Webクリエイティブ職の学び場研究

第8回 IMJモバイルDirection本部本部長 川畑隆幸氏に訊く(後編)―これまでの強みが一気に弱みに転じる過渡期を生き抜く

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

ノウハウを口伝えする「レビュー」の場

前回に引き続き,IMJモバイルDirection本部本部長の川畑隆幸さんにお話を伺います。前回は,研修やワーキンググループでの活動にフォーカスしてお話を伺いましたが,今回は普段の業務の中にみる学習機会を掘り下げてみたいと思います。

まず企画書や見積書といった提案をクライアントに出す際は,事前に社内で「レビュー」の場を設けているとのこと。川畑さんは,大げさなものではないとおっしゃっていましたが,大げさなものを時折花火のように打ち上げるより,こうした積み重ねを地道に続けることこそ効果を生むのではないかと思い,詳しく伺ってみました。

川畑さん「Webの業界に限らない話かもしれませんが,プロデューサー,ディレクター,プランナーといった職種でトッププレイヤーにいた人たちのノウハウって,なかなか下に伝承されることがないんですよね。たまたま次の世代のトッププレイヤーがポンッと出てきて,トッププレイヤーが代替わりしているだけで,それが繰り返されている状態。たぶん業界全体的にそうなんじゃないかなぁと思っています。

ですので,場数を踏んだメンバーが場数なりの経験を若手メンバーにフィードバックする機会を設けている感じです。⁠自分は過去にこういう提案をしたとき,クライアントからこういう突っ込みがあったから,ここはこういうリアクションを用意しておくべきじゃないの?』とか,⁠こういうプロジェクトは,こういうリスクが必ず潜んでいるから,リスクヘッジのためにも,クライアントとコミュニケーションをしっかりとっておいて』というアドバイスでしかないんですけど。

ただ,それがないと,過去に先輩が失敗したことを,次の世代もまた同じように失敗して,それぞれが失敗の中で学ぶ繰り返しになってしまう。すでに先輩がしているなら,後輩は同じ失敗しなくてもいいんじゃないの?という話ですね。先輩たちが自分たちの経験を伝えていく場を意識的に設ける。そんな取り組みをしています」

株式会社IMJモバイルのDirection本部本部長,川畑隆幸さん

株式会社IMJモバイルのDirection本部本部長,川畑隆幸さん

部長・本部長が顔をそろえ,社長もしょっちゅう参加する

こうしたやりとりは,上司・部下間,先輩・後輩間でされている方もいると思いますが,IMJモバイルのレビューは,現場でトッププレイヤーとしてやってきた部長・本部長クラスが顔をそろえ,川合社長もしょっちゅう参加してアドバイスをされるそう。これは,レビューされる側は大変そうですが……,相当鍛えられそうですね。

川畑さん「川合はとくに,クライアント側の気持ちとして,その提案をされたらどうかという視点でレビューをします。私たちは,どうしても提案する側の論理で物事をまとめがちですが,⁠そういう提案をされてクライアントは嬉しいのか?』みたいな,クライアントのロジックでアドバイスをくれることが多いので,非常に有意義な場だと思っています。

また,レビューにはプロジェクトアシュアランス本部も参加して,プロジェクト進行上のリスクがないかもチェックしています。クライアントの反応だけでなく,⁠そもそもこの内容で,その見積もりで大丈夫なのか?』というチェックも兼ねています」

IMJグループとして外に出すもののクオリティを担保する機能も担っているんですね。これは,なんとも高そうなハードル。⁠受け止める側の反応は?」と尋ねたら,まずは苦笑されました……。

川畑さん「現場のメンバーは,かなり忙しい中で提案書を作り,クライアントとのアポイントを取って,やっとできた!と思ってレビューに持ってきたら,けちょんけちょんにされるってこともあるわけで。⁠あのレビュー,苦手なんだけど……』っていう率直な感想を持っているメンバーはいると思います(笑)。提案までのプロセスが一つ増えるので,とくに初期の頃は『本当に時間がないんだけど……』という声がよく挙がっていました。

