CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

第7回 追加情報をアニメーションで表示するボタン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

ボタンの凹凸の表現

アニメーションに取りかかる前に,前掲CSSで定めた,ボタンの凹凸の表現の仕方について確かめておく。グラデーションとボーダーおよびシャドウを組み合わせて立体風に見せている図2)。

図2 立体のように凹凸が表現されたボタン

図2 立体のように凹凸が表現されたボタン

まず,ボタン全体の<a>要素class属性"btn")は,backgroundプロパティに定めたlinear-gradient()関数で背景を線形のグラデーションで塗るとともに,borderプロパティにより外枠を与えた(第2回のメニューに角の丸みと影を加える参照)。また,border-radiusプロパティが角を丸くしている。そして,box-shadowプロパティの構文はつぎのとおりだ。普通に影をつけるだけでなく,insetキーワードで内側に光や影を加えれば,凹凸が表せる(第1回の影でボタンを立体的に見せる参照)。さらに,ぼけ幅を0にすることで,ボーダーのような縁をつけることも可能だ。

box-shadow: [inset] 水平のずれ 垂直のずれ ぼけ幅 カラー

ボタン全体class属性"btn")は,内側上部に白を与えて膨らみを表した。そして,右下の影に加え,グレーで太めの縁を加えた。2番目のパーツclass属性"btn-slide-text")の左端には白を与えることで初めのパーツを膨らませ,内側左上の影で凹みを表している。3番目のパーツclass属性"btn-icon")は内側左端に白を与えて膨らませた。さらに,border-leftプロパティで左のパーツ右端に凹みを加えた。

.btn {
    background: linear-gradient(to bottom, lightsteelblue, steelblue);

    border: 1px solid slategray;
    box-shadow: 0px 1px 1px rgba(255, 255, 255, 0.8) inset,
        1px 1px 3px rgba(0, 0, 0, 0.2),
        0px 0px 0px 4px rgba(188, 188, 188, 0.5);
    border-radius: 20px;

}

.btn-slide-text {

    box-shadow: -1px 0px 1px rgba(255, 255, 255, 0.4),
        1px 1px 2px rgba(0, 0, 0, 0.2) inset;

}
.btn-icon {

    border-left: 1px solid slategray;
    box-shadow: 1px 0px 1px rgba(255, 255, 255, 0.4) inset;
}

ボタンにポインタを重ねたら追加情報を示す

ボタンの追加情報を初めは隠しておき,マウスポインタを重ねたら表示しよう。まず,ボタン全体の要素class属性"btn")の幅は,padding-rightプロパティで初めは縮めておき,マウスポインタが重なったら:hover擬似クラスでもとに戻す。つぎに,追加情報の要素class属性"btn-slide-text")widthプロパティの値を初めは0とし,やはりマウスポインタが重なったときに戻せばよい。これでマウスポインタを重ねたボタンの追加情報が示される。

.btn {

    /*padding-right: 180px;*/
    padding-right: 80px;

}

.btn-slide-text {

    /*width: 100px;*/
    width: 0px;

}

.btn:hover {
    padding-right: 180px;

}
.btn:hover .btn-slide-text {
    width: 100px;
}

アニメーションに効果を加える

ボタンのアニメーションにもう少し効果を加えよう。ボタン全体の要素class属性"btn")には,transitionプロパティを定める。タイミング関数は,変化が一定のlinearを用いた。また,マウスポインタを重ねたとき:hover),box-shadowプロパティで加えた太い縁は外している。そして,3番目のパーツ(class属性"btn-icon")の中の矢印の背景画像を与えたspan要素は,半透明にしてあったopacityプロパティの値を1にした。これで,ボタンにマウスポインタを重ねると,効果のともなったアニメーションで追加情報が示される図3)。ここまでのCSSの定めを以下のコード1にまとめた。

.btn {

    transition: 0.3s linear;

}

.btn:hover {

    box-shadow: 0px 1px 1px rgba(255, 255, 255, 0.8) inset,
        1px 1px 3px rgba(0, 0, 0, 0.2);
}


.btn:hover .btn-icon span {
    opacity: 1;
}

図3 ボタンにマウスポインタを重ねると追加情報がアニメーションで示される

図3 ボタンにマウスポインタを重ねると追加情報がアニメーションで示される

コード1 マウスポインタを重ねるとアニメーションで追加情報が示されるボタン

body {
    margin:0;
    padding:0;
    background: aliceblue;
    font-family: 'Oswald', Arial, sans-serif;
}
.container {
    width: 320px;
    margin: 0 auto;
    padding: 20px 0;
}
.btn {
    background: linear-gradient(to bottom, lightsteelblue, steelblue);
    padding-left: 20px;
    padding-right: 80px;
    height: 38px;
    position: relative;
    border: 1px solid slategray;
    box-shadow: 0px 1px 1px rgba(255, 255, 255, 0.8) inset,
        1px 1px 3px rgba(0, 0, 0, 0.2),
        0px 0px 0px 4px rgba(188, 188, 188, 0.5);
    border-radius: 20px;
    float: left;
    clear: both;
    margin: 10px 0px;
    transition: 0.3s linear;
    color: white;
    text-decoration: none;
}
.btn-text,
.btn-slide-text {
    font-size: 18px;
    white-space: nowrap;
}
.btn-text {
    padding-top: 5px;
    display: block;
    text-shadow: 0px 1px 1px rgba(255, 255, 255, 0.3);
    color: midnightblue;
}
.btn-slide-text {
    position: absolute;
    top: 0px;
    right: 52px;
    width: 0px;
    background: dimgray;
    text-shadow: 0px -1px 1px black;
    color: white;
    text-transform: uppercase;
    text-indent: 10px;
    overflow: hidden;
    line-height: 38px;
    box-shadow: -1px 0px 1px rgba(255, 255, 255, 0.4),
        1px 1px 2px rgba(0, 0, 0, 0.2) inset;
}
.btn-icon {
    position: absolute;
    right: 0px;
    top: 0px;
    height: 100%;
    width: 52px;
    border-left: 1px solid slategray;
    box-shadow: 1px 0px 1px rgba(255, 255, 255, 0.4) inset;
}
.btn-icon span {
    width: 38px;
    height: 38px;
    opacity: 0.7;
    position: absolute;
    left: 50%;
    top: 50%;
    margin: -20px 0px 0px -20px;
    background: url(images/arrow_right.png) no-repeat 50% 55%;
}
.btn:hover {
    padding-right: 180px;
    box-shadow: 0px 1px 1px rgba(255, 255, 255, 0.8) inset,
        1px 1px 3px rgba(0, 0, 0, 0.2);
}
.btn:hover .btn-slide-text {
    width: 100px;
}
.btn:hover .btn-icon span {
    opacity: 1;
}

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書

コメント

コメントの記入