新春特別企画

コンテンツの数と発売タイミングが大切になる1年――電子書籍と電子出版ビジネスの2013年→2014年

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

増えてきた電子書籍,電子書店,電子書籍リーダー

あけましておめでとうございます。技術評論社の馮です。2014年を迎えました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2010年のiPad登場が何度目かの電子出版元年と言われ,2011,2012年と電子書籍に関する専用端末やフォーマット,電子書店が登場し,2013年を迎えました。この3年と比較して,電子出版ビジネスが少し動いたと感じられたのが2013年です。今回は2013年1年を振り返りながら,今年,そしてその先の電子出版と電子書籍の展望について考察してみます。

大手書店が揃い,次は出版社の動きへつながった1年

昨年の正月企画EPUB3の普及と専用端末へのアプローチ――電子出版業界,2012年の振り返りと2013年の展望でも紹介しましたが,2012~2013年の間に,ここ日本でも主な大手電子書店がオープンしました。2013年前半には,ほぼ大手が出揃ったと言って良いでしょう。

EPUB(EPUB3)対応が進み,コンテンツ数増加が期待できる

これに伴い,各出版社から提供される電子書籍数が増えています。とくに注目したいのがEPUB(EPUB3)への対応です。

リリース当初からEPUB3対応をしていた楽天Koboに続き,Google PlayブックスでもEPUB3対応が,そして,Apple iBooksやAmazon KindleでもEPUB3をベースとしたフォーマットでの配信を行っています。

日本の電子書店に関しては,一昨年まではXMDFや.bookといったいわゆるガラケー向けに提供されていたフォーマットが中心だったのが,2012年に対応した紀伊國屋書店が提供する電子書籍アプリ「Kinoppy」に続いて,トゥ・ディファクトが運営する電子書籍サービス用アプリ「honto」でのEPUB3対応も発表され,ほとんどの書店がフォーマットとしてEPUB(EPUB3)を採用することになりました。

この動きは,電子書籍を刊行する出版社から見れば嬉しい動きの1つで,今まで以上に多くの書店への電子書籍配信がしやすくなったと言えます。

既存サービスでの電子書籍展開も

2013年は電子書店が整備されたことに加えて,既存のサービス上での電子書籍展開という動きが見えた年でもあります。その1つが,LINEで読める「LINEマンガ」です。

LINEマンガ

LINEマンガ

LINEは,全世界で3億人,日本で5,000万人のユーザ数を抱える多機能メッセージングツールで,そのユーザに向けて展開しているのがLINEマンガになります。アプリとしては別のものになりますが,すでにいるユーザに向けてコンテンツをプッシュ(プロモーション・配信)できるというのは,従来の電子書店からの配信とは違って,読者に直接アプローチしやすい利点があるのが特徴です。

後述する,日本におけるスマートフォンの浸透とマンガ文化が組み合わさることで,今後さらに読者数を獲得していくのではないかと,筆者は予想します。

リアル書店との連動も見え始めた年

その他,2013年はリアル書店と電子書籍の連動を行うケースが見られ始めました。

たとえば,hontoでは,系列の書店グループで紙の書籍購入者に,電子書籍専用クーポンの配布を行うキャンペーンを実施するなど,紙から電子書籍への導線づくりに取り組んでいます。

それをさらに進めた形と言えるのが,文教堂グループホールディングスが発表した,紙の雑誌を購入すると同じ雑誌の電子版を無料で提供する空飛ぶ本棚 sky storage serviceです。この他,2013年12月には,三省堂とBookLiveが共同で発表したヨミCam(ヨミカム)では,今年3月から,スマートフォン向けのARアプリを利用して,リアル書店にある書籍(に付与したマーカー)を通じて,情報提供や購入が行えるサービスが発表されました。

これらの動きについては,実際どうなったのかをぜひ来年振り返ってみたいと思います。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入