Web標準とその周辺技術の学び方

第5回 DOMとJavaScriptと互換性

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今回は,動的なWebサイトやWebアプリケーションに欠かせない「DOM」「JavaScript」という二つの技術を,関連する仕様とともに紹介したいと思います。

さまざまなものをオブジェクトで表現するDOM

DOM (Document Object Model) とは,HTML文書にアプリケーションからアクセスするためのAPIです。オブジェクトモデルという名前のとおり,DOMではさまざまなものが「オブジェクト」として表されます。たとえばHTML文書は「要素」⁠属性」⁠テキスト」などのオブジェクトから成る集合として表されます。

オブジェクトで扱われるのは,文書内部のオブジェクトだけではありません。ウインドウや要素の座標,イベント,ブラウザーやユーザーインターフェースに関連するオブジェクトなどもあります。Webアプリケーションでは,これらのAPIを利用し複雑な処理を実現しています。

DOM仕様とWeb API

標準化されたDOM仕様は,CSSと同様いくつかのレベルに別れており,Level 2以降はさらに機能ごとに分割されています。仕様は「Document Object Model (DOM) Technical Reports」というページで公開されています。

DOM仕様のほかにも,DOM APIを拡張した仕様がW3CのWeb Applications Working Groupやその他のWGにより策定・公開されています。一貫した名前はついていませんが,⁠DOM API」「Web API」などと呼ばれています。ほとんどが策定中なのですが,実装が進んでいるものをいくつか紹介します。

XMLHttpRequest
いまやWebアプリケーションになくてはならないものとなった,HTTPによる通信を行うオブジェクトです。Microsoftが独自に開発した機能ですが,他のブラウザーが実装し広く使われたこともあり,現在標準化が行われています。
Selectors API
CSSセレクターを利用し要素を取得するメソッドが定義されています。jQueryなどのJavaScriptライブラリーにある $("#foobar") に似ており, これまでのgetElementsByTagNameなどを利用した方法よりずっと直感的なアクセスを行 えます。
Geolocation API
ブラウザーが取得した,緯度や経度などの位置情報にアクセスするためのAPIです。位置情報を利用するWebアプリケーションなどでの利用が期待されています。

JavaScriptとECMAScript

DOMで定義されるのはインターフェースだけになります。なので,それらを介し文書ツリーやその他のオブジェクトにアクセスする言語が必要です。DOMを利用するうえでよく使われるプログラミング言語のひとつに,JavaScriptがあります。

JavaScriptとは,⁠ECMAScript (ECMA-262)」という言語仕様の実装になります。ECMAScriptはEcma Internationalという団体により標準化されおり,2009年11月時点の最新版は第三版 (3rd Edition) で,⁠ECMAScript 3」と呼ばれています。

JavaScriptにもバージョンがあり,主要なブラウザーで一般的に使われているのは,ECMAScript 3準拠のJavaScript 1.5になります。MicrosoftがサポートするのはJavaScriptではなく「JScript」というJavaScript互換の言語ですが, IE5.5以降のものであればECMAScript 3におおむね準拠しているとのことです。

Standard ECMA-262
Ecma Internationalで公開されている,ECMAScript 3の仕様書です(PDF)⁠
Under Translation of ECMA-262 3rd Edition
ECMAScript 3の日本語訳。こちらはHTML版になっているほか,正誤表なども反映されています。
What Is JScript?
MicrosoftによるJScriptの紹介。JScriptはMicrosoftによるECMAScript 3の実装といったことが書かれています。
JavaScript - Wikipedia
WikipediaによるJavaScriptの紹介。歴史やECMAScriptとの関係などがまとめられています。

非標準なDOMの存在と,実装の非互換がもたらす問題

さて,Web標準の紹介だけで済めば楽なのですが,そうもいきません。というのも,世の中には仕様のない「非標準な」オブジェクトがたくさん存在しているからです。

W3CでDOM仕様が標準化される以前より,ブラウザーはHTML文書にアクセスするオブジェクトを独自に実装していました。しかし,DOM仕様では一部のオブジェクトのみが仕様に取り込まれるだけで,大部分は標準化されませんでした。

また,ウインドウや履歴など,ブラウザーの機能にアクセスするDOM (またはBrowser Object Model, BOMとも) は,実装に依存するという問題から仕様化されることがありませんでした。

ブラウザーの標準対応状況に差異があったことなどから,DOMの標準化以降もこうしたオブジェクトは使われ続けました。また,ベンダーによる拡張なども継続して行われ,非標準なオブジェクトが増えてしまいました。

ここで困るのが,サポートする実装同士の互換性です。非標準なオブジェクトには仕様がないので,その実装はベンダーごとに独自の解釈がなされます。ですから,同じオブジェクトでもその挙動に非互換が生まれる可能性があるのです。

仕様も互換性もない状況では,開発者に負担がかかってしまいます。Webアプリケーションへの期待が高まる今,こうした問題への解決に焦点があたっています。幸いなことに,リバースエンジニアリングによる非互換の解消がすこしづつ行われてはいます。しかし,仕様が存在していないという問題は依然として残ったままです。

著者プロフィール

矢倉眞隆(やくらまさたか)

株式会社ミツエーリンクスにて、品質向上に関する業務やWeb標準の啓蒙などに取り組む。HTMLやCSS,WebAppsなどWeb技術の最新動向を追いかけ,「Web標準Blog」にて情報を公開中。

コメント

コメントの記入