ActionScript 3.0はじめの一歩

第1回 ムービークリップのコントロールとイベント処理

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

技術評論社より好評発売中の「速習Webデザイン ActionScript 3.0」をテキストに,ActionScript 3.0の基本がわかる充実の2日間「林 拓也のプログラミング未経験者向けActionScript 3.0入門講座」を開催いたします。詳細はこちらでご確認ください。

ActionScript 3.0を始める準備

ActionScript 3.0のプログラミングを始める前に,準備として次の項目を確認しておきます。

  • Flashファイル(flaファイル)の選択
  • アクションパネルの使い方
  • スクリプトの記述場所

Flash CS3ではFlashファイル(flaファイル)にいくつかの種類があり,新規に作成する際に指定します。

図1 新規ドキュメントダイアログ

図1 新規ドキュメントダイアログ

今回の連載では「Flashファイル(AS3.0)」を使います。なおActionScript 3.0を使った場合実行環境はFlash Player 9以降に限られます。

アクションパネルはスクリプトを記述するためのパネルで,[ウィンドウ][アクション]で開きます。アクションパネルには「スクリプトアシスト」という入門者向けのモードがあります。

図2 アクションパネル スクリプトアシスト切り替えボタン

図2 アクションパネル スクリプトアシスト切り替えボタン

しかしこのモードは入門者向けの機能にもかかわらず,ある程度ActionScript 3.0の言語体系を理解していないと使えないというやや本末転倒な機能です。本連載ではこのモードを使わず直接入力をしていきます。

スクリプトの記述場所は,メインタイムラインかムービークリップシンボルのタイムラインのキーフレームになります。ActionScript 2.0以前の経験のある方は,ボタンインスタンスやムービークリップインスタンスにスクリプトを記述したことがあるかと思いますが,ActionScript 3.0ではインスタンスにスクリプトを記述することができなくなっています。

スクリプトを設定したいキーフレームを選択した状態でアクションパネルを開きスクリプトを記述すると,キーフレームにスクリプトを設定できます。

キーフレームに入力したスクリプトは「フレームアクション」といいます。フレームアクションが設定されたキーフレームには「a」マークが表示されます。

図3 フレームアクションが設定させたキーフレーム

図3 フレームアクションが設定させたキーフレーム

著者プロフィール

林拓也(ハヤシタクヤ)

Flash・Director オーサリングエンジニア,アドビ認定インストラクター,ロクナナワークショップ講師。

各種Webコンテンツ制作や,少人数ハンズオントレーニングから大規模なセミナー講師など幅広く活躍中。各種学校のカリキュラム・教材制作をはじめ,ActionScriptに関する書籍も多数執筆。

URLhttp://67.org/ws/instructor/hayashi.html

著書

ActionScript 3.0の基本がわかる,充実の2日間
林 拓也のプログラミング未経験者向けActionScript 3.0入門講座

■概要

新刊「 速習Webデザイン ActionScript 3.0」をプレゼント!!

Flashの学校 ロクナナワークショップによる,プログラミング未経験の方や初心者の方を対象にしたActionScript 3.0の入門講座が,林 拓也氏を講師に迎え開催されます。

しばしば「難しい」と言われるActionScript 3.0ですが,重要ポイントを理解して正しく攻略すれば,グッと難易度を下げることができます。本講座では,シンプルなサンプルを使って基本事項から学習するため,プログラミング未経験者の方や初心者の方には最適の内容です。
プログラミングなんて絶対無理!っと思っている方,ぜひご参加ください。

■詳細情報
【日程】2008年10月21日(火)22日(水)
【時間】10:00開場 - 16:30閉場(1日4時間、2日間で8時間の講義です)
【場所】東京都渋谷区 「T's 東宝ビル 別館 ホール204」
【定員】30名
【料金】19,800円(2日間、消費税込み、書籍プレゼント)
【協力】アドビシステムズ 株式会社
【主催】株式会社ロクナナ・ロクナナワークショップ
     〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-1-12 #203
     Summer Camp 2008 運営事務局
     担当:佐々木・上田
     E-mail:workshop@67.org

コメント

コメントの記入