キーパーソンが見るWeb業界

第3回 プロモーションにおけるWeb(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

第3回目は,今号の特集でも取り上げている「プロモーション」をテーマに,株式会社電通 螺澤裕次郎(かいざわゆうじろう)氏をゲストにお迎えしてお話しいただきました。

広告業界の遷移とプロモーション手法の変化,そしてWebにおけるデザインの位置付けとWeb制作者の意識にまで話がふくらみました。

螺澤裕次郎(KAIZAWA Yujiro)
株式会社電通 コミュニケーション・デザイン・センター アート・ディレクター

1971年生まれ。2006年より現職。インタラクティブ領域を軸としたコミュニケーションデザイン業務のプランニングおよびアートディレクションを担当。カンヌ国際広告賞をはじめとした受賞,入賞暦を持つ。共著に『Webキャンペーンのしかけ方。』。

森田 雄(MORITA Yuu)
(株)ビジネス・アーキテクツ取締役,Quality Improvement Director

東芝EMI,マイクロソフトなどを経て,ビジネス・アーキテクツの設立に参画,2005年より取締役。XHTMLやCSSなどのフロントエンド技術,アクセシビリティ,ユーザビリティのスペシャリスト。日本ウェブ協会副理事長。CG-ARTS協会委員。アックゼロヨン実行委員会委員長。文部科学省ホームページリニューアルアドバイザー委員。広告電通賞審議会選考委員。著書(共著)『Webデザイン -コミュニケーションデザインの実践-』など。

阿部淳也(Abe Junya)
1PAC. INC.代表取締役 クリエイティブディレクター

自動車メーカにて電装部品のユーザインターフェース設計を8年間手がけた後,IT事業部異動。約4年間Webデザイン,Flashオーサリングなどを手がけるとともに,営業支援システムや化学物質管理システムなどのテクニカルディレクターを経験。2004年よりCosmo Interactive Inc.に参加。多くのWebサイト立ち上げにプロデューサ,クリエイティブディレクターとして携わる。2008年にワンパクとして独立。

長谷川敦士(HASEGAWA Atsushi, Ph.D)
(株)コンセント 代表取締役社長/インフォメーションアーキテクト

1973年山形県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。ネットイヤーグループ株式会社を経て,2002年に株式会社コンセントを設立。インフォメーションアーキテクトとして大規模サイトの設計やプロデュースに携わるかたわら,人間中心設計推進機構(HCD-Net)理事を務めるなど,IA(情報アーキテクチャ)研究や啓蒙活動を牽引している。

プロモーションメディアとしてのWeb

現在,さまざまな企業がプロモーションメディアとしてWebを活用するようになっています。Web単独で展開するものもあれば,最近は,Web以外のTVや新聞といったマスメディア,交通広告など,他のメディアと組み合わせた,いわゆるクロスメディアの展開もよく見かけるようになりました。

このように広告の表現や手法が多様化する中で,現在のWebの価値と位置付けについて改めて見直すべく,今回の座談会では,


プロモーションにおけるWeb

をテーマに,電通でさまざまなプロモーションや宣伝プロジェクトの経験を持つ螺澤氏と,キーパーソン3人が熱く語りました。

今回,汐留にある電通会議室にて座談会を実施いたしました。

今回,汐留にある電通会議室にて座談会を実施いたしました。

Webプロモーションの遷移

――まずはじめに,螺澤氏の自己紹介とともに同氏の経験を振り返りながら,広告表現の遷移についてお話しいただきました。

螺澤:自分がWeb業界で仕事を始めたのは2000年からです。広告代理店に入ったのは2001年からですね。Web業界の前には紙媒体メインのグラフィックデザイナーをやっていました。新卒で社会人になった当初は,まだインターネット黎明期でWebデザインという仕事が成立するとは自分は考えていなかった時代でした。

グラフィックデザイナーを5年ほど経験した後,Web専門の会社でWebデザイナーになったのですが,それだけではWebの仕事しかできないと判断して,広告代理店に移ることにしました。

広告代理店に入ったころは,まだ実験的な領域としてWebが扱われていたり,販促メディアとしてWebを考える組織編制を経験したりしました。そんな時期を経て,約5年をかけて徐々にWebを生活者との関係性やブランドを認知させる場所として活用するコミュニケーションプランニングという考え方が,Web施策を作っていくうえで理解されてきた印象です。

コメント

コメントの記入