Webクリエイティブ職の学び場研究

第3回 クックパッド技術部部長 井原正博氏に訊く(前編)―「強い個」を採用することへのこだわり

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

僕の仕事は「優秀なエンジニアを採用すること」

いまや月間4.9億PV,1,400万人のユーザを擁するレシピコミュニティーサイト『クックパッド』⁠同サービスを運営するクックパッド株式会社は,日本有数のテクノロジー・カンパニーとしても知られています。今回は,同社で技術部部長を務める井原正博さんを訪ね,お話を伺いました。

クックパッド技術部長の井原正博氏

クックパッド技術部長の井原正博氏

現在社員数は100名弱,そのうち35名ほどのエンジニアが在籍しています。その技術部門の部長を務める井原さんの役割は,

  • (クックパッドでいうところの)優秀なエンジニアを採用すること
  • 優秀であるはずのエンジニアがきちんと成果を出している状態にすること

の2点であると言います。

井原さんが「どういうものを作ろう」とか「ああいうことをやろう」といった指示を出すことはほぼないそう。そうしたことはスタッフ個々が当然自分の仕事としてやっている環境のようです。それも,井原さんが担うところの「優秀なエンジニアの採用」あってこそ。

この採用へのこだわりに言及せずして,クックパッドの中を語ることは難しそうです。また,同社のこだわりをWebクリエイティブ職の市場ニーズの一例として考察してみるのも興味深い。ということで,前編はクックパッドの採用へのこだわりを掘り下げながら,私なりの考察を共有できればと思います。

「強い輪」を作るより,「強い個」を集めること

強い組織を作るために,クックパッドはとことん人材採用にこだわります。井原さんの設定目標は採用人数だったりするので,涙をのんでお断りをすることもあるそう。それでも決して妥協しない背景には,こんな考え方があります。

井原さん「元ラグビー日本代表監督の平尾誠二さんの本にもあるんですけど,⁠強い組織には強い個が必要”。勝っているチームというのは,チームワークを大事にしているっていうより,そもそも強い個が集まってできている。強い個が集まった集団っていうのは,基本的にはうまくいくって思っているんですね」

なるほど,それで強い個を採用することを大事にしていると。強い個が集まった集団を作るには,⁠強い個を集める」のと「強い個を育てる」という2つのアプローチがあると思いますが,クックパッドではまず採用段階で「強い個を集める」ことに並々ならぬこだわりをもっているようです。

これは,強い個を集めるだけの求心力をその組織が持っていてこそ有効なアプローチですが,ユニット単位など少数のメンバーを構成する際にも使えそうな考え方ですね。人数を増やそうとすればするほど難易度も高くなりますが,クックパッドではそこのさじ加減をゆるめていないようです。そうすることで,一人入社するごと自然に強い個が刺激しあい,さらなる強い個,強い組織形成がなされる極上空間を作っているのです。

高度な技術を,あくまで道具として使いこなす

では,クックパッドでいうところの優秀なエンジニアとは,具体的にどんな人物なのか。まず,同社の求める基本的なエンジニア像を伺っていきましょう。

井原さん「僕らは研究開発しているわけではないので,技術だけでは足りない。今日何作ったらいいかわからない,何食べたらいいかわからない。だけど,料理を作らなきゃいけないって人たちが確実にいて,そういう世の中の具体的な問題を見つけて,それを解決することが,僕たちベンチャーがやるべきことだと思うんですよ」

高度な技術を有し,それをあくまで道具として使いこなせる人。自分の力を何のために使うのかを考えたときに,社会を少しでもいいものにするために使いたいと思う人が基本,とのことでした。

自分の力を,何のために使いたいのか

自分の仕事を「デザイナー」「エンジニア」といった職種名だけで捉えていると,⁠自分の力を,何のために使いたいのか」という志向までなかなか考えが及びません。しかし,この先どんな仕事をしていくか,どんな組織に属すかを具体化していくとき,⁠自分の力を,何のために使いたいのか」に対する答えは頼りがいある指標となります。皆さんの胸のうちには今,どんな答えがありますか。

一方の組織作りにおいては,2つのやり方が見出せるかもしれません。1つはクックパッドのように1つの志向を共有できる仲間を集めた組織。もう1つはさまざまな志向の人をあえてまぜこぜにした組織。この辺りは組織の考え方や規模によっても変わるものかと思いますが,いかがでしょうか。

求めるのは,「一人で問題を発見し,解決できる人」

さて,クックパッドのエンジニア像はこれだけに留まらず。ものづくりの最初から最後まで,一貫して一人でできることも重視しています。

井原さん「問題を発見して,それをどうしたら解決できるかを考えて,具体的には何を作るべきか考え,プロトタイプを作り,試しにリリースして,効果を検証して,良くないところを見つけて,直して,最終的にゴールまで持っていくってところまで,1人でできる人が欲しい」

ないものねだりのようにも思えつつ,しかし決していないわけでもないような……。とりあえず,採用するの,ものすごい難しい,ですよね?

井原さん「難しいですね。逆に,純粋なプログラミングっていう意味では優れているし,ディレクターみたいな人が一緒にいて,こういうの作ってって指示を出せば,ちゃっちゃか作っていけるだろうなぁって人はいっぱいいます。そういう優秀な人はいっぱいいるんですけど,クックパッドでは今のところそんなに採っていないですね」

と,そこの一線にこだわりを見せます。実際,クックパッドでは入社後,これだけの仕事領域を担ってものづくりに携わると言います。エンジニアが社内にユーザを招きインタビューすることもあれば,近くのスーパーに出向いて主婦の方に質問したり,ビラ巻きをすることもあるそう。そうした活動の中で自ら問題を発見し,ものづくりを始動するサイクルがまわっているんですね。エンジニアの皆さんも問題を解決したいので,手段にはこだわらない人が多いとのこと。

職種は,職務範囲を限定するものではない

さまざまな領域が専門高度化して分業が進むWeb業界,年を追うごとにいろんな職種名も出てきますが,職種分化とあわせて盲目的に職務内容を分業していないかと,考えさせられるお話でした。職種とは,その人の専門性の中核を外に表現するものであって,必ずしもその人の職務範囲をここまでと限定するものではないはず。

クックパッドのように最初から最後まで一人でやるスタイルは,自社でサービスを手がけている組織だからこそ取れる面もありますが,⁠メンバーが自分の担当業務以外に無関心でいざこざが多発している」⁠もっと自分でユーザの問題をつかんで改善を図りたい」など分業化の弊害を実感しているなら,業態問わず一人が持つ職務範囲を広げてみるのも一法ではないでしょうか。

また,自分のキャリアについて考えてみる際も,ものづくりの全工程に携わって問題解決にあたりたいのか,高度化する専門分野を狭く深く掘り下げたいのかという観点で自分の好みを探ってみると,自分にフィットする仕事のあり方,職場環境がより明確になりそうですね。

著者プロフィール

林真理子(はやしまりこ)

株式会社イマジカデジタルスケープ トレーニングディレクター。1996年より一貫してクリエイティブ職のキャリア支援事業に従事。デジタルハリウッドやエン・ジャパンを経て,2005年より現職。Webに関わる実務者を対象に,クライアントの社員研修や個人向け講座の企画コーディネート,カリキュラム設計,教材開発,講座運営,評価などのインストラクショナルデザインを手がける。日本キャリア開発協会認定CDA,日本MBTI 協会認定MBTI 認定 ユーザー。

バックナンバー

Webクリエイティブ職の学び場研究

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入