NORIのFlashユーザのためのMovable Type講座 gihyo.jp版

第2回 MTのインストールとFlashモックアップ作成

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回から,さっそく作業にとりかかりますが,まず,環境を構築することから始めたいと思います。まず,MTをWebサーバにインストールしてみましょう。

MTのインストール手順については,ステップバイステップで話を進めます。

MTのインストール

今回使用するMTは,MTOS(エムトス)という製品です。聞き慣れない方もいるかもしれませんが,MTOS(エムトス)とは「Movable Type Open Source」のことで,シックス・アパート社のMovable Typeとコア部分が同一のオープンソース・ソフトウェアのことです。そのため機能的にはMovable Typeとほぼ同等です。この連載では便宜上MTと呼んでいますが,シックス・ アパート社のMovable Type または,MTOSの両方を指しています。

MTOSは,ライセンスフリーのため導入時のコストをカットやすい(商用利用でも無償)というメリットがありますが,同時に,GPLライセンスを採用しているので,プラグインも同様か矛盾しないライセンス形態を要求されます。また,大きな違いとして「カスタムフィールド(Movable Typeでは標準で搭載)」がないことも挙げられます。

また,MTOSには,メーカーがあるわけではないので,有償サポートもありません。

実際,トラブれば,それなりの技術力が必要になってきますが,今回は面倒な処理をすべてFlashで賄うことを前提にし,とくにMovable Typeの特別なプラグインを使わないということで,MTOS(MTOS 4.24-ja)を選択しました。

MTOSについて,詳しくは「MTOS: Movable Type オープンソース・プロジェクト」を見てください。

ここではMTのインストールを次の手順で行います。

  • インストールファイルの入手とアップロード
  • Perlの実行環境の確認
  • データベースの準備
  • メール送信プログラムの確認
  • インストール実行
  • データベースの設定/メールの設定
  • アカウントの作成/最初のブログを作成
  • インストール終了

また,「インストールのやり直し」も簡単にできるので紹介しています。失敗を恐れず挑戦してください。

サーバスペックについて

MTのインストールに必要なサーバスペックは,連載もっと知りたい!「これからはじめるMovable Typeの本」第3回 サーバーのスペックを知って,MTライフを快適に♪ドキュメント「必要インストール環境,動作環境」にも書かれていますので,ご覧ください。

サーバのスペックがわからない場合は,とりあえず,MTに用意されているチェックプログラム(mt-check.cgi)を走らせることで,詳細がわかります。 MT対応と謳っているレンタルサーバであれば,おおむね大丈夫です。

インストールファイルの入手とアップロード

MTは,Perlで書かれています。そのため,そのソースはPerlによるテキストと画像ファイルです。MTの公式サイトには,ダウンロード用のファイルがありますので,ダウンロードし解凍してから自サイトにアップロードする必要があります。

  1. MTOSを公式サイトMTOS: Movable Type オープンソース・プロジェクトからダウンロードします。

    MTOS: Movable Type オープンソース・プロジェクト

  2. MTOSを解凍したら,FTPでアップロードします。ZIPファイルなので,「右クリック > すべてを展開」で解凍できます。

    ZIPファイルを右クリックし,「すべてを展開」

    アップロード先は,Webアクセスが可能な領域です。通常は,mtというフォルダを作成して,そこにアップロードします。

    mtフォルダに全ファイルをアップロード

    アップロード数が膨大なので,アップロードに失敗することも珍しくありません。確実にアップロードが完了するまで何度でもしましょう。

    たとえば FFFTPなら図のように「新しければ上書き」オプションを使ってアップロードを繰り返します。アップロードすべきファイルがなくなると,アップロードの進捗ダイアログ(プログレスバー)が出なくなります。

    新しければ上書きオプションでアップロード

  3. 次に拡張子cgiのファイルの属性(パーミッション)をすべて変更します。これも,FFFTPを使っているなら,ファイルを選択した後,「右クリック > 属性変更」で変更します。

    拡張子cgiのファイルに実行権限を付与

    cgiファイルの属性値はサーバごとに異なりますので,レンタルサーバの指示に従ってください。大抵は,755や700でしょう。

Perlの実行環境の確認

MTはPerlで書かれているため,Perlの実行パスが正しくないと動作しません。

デフォルトは,/usr/bin/perlです。telnetで次のように「whereis perl」と入力すれば確認できますが,通常は,レンタルサーバのヘルプにPerlの実行パスについて書いてあります。

whereisperlコマンドで調査

もし異なる場合は,次のファイルの1行目(!# /usr/bin/perl -w)を書き換える必要があります。例(!# /usr/bin/perl5 -w)

  • mt-add-notify.cgi
  • mt-atom.cgi
  • mt-check.cgi
  • mt-comments.cgi
  • mt-feed.cgi
  • mt-search.cgi
  • mt-tb.cgi
  • mt-testbg.cgi
  • mt-upgrade.cgi
  • mt-view.cgi
  • mt-wizard.cgi
  • mt-xmlrpc.cgi
  • mt.cgi

データベースの準備

MTは,ブログ記事やブログを構築するためのhtmlなど,すべてをデータベースに保存して管理しているので,データベースは必須です。MTに対応しているデータベースは,ドキュメント「必要インストール環境,動作環境」にもありますが,代表的なものとその条件は,次の3つです。

  • MySQL 4.0 以降,バージョン5.0.x
  • PostgreSQL 8 以降
  • SQLite

レンタルサーバで,MT対応を謳っているところであれば,MySQLがインストールされていると思いますので,ここではMySQLを前提で紹介します。まず,データベースへの接続方法として,ログイン名とパスワードなど次の情報が必要です。

  • データベースサーバ…データベースが同じサーバにある場合は「localhost」ですが,データベースだけ異なるサーバにある場合もあります。その場合は,データベースサーバのホスト名が必要です(例:mysql.example.com)。
  • データベース名…データベース名は,データベースサーバの中のデータベースを特定します。大抵は,レンタルサーバのログイン名などと同じですが,確認 しておいてください。レンタルサーバによって,データベースの個数は1個,5個などと制限している場合から無制限につくれる場合まで様々です。
  • ログイン名/パスワード…データベースにログインするときには,ログイン名とパスワードが必要です。これも,レンタルサーバによって,レンタルサーバのログイン名と同じ場合や,いくつも作成できる場合がありますので,調べておきましょう。

以上のデータベース関連の情報は,インストール時に必要です。また,データベースは作成しないといけない場合も多いと思いますので,MTのインストールを始める前に準備しておきましょう。そのときの文字コードはUTF-8がトラブルなく良いでしょう。

著者プロフィール

NORI(伊藤のりゆき)

Twitter:@nori_togoru

有限会社トゴル・カンパニー代表。Flashアクセシビリティをきっかにアクセシビリティ全般に興味を持つ。UIデベロッパとして企業用WebアプリケーションのUIデザインを行う。写真集「Snap or Nothing写真集」(iTunes AppStoreにて)をリリースするなど写真家としても活動している。

コメント

コメントの記入