読むウェブ ~本とインタラクション

第14回 [iPad発売記念]EPUBフォーマットの電子書籍をつくる!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

いよいよ,明日金曜日(28日)にAppleのiPadが発売されます。iPadを読書端末として活用したいと思っている人も多いのではないでしょうか。iBookstoreは,今のところ米国だけのサービスですが,リーダーアプリのiBooksはダウンロードできるようです。

今回は,予定していた話題を変更し,iBooksで読む電子書籍の作り方について解説します。

リフロー処理される動的な電子書籍のメリット

まずは,日本電子出版協会でEPUB日本語拡張案の策定に関わり,EPUB仕様の日本語訳を担当された@lost_and_foundさんのブログ08th Grade Syndromeで公開されているOPSの日本語訳から,電子書籍の仕様を確認してみましょう。

1.6: アクセシビリティ

本仕様には,障害によって読書が困難な人によるコンテンツの利用を確保する機能が盛り込まれている。本仕様は World Wide Web Consortium (W3C) により進められた XHTML 1.1 のコンテンツアクセシビリティの機能を組み込んでいる。

OPS XHTML コンテントドキュメントは W3C Web Content Accessibility Guidelines 1.0http://www.w3.org/TR/1999/WAI-WEBCONTENT-19990505/に従って記述されるべきである(should)。また,W3C の活動が継続すれば Web Content Accessibility Guidelines 2.0(ドラフトを http://www.w3.org/TR/WCAG20/にて入手できる)がリリースされ,より広範なユーザ層が OPS 形式の本を利用できるようになるだろう。

さらに,W3C HTML 4.0 Guidelines for Mobile Access (http://www.w3.org/TR/NOTE-html40-mobile/の勧告と W3C Web Accessibility Initiative's proposed User Agent Guidelines (http://www.w3.org/TR/WD-WAI-USERAGENT/が OPS の開発者により検証,改善されることで,リーディングシステムはアクセシビリティの要件に適合するものになるだろう。

「OPS 2.0 v1.0 日本語訳 [Open Publication Structure (OPS) 2.0 v1.0]」より

EPUBフォーマットなどのリフロー処理される電子書籍は,デバイスに対して動的に対応します。モバイルデバイスの小さな画面でも,パソコンの大きな画面でも,それなりに順応し,読者が自由に文字サイズ(および行間,マージンなど)を変更できる「調整可能」な仕様になっています。「紙」に近いレイアウトを保持した静的な電子書籍(PDFやスキャン画像のまとまり)は,デバイスに対して固定です。どちらを選択するかは,対象とする読者層やコンテンツの内容によって決められます。

文字主体の文芸書などは,スキャンした静止画よりも動的にリフロー処理させる電子書籍の方が,読者のニーズに応えることができます。一方,ビジュアルの美しさやレイアウトに意味がある雑誌や,テキストと絵を分離できない漫画(コミック)などは,紙と同じ固定されたフォーマットの方が適しています。

EPUBは,文芸書のような文字主体の欧文書籍をデジタル化するために考えられたフォーマットですから,動的にリフロー処理される仕様のメリットを十分に活かしたほうがよいでしょう。

「読者がフォントの設定を変えてしまうのでデザインの意味がない」と思っているデザイナーも多いと思いますが,デフォルトのデザインはとても重要です。何も調整せずにデフォルトのまま読んでいる読者がたくさんいるからです。デザイナーが,視認性・可読性の高い「デフォルト」を提供すれば,大半の読者がそのまま受け入れるでしょう。もし,高齢者や弱視の読者が「読みにくい」と思ったときに,文字サイズの変更や反転,背景色の変更などの機能が活かされます。

この「デフォルト」デザインは,リーダーアプリケーションで提供されていますが,デザイナーが一部を上書きすることができます。この作業が,デフォルトの見やすさ,読みやすいさを決めるのです。そして,現在はまだ表現力が乏しく,印刷のレベルには敵いませんが,フォーマットの仕様が拡張されたり,リーダーアプリケーションが進化することで変わってくると思います。

デジタルでしか表現できない電子書籍の魅力

EPUBとは異なる,アプリケーションソフトウェアとして提供される電子書籍があります。たとえば,数日前にリリースされたiPhoneのアプリ3D Bookshelfは,高速3Dエンジンを搭載した電子書籍です。iBooksを上回るリッチなブックメタファが話題になっています。YouTubeにビデオをアップロードしましたので,参考にしてください。

動画1 高速3Dエンジン搭載で、総じて評判のよくない「ページめくり」のメタファも快適に動作する

マルチメディア系やインタラクティブ系の電子書籍の発想は,90年代からあり,CD-ROMコンテンツとして制作されていましたが,まったく新しい電子書籍として,ソーシャルネットワークの機能を取り込んだユーティリティブックがあります。記事や写真をクリッピングして,FacebookやTwitterに投稿できる機能は,多くのリーダーアプリで標準搭載されていますが,140 CharactersのようにTwitterのソーシャルストリームを融合させた電子書籍はめずらしいものです。「電子書籍+ソーシャルメディア」は今後,注目の分野です。

図1 Twitterクライアントの一部の機能が搭載されている電子書籍

図1 Twitterクライアントの一部の機能が搭載されている電子書籍

電子書籍のオーサリングツール

それでは,EPUBフォーマットの電子書籍の作り方を解説していきましょう。前述したとおり,EPUBの動的なリフロー処理を生かした電子書籍を作ります。アプリ版電子書籍のような派手さはありませんが,誰でも作成できる(しかも無償のソフトウェアで作成できる)手軽さが魅力かもしれません。

iBooksは,EPUBフォーマットの電子書籍に対応しています(EPUBフォーマットの詳細については,前回の記事を参照してください)。今回は,オープンソースの電子書籍オーサリングソフトSigil(シジル)を使用したいと思います。EPUB完全サポートで,マルチプラットフォーム(Windows XP, Vista, 7/Mac OS X/Linux),無償でダウンロードすることができます。

国産では,株式会社フューズネットワークから提供されているFUSEe(フュージー)があります。Sigilと同等の機能があり,今後のアップデートでマウスによるレイアウト編集やDRMについての機能も予定されています。現在,ベータ版が無償でダウンロードできます。

iBooksで読む電子書籍をつくろう!

まずは,Sigilで作成した電子書籍の映像をご覧ください。iBookでどのように表示されるのか確認できます。実は,身近にiPadがなかったので,Twitterでお願いしたところ,@takuhitoさんがEPUBのサンプルを撮影してくれました(ありがとうございます!)。図版は,すべてSVGで作成しています(SVGについては後で解説します)。

動画2 EPUB電子ブックの作成(テスト)

著者プロフィール

境祐司(さかいゆうじ)

インストラクショナル・デザイナー[Instructional Designer]として学校,企業の講座プラン,教育マネジメント,講演,書籍執筆などの活動をおこなう。2000年より情報デザイン関連のオンライン学習実証実験を始める。現在,教育デザイナー育成を目的としたフォーラムを立ち上げるため準備中。著書に「速習Webデザイン Flash CS4」(技術評論社),「Webデザイン&スタイルシート逆引き実践ガイドブック」(ソシム)などがある。

URLhttp://admn.air-nifty.com/monkeyish_studio/

著書

コメント

コメントの記入