新春特別企画

EPUB3の普及と専用端末へのアプローチ――電子出版業界,2012年の振り返りと2013年の展望

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2012年の振り返り

あけましておめでとうございます。技術評論社の馮です。2013年を迎えました。昨年の日本は,復興支援に向けて引き続き取り組みが行われ,また年末には3年半ぶりに政権が交代するなど,変化の進む1年だったと思います。IT/Web業界に関しては,iPhoneやAndroid端末を中心としたスマートフォンの普及が加速し,さらに年末からはタブレット端末の登場にも注目が集まりました。

それではまずはじめに,2012年の日本の電子出版業界を振り返ってみましょう。

風穴を開けた楽天Koboの登場

2012年7月,最初の大物,楽天Koboが登場しました。2010年,2011年,来るぞ来るぞと言われていた海外のプラットフォーマーに先駆け,⁠海外企業の買収ではあるものの)国産企業の楽天が新たな電子出版サービスを始めました

ここで注目されたのは,専用端末の発売,そして,EPUB3への対応です。これまで,日本の電子書店の多くは,XMDFや.bookなど,日本のフォーマットに対応するものがほとんどでした。また,2010年ごろから普及し始めたiPhone/iPad向けの電子出版コンテンツでは,PDFなどを活用した独自アプリ形式となっているものが多い状況でした。その中で,楽天Koboは,EPUB3のみでの販売に踏み切ったのです。私は,楽天Koboの登場が,日本の電子出版市場,とくに出版社に対してEPUB3への舵切りに向けて大きな影響を与えたと考えています。

Google Playブックス,Amazon Kindleストアなど海外のビッグプレイヤーがついに上陸

続いて,9月にはGoogleが展開する電子出版サービス,Google Playブックスがサービスインしました。これはもともと,Google eBookstoreという名称で「書籍」に特化したサービスの予定でしたが,その後のGoogleの戦略変更により,電子コンテンツ提供サービス「Google Play」内において,⁠書籍」カテゴリとしてスタートしています。

発表に関しては,7インチタブレット「Nexus 7」の発売を前面に押し出し,その中のサービスの1つという見せ方で紹介されたのが印象的です。このとき,Google会長Eric Schmidt氏が来日したことからもわかるとおり,日本向けのモバイル展開について注力していることがうかがえました。

翌10月には,すでにECとして一大勢力となり,書籍販売数も年々拡大しているAmazonの電子書店Amazon Kindleストアがオープンしました。Kindleについては,すでにアメリカでの実績もあり,専用端末に関しては日本向けにも展開するなど,多くのユーザが待ちわびていたと思います。この他,個人でも電子出版が行えるKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)の発表もKindleストアならではの特徴でした。

発表にあたっては,楽天Kobo,Google Playブックスと同じく,専用端末として「Kindle Paperwhite」⁠Kindle Fire」⁠Kindle Fire HD」を発表(発売は発表よりも後に)し,コンテンツ+専用端末という戦略を取りました。

パブーや達人出版会などの新興勢力,出版社主導の電子出版ブランド展開も

ここで日本の電子出版サービスに目を向けてみると,昨年の主戦場はWebへ――3年目に向けた電子出版ビジネスでも紹介した株式会社paperboy&co.のパブーEPUBとPDFによるコンテンツ販売を行う達人出版会などは,積極的な展開を行っていました。

パブーは,これまでの路線を踏襲しながらも,楽天KoboやKindleストアへの配信提携をするなど,販路の拡充を行い,また,達人出版会は既存のIT系出版社のコンテンツを,試験的に販売開始するなど,それぞれの独自性を強化したように思います。

この他,インプレスR&Dからは同社の電子出版ブランド「Next Publishing」がスタートするなど,IT系出版社からの電子出版へのアプローチが登場してきた1年でもありました。

電子書店はリアル店舗との連動を意識

日本の電子書店を見てみると,海外サービスや新規サービスと比較して,関係企業・協力企業である取次や書店と連携したものが多く見られました。まず,大日本印刷が展開するhontoでは,同社のグループであるCHIホールディングスと協力して,丸善書店などのリアル店舗とも連携したポイントサービスをスタートしています。とくに書店で専用のポイントカードの配布をしているので,今後の布石として,リアル店舗での購入からの展開,それによる出版社との連携強化を意識したものと言えるでしょう。

また,ビットウェイが展開する電子書店BookLive!は,専用端末「BookLive!Reader Lideo」を発表し,端末自体の三省堂書店での店頭発売の他,店頭での電子出版コンテンツ販売サービスを行うなど,リアル書店へ足を運ぶ読者を狙った展開をしているのが特徴的です。

日本でもEPUB3対応への動きが加速

冒頭で,EPUB3への舵切りについて話をしましたが,日本の電子出版サービスもほぼ同時期に多くの電子書店・電子出版サービスでEPUB3対応の強化を発表しています。

まず,春先にSONY Readerが,7月には紀伊國屋書店の電子書籍アプリ「Kinoppy」がEPUB3対応を発表するなど,国内でのEPUB3対応への動きが加速しました。こうした動きの背景には,これまで扱われていたXMDFや.bookからEPUB3への変換を一括で行う技術や体制が整備されてきたという要因が挙げられます。その結果,文芸(読み物)やコミックなど,すでに日本独自の形で普及していた電子出版コンテンツは,他のジャンルのコンテンツに先駆けて電子化が進んでいる状況です。

ただし,EPUB3で完全に一本化できるかというと,各プラットフォームや電子書店ごとに多少異なる仕様を採用していたり,また,既存のXMDFや.book,あるいは紙の書籍で使われるDTPツールInDesignからの変換においては,完全にEPUB3に変換しきれないケースがあるため課題はあります。それでも,2012年は電子出版コンテンツのフォーマットの本流として,⁠EPUB3」が定着した1年だったと言えるでしょう。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入