2010年版SEO体得講座

第5回 SEOツールを使いこなそう!(3)被リンクチェックツール「hanasakigani.jp」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回はSEOの内部対策ツールをご紹介しました。今回は,SEO対策のもうひとつの重要な要素である被リンクをチェックするツールをご紹介します。

被リンクは量と質が大事ですが,近年は質の方が大事になってきています。⁠いいサイトからリンクされるサイトはいいサイトである」というリンクポピュラリティの基本原理があります。Yahoo!やGoogleで「link:http://devo.jp/」のように入力して検索すると,そのページの被リンクの一覧が表示されます。これらのサイトはいいサイトなのでしょうか?これを知るには様々な情報を調べる必要がありますが,これらのことを手作業で行うと膨大な時間がかかります。この作業をワンクリックで実行してくれる無料ツールが被リンクチェックツール「hanasakigani.jp」です。

競合被リンクチェックツール

hanasakigani.jpには大きく分けて2つの機能があります。最初の画面のタブを見ると「競合被リンクチェックツール」とあります。入力ボックスに対象キーワード(この例では「LED看板」⁠そしてマイサイトのURLに対象ページのURL(この例では「http://www.hikarimono.jp/」を入力して[Check!]をクリックするとYahoo!の検索結果の1位から10位までのサイトについてその調査結果がグラフと表で表示され,さらにその下にマイサイトURLの情報が表示されます図1)⁠

図1 マイサイトURL情報の表示

図1 マイサイトURL情報の表示

上のグラフは,1位から10位までの被リンク数を折れ線グラフで示しています。この例では3位のサイトの被リンク数が突出して多いですね。

下の表には各サイトのさらに詳しい調査結果が表示されています。No.,ページタイトルとURL,被リンク数に続いて,以下の情報が調査されています。

最大ドメイン数

被リンク数のうち,異なるドメイン数が最大何個あるかを表示しています。現在は,1つのサイトからたくさんリンクが張られるよりも,異なったドメインからのリンクが多いほうがSEO効果が高いという傾向が出ています。

PR

GoogleのPageRankです。

Y! Dir

Yahoo!カテゴリに登録されているかどうかを表します。⁠○」がついていれば登録されています。

ドメイン年齢

ドメインが使用されてからどのくらいの年月が経過しているかを表します。古いドメインほど順位が上がりやすい傾向があります。

表のいちばん右の列には蟹ボタンがついており,クリックすると,この次にご紹介するマイサイト被リンクチェックツールが起動し,被リンクの詳細調査を確認できます。また,こちらの表のデータもCSVデータとしてダウンロードできます。

この競合被リンクチェックツールの活用法ですが,上位にいる競合サイトの被リンク状況とマイサイトの被リンク状況の違いを確認し,競合に勝つための被リンク対策を立てるために使われています。たとえば,⁠被リンク数は負けてないけど,被リンクドメイン数が競合に比べてかなり少ないので対策を検討しよう」とか,⁠やっぱりYahoo!カテゴリに登録しないといけないな」などです。

なお,この競合被リンクチェックツールにはPro版が用意されています。上記の情報に加えて,被リンクIP数も調査します。これはユニークドメイン数をさらに深く調査し,IPアドレスがどの程度分散しているかを調査しています。最近は,ドメインの分散よりIPアドレスの分散の方がSEO効果が高い傾向が強くなっています。このPro版はメールアドレスの登録が必要ですがこちらも無料で使えます。

著者プロフィール

藤沢竜志(ふじさわたつし)

株式会社ディーボ 代表取締役社長

1964年大阪府出身。大阪大学基礎工学部情報工学科中退。大学在学中からソフトウェアベンチャーで仕事をはじめ、パッケージソフト製品の開発、マーケティングに従事。東京の食品流通業経営企画室で戦略情報システムを構築、米大手ソフトハウスのデータベース製品マーケティングマネージャー、ITソリューション営業を経て札幌へ移住。

1999年株式会社ソフトフロント開発担当取締役としてネットビジネスの共同開発を多数手がける。2001年営業担当取締役としてVolP、SIP技術ソリューション営業を担当、ヘラクレス市場への上場を経験。

2003年株式会社データクラフトの写真販売サイト(現イメージナビ)の事業責任者として画像検索エンジンの設計を行い、この頃からSEO対策に取り組み始める。

2005年株式会社ディーボ設立。SEO対策を技術面、運用面から研究。SEO対策は自社で行うべきという持論を持ち、現在はSEO対策のためのツールやサービスを開発し提供している。

著書に『即実践! SEO対策』がある。

コメント

コメントの記入