JIRAで進化するプロジェクト管理―ITSの特徴と変遷から見えてきたもの

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

ソフトウェア開発におけるプロジェクト管理は,大きな転換期を迎えています。全体計画ありきの従来のプロジェクト管理から,開発計画を細かく区切り,作業量の実測に基づいて短期間で繰り返すプロジェクト管理に移りつつある中で,プロジェクト管理で活用されるツールも進化しています。本記事では,ITS(Issue Tracking System,課題管理システム)の変遷を振り返りながら,これからのプロジェクト管理ツールに求められるものを探ります。特に,プロジェクト管理ツールとして日本でも導入されることが増えてきたAtlassian JIRA(以下,JIRA)に注目して,その特徴や人気の理由も見ていきます。

ExcelとITS,2つのプロジェクト管理ツール

Excelによるプロジェクト管理

日本のソフトウェア開発の現場では,プロジェクト管理にスプレッドシートがよく使われます。ここではその代表格としてMicrosoft Excel(以下,Excel)を取り上げますが,ほかのスプレッドシートでも基本的に同じことが言えます。Excelは,おもに次の理由からプロジェクト管理でよく使われています。

誰もが使えるOffice製品である
  • 操作の学習コストが少なくて済む
  • 誰に配布しても閲覧,編集できる
スプレッドシートの利点を活かせる
  • 一覧表示に長けている
  • 帳票表現や整形がしやすく印刷もできる
  • 結果の集計やグラフによって可視化できる

誰もが使えるというのはどの分野でも強みです。表現力の高さも相まって,ガントチャートをExcelで書くという文化も生まれました。「Excelで管理しておけば無難」という意識も浸透してきました。

ITSによるプロジェクト管理

一方,欧米では,Excelはチェックリストなどで活用されることはあっても,プロジェクト管理に使われることはあまり多くありません。なぜならば,2000年前後から,バグや障害の追跡システム(Bug/Defect Tracking System)を起源として,さまざまな課題(Issues)や作業(Activities)を取り扱うプラクティスとツールが考案・実践されてきたからです。これがいわゆるITSです。

この時期は,オブジェクト指向パラダイムやアジャイルマニフェストなど,ソフトウェア開発でさまざまな