キーパーソンが見るWeb業界

第5回 広がりが具現化してきた2008→2009のWeb(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

前回に引き続き,イメージソースでさまざまな広告やプロモーションを手掛ける小泉望聖氏を交えて,2008年の振り返りから2009年の展望・動向予測についてお話しいただきました。

Webからの広がり

――これまでの話から,2008年は,Web業界の質の向上,さらに技術的進化によるフィールドの拡大が加速してきたと言えるでしょう。実際,どういった事例や案件があったのか,4人が手掛けたプロジェクトや経験についてお聞きしました。

小泉氏:今,技術的進化,サービスの広がりなどが上がりましたが,広がりで見ると,私たちイメージソースとしても,広がりがあった年でした。とくにWebだけに閉じないプロジェクトが増えています。その1つが,カジュアルブランド「ディーゼル」が,2008年4月にオープンした,アジア最大級となる旗艦店「DIESEL GINZA(ディーゼルギンザ)」の店舗設計に関するものです。ここでは,店内にタッチパネル式のミラーを設置し,来店したお客様が,自分自身が試着した様子をさまざまな角度からチェックができるようにしています。この撮影機能を付けた「インタラクティブミラー」など,単なるメディアではない,新しい形の展開だと思います。こういったインストアメディアあるいはデジタルサイネージは,これからどんどん増えていくと思います。

これはお客様の利便性はもちろんなのですが,店舗を出しているディーゼルにとっても大きなメリットになります。私たちの考え方の1つとして,話題の最大化というものがあります。つまり,プロジェクトのPRまでを意識して展開していく,という考え方です。

最近で言えば,渋谷で実施した,Flashによる「振動力発電」の実証実験も,その考え方に則ったプロジェクトの1つです。

森田氏:さすがというか,まさにWebだけに閉じないプロジェクトの展開ですね。bAでも,Webだけに閉じないプロジェクトはたくさんあって,たとえば,Webをきっかけとした企業ガバナンスの設計であったり,グローバル展開における文化や商圏の違いに対する調整といった部分です。これらもWebだけに閉じずに広がりを意識してきた結果だと考えています。ただ,こういった部分は,雑誌やオンラインメディアなどを通じては出せないことも多くて,世間一般には見えづらいというのが難しいですね。

それでも,今お話しいただいたイメージソースさんの事例のように,Webを切り口として,WebサイトデザインではないWebデザインを実践されている方々が,Web業界の間口を広げてくれていると思いますし,そういう意味ではありがとうございますというか(笑)。

長谷川氏:広がりの話題から少し戻ってしまうのですが,先ほど小泉さんがおっしゃった「追い切れなくなってきた年」というのはその通りだと思っています。

たとえば,イメージソースさんが店舗設計に展開する,bAさんがサイトデザインだけではなくコミュニケーション戦略にまでまでコミットする,ワンパクさんが広告まで積極的に関わっていく,コンセントであればプロダクト設計にまで関わる,というようにWebを軸に,それぞれの会社が企業のよりコアな分野まで関わるようになってきています。これは,これまでWebが「Web部門」として切り出されていたものが,それぞれの企業の実業に,より関わってきたということを示しています。この4社はとくにWebの黎明期から関わってきたことで,さまざまなことを学んでくることができました。

今後は「よりWebのこと」「それぞれの専門分野のこと」の両方を知っている必要が出てくると思います。

森田氏:そうですね。そして現状にとどまらず,僕たちはこれからもっと仕事の範囲とか規模とかを良くしていくべきだと思っています。それは,たとえばデザインの質だけではなくてビジネス的な面も含めてで,そのためにクライアントがやりたいことに対する,きちんとした適正な値付けという面をもっと強化していく必要があると思っています。「このぐらいの規模であればこのぐらいの予算が必要です」といったことを,受発注双方の共通認識として持てるぐらい透明にできれば,もっとクオリティを高めるとかそういうことに貴重なお金や時間を投資できるようになれるだろうと考えています。これは僕やbAだけで考えるのではなく,業界全体で考えていきたいです。

画像

コメント

コメントの記入