新春特別企画

主戦場はWebへ――3年目に向けた電子出版ビジネス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2011年振り返り

あけましておめでとうございます。技術評論社の馮です。2012年を迎えました。昨年の日本は,3月の東日本大震災という大きな,そしてとても悲しい出来事を経験しました。そこで,改めて物質的な価値,それに対するデジタル化,インターネットの重要性について考えさせられる一年でもありました。

電子出版に関しては,2010年を元年と捉えると昨年が2年目で,過去何度かあった「電子出版の元年」と比較して,(比較的)前に進んだ2年目だったのではないかと思います。

具体的には,2010年後半から始まったさまざまな電子書籍販売サイトにコンテンツが集まりはじめたり,また,iPhone/iPad向けにストア型アプリによるコンテンツ配信が増えました。

一方で,昨年書いた2011年の電子出版ビジネスはどうなる?で書いた,GoogleやAmazonの動きについては,日本国内では大きな進展はありませんでした。それでも海外では,Amazonが専用端末Kindle Fireを発売したり,また,そのAmazonの端末以上の出荷台数(米IDC調べ2011年第1四半期)となったBurnes & NobleのNOOKが新バージョンを発表するなど,専用端末の動きが活発になっています。

専用端末に関して,日本で大きなニュースとなったのが2011年11月の楽天株式会社によるカナダKoboの買収です。楽天はすでにパナソニックの専用端末UT-PB1に関して,楽天Rabooの提供を開始しているなど,電子出版事業に向けて積極的な動きを見せています。その他,SONYも10月にSONY Readerの新バージョンを発表し,とくに自炊ユーザに好評のようです。

ただポジティブなニュースだけではなく,2010年鳴り物入りで登場したシャープGALAPGOSの初代2機種の販売終了のニュースが発表されました。このように,日本国内の専用端末を取り巻く状況はまだまだ不安定です。また,このニュースの直後には,株式会社TSUTAYA GALAPAGOSのシャープ子会社化が発表されるなど,国内の事業者間での電子出版ビジネスは混沌としている状況と言えます。

HTML5が広げたWebの表現力,そしてEPUB3

さて,結局のところ,ここ日本では「電子出版2年目」は,おそらく皆さんが想像したような市場拡大には至らなかったと言えます。少なくとも私自身はまったく市場が作れなかったと感じています。その要因はコンテンツ不足であることは否めません。

その中で,1つの方向性が見えてきているのも事実です。それは「Webを利用したコンテンツ展開」です。2011年5月にW3CからHTML5の最終草案が発表され,ブラウザ各社はこぞってHTML5への対応を表明し,推進しています。昨年まで突出したブラウザシェアを獲得していたMicrosoftもIE(Internet Explorer)6の撤廃,そしてIE9,IE10での積極的なHTML5対応を謳うなど,この流れはますます勢いがついています。

この要因の1つは,スマートフォン/スマートタブレットの普及が挙げられるでしょう。コンテンツ提供者にとっては,HTML5を利用することで,マルチデバイス対応がしやすくなるからです。

前段が長くなりましたが,こうした背景の中,電子出版におけるコンテンツも,HTML5をベースに,CSS3によるレイアウト,それらをパッケージ化したEPUB3という流れが生まれてきています。この点は,前出の昨年の記事に書いた流れになっていると言えます。私たち技術評論社でも,この流れを見据えた電子出版サービスの開発を行い,2011年8月29日に「Gihyo Digital Publishing」をリリースしました。

Gihyo Digital Publishing(GDP) 
http://gihyo.jp/dp

Webへのシフトは私たちだけではなく,たとえば,米最大手の1つ,Amazonは次期電子コンテンツフォーマットKindle Format 8でHTML5のサポートを表明していますし,日本国内の大手電子出版事業者ボイジャーがBooks in Browserを発表し,独自フォーマットからWebへのシフトを発表しています。

その他,昨年の記事でも紹介した株式会社paperboy&co.のパブーEPUBとPDFによるコンテンツ販売を行う達人出版会なども,HTMLあるいはEPUBによるコンテンツを拡充してきています。

このように,2012年の電子出版市場の主戦場は「Web」になると予想できます。そうなると,コンテンツを提供する出版社は,これまでの紙に向けた編集やグラフィックデザインに加えて,Webデザイン,(Webによる)情報設計という考え方が求められていきます。また,それに適合したワークフローの整備も必要となるでしょう。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入