ZenphotoでかんたんWebギャラリー

第4回 複数ユーザーで管理する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ZenphotoはCMSです。CMSといえば,利用する上で「何を」⁠どのように」管理すれば良いかを念頭に置くことが肝心であり,前回までは「アルバムの公開」「作品の保護」のやり方について紹介してきました。

そして,CMSにとっては「誰が」管理するかというのも重要な要素の一つです。Zenphotoは様々な種類のユーザーを作成する機能を備えており,今回は「固有のアルバムを管理出来るユーザー」をテーマに,Zenphotoにおけるユーザー管理について紹介します。

ユーザーの追加

まずはインストール時に作成したマスターアカウント以外の新たなユーザーを追加するため,管理画面の「ユーザー」タブから,⁠新規ユーザの追加」をクリックします。

図1 ユーザーアカウントの管理ページ

図1 ユーザーアカウントの管理ページ

新規ユーザの追加フィールドを展開して,氏名やパスワードなどのユーザ情報を入力するとともに,そのユーザーの「権限」を設定する必要があります。ここでは新規ユーザー名を「tomooka67」としました(記事で掲載していた写真作品の作者です)⁠

図2 新規ユーザ情報の入力と権限の設定

図2 新規ユーザ情報の入力と権限の設定

権限の各項目は,主に管理画面にログインしたときにそのユーザが何をできるのかを示すものです。各権限の組み合わせは,おおよそ以下の3パターンを意図するものになります。

  • パスワード保護されたギャラリーを閲覧できる
  • 作成者としてアルバム,画像の投稿ができる
  • 管理者としてギャラリーの管理ができる

パスワード保護されたギャラリーの閲覧のみを目的としたユーザーであれば,デフォルトで選択されている権限のまま「適用」ボタンを押せばユーザーの追加は完了です。

また,管理者と同等の権限を持つアカウントにしたい場合は,インストール時に作成したマスターアカウントの権限設定を参考にすると良いでしょう。

今回は各ユーザーがそれぞれ「作成者としてアルバム,画像の投稿ができる」ようにするために,デフォルトの権限設定に加えて,⁠アップロード」「アルバム」の権限を有効化します。そして次に,専用アルバムの設定をする必要があります。

ユーザー専用アルバムの設定

各ユーザーにそれぞれ個別にアルバムを管理させるためには,権限設定の他に「管理しているアルバム」を登録する必要があります。それにより,ユーザーは登録された「管理しているアルバム」のフォルダ内に,自由にサブアルバムが作成できるようになります。

新規アルバム作成からユーザーディレクトリとして分かりやすいようにユーザ名と同じ「tomooka67」というアルバムを作り,もう一度ユーザー管理画面から「管理しているアルバム」をクリックしてみます。

図3 管理しているアルバムの項

図3 管理しているアルバムの項

図4 ⁠管理しているアルバム」を展開して選択

図4 「管理しているアルバム」を展開して選択

先に作成しておいた「tomooka67」が一覧に表示されていますので,チェックボックスをオンにして再び「適用」ボタンを押します。これで,追加したユーザーは自分専用のアルバムを管理できるようになります。

ここで,複数ユーザーの例として同様の手順でアカウントを「wakamatsu67」も作成してみました。

著者プロフィール

一戸健宏(いちのへたけひろ)

株式会社ロクナナにて,主にWeb案件のディレクションや,CMSの構築などを担当しているクリエイティブディレクター。

Webだけでなくイベントや撮影など様々な案件を扱うロクナナでは,イベント受付や撮影助手の他,体格を活かして荷物・機材運びなどの力仕事で最前線に立つことも。

URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入