[改訂3版]Zabbix統合監視実践入門 ―障害通知,傾向分析,可視化による省力運用

サポートページ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

お詫びと訂正(正誤表)

本書の以下の部分に誤りがありました。ここに訂正するとともに,ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

(2019年12月11日最終更新)

P.53 「概要画面」の2段落2行目

左上の[ホストの位置]ドロップダウンリスト
右上の[ホストの位置]ドロップダウンリスト

(以下2019年11月13日更新)

P.512


logrt[file_format,<regexp>,<encoding>,<maxlines>,<mode>,<outout>,<options>]


logrt[file_format,<regexp>,<encoding>,<maxlines>,<mode>,<output>,<maxdelay>,<options>]

(以下2019年9月19日更新)

P.149

copyruncate形式のログローテーション
copytruncate形式のログローテーション

(以下2019年7月23日更新)

P.93 表4.3-11  eth0ネットワークのIN側トラフィック(bps)を収集

項目設定値
名前Incoming traffic on interface eth0
キーnet.if.in[eth0,bytes]
データ型数値( 浮動小数)
単位bps
乗数を使用8
保存時の計算差分/時間

項目設定値
名前Incoming traffic on interface eth0
キーnet.if.in[eth0,bytes]
データ型数値( 浮動小数)
単位bps
保存前処理乗数:8
1秒あたりの差分