ただ,一部のメンバーと話をしてみると,⁠確かに指摘された観点では提案書を作っていなかった』とか,⁠そういうリスクがあると気づけたので,事前にクライアントとコミュニケーションがとれた』と言っていたりもします。

研修と同様に,レビューでもらったアドバイスをどう吸収・消化していくかも最終的には本人に帰結する話なので,受け止め方は本当にさまざまだと思いますが,有意義なものとして受け止めているメンバーは非常に多いですね」

アウトプットが仕上がるまでは大変そうですが,結果的にクライアント先で恥ずかしい思いをしないで済んだとか,後から振り返ってみればあのおかげでずいぶん鍛えられたなと思える貴重な学習機会と言えそうですね。

コンペ負けの理由を確認して,レビュワーも反省する

お客さんに出した後には,振り返りのレビューも行っているそう。お客さんの反応がどうだったか,何が良くて何が悪かったのかを,コンペに勝っても負けてもできるだけレビューしているそうです。

川畑さん「すべてのプロジェクトでできているわけではないですし,なかなか聞けないことも多いですが,コンペに負けたときには,クライアントに『弊社の提案の何が良くなかったでしょうか』と確認させるようにしています。⁠お見積もりが高かったです』というのもあれば,⁠提案内容は,他社のほうが良かったです』とか,⁠こういうポイントで他社のほうが良かったです』とか,さまざまなリアクションがありますが,それを基に振り返りのレビュー会をします。

そこで,レビュワーも学ぶことができ,次に同じようなことがあったときには,⁠前の負けちゃったプロジェクトではこういうことがあったから,こういうことを考えたほうがいいんじゃないの?』とフィードバックできる。レビューする側もそれなりに成長しないと,やっぱりまずいので(笑)⁠

提案後にもきちんとレビューの場を設け,レビュワーも含めた反省会をしているのがいいですよね。提案前はレビュワーも入るけど,結果が出てしまったら反省会もプロジェクトメンバーのみってことになると,全社的にノウハウ共有されないだけでなく,ベテラン層やマネジメント層のノウハウが固定化し,時代遅れのものにもなってしまいかねない。そうなると現場との心的距離も遠のいていってしまいかねない。ともに反省する場を共有することで,若手の成長に留まらず,中堅から上層部まで含めた成長機会を設けて組織力をアップしているのが素晴らしいなと思いました。

小さなプロジェクトを育成のために活用する

普段の業務の中でどう学ぶかという観点では,比較的小さなプロジェクトが発生した際,その分野の未経験者や経験の浅い層をメンバーに加えて育成に活用することもあるそう。

川畑さん「プロジェクト進行上は,常にその分野のエキスパートがアサインされる状態が良いに決まっていますが,育成に適切なサイズの案件が来たときは,⁠こいつ今までスマートフォンやったことないから,ちょっと工数かかると思うけど入れさせてよ!』とプロデューサーとコミュニケーションをとり,チームを編成しています。もちろんクライアントに迷惑をかけないことが大前提なので,世話役をつけて2人1組で投入するなど工夫しています」

いくら本人にやる気があっても,未経験者だからと敬遠してアサインされなければずっと未経験者なわけで,一向にその分野の戦力にならない。とはいえ,その案件を預かるプロデューサーとしては,できればエキスパートをそろえたい。そこでしっかり,全プロジェクトを俯瞰した立場から,適切なプロジェクトに育成対象メンバーを投入する道筋をつくっている。現場に勝る学びの場はない中,これはとても有難いですね。

著者プロフィール

林真理子(はやしまりこ)

株式会社イマジカデジタルスケープ トレーニングディレクター。1996年より一貫してクリエイティブ職のキャリア支援事業に従事。デジタルハリウッドやエン・ジャパンを経て,2005年より現職。Webに関わる実務者を対象に,クライアントの社員研修や個人向け講座の企画コーディネート,カリキュラム設計,教材開発,講座運営,評価などのインストラクショナルデザインを手がける。日本キャリア開発協会認定CDA,日本MBTI 協会認定MBTI 認定 ユーザー。

バックナンバー

Webクリエイティブ職の学び場研究

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入