鉄道路線図を簡単に作成する【QGIS】

  •  Step1 日本の鉄道路線データをダウンロードする
  •  Step2 QGISにデータを読み込む
  •  Step3 路線を色分けする
  •  Step4 駅のシンボルを設定する
  •  Step5 路線名・駅名を表示する
  •  Step6 PDFに書き出す
  •  Step7 Illustratorで調整する
  •  Step8 文字を並べ直して完成
  •  応用① 首都圏のJR路線図を作成する
  •  応用② 静岡県の道の駅マップを作成する

Chapter 8 世界の陰影地形図を作成する【QGIS】

  •  Step1 地形データをダウンロードする
  •  Step2 QGISにデータを読み込む
  •  Step3 標高による色分けを設定する
  •  Step4 色分けされていない場所を確認しておく
  •  Step5 ETOPO1のデータに投影法設定を割り当てる
  •  Step6 ETOPO1のデータから陸地のみの標高データを切り出す
  •  Step7 陸地のレイヤーに着色する
  •  Step8 陰影のレイヤーを作成する
  •  Step9 湖のレイヤーを作成する
  •  Step10 PDFに書き出す
  •  Step11 Photoshopで余白を消去する
  •  Step12 Illustratorの新規ファイルに配置する
  •  Step13 経緯線を描く
  •  Step14 プレート境界,文字を入れて完成
  •  応用① 楕円形の陰影世界地図を作成する
  •  応用② 国別に塗り分けられた世界地図を作成する

Appendix 地図データの利用条件(刊行物に使用する場合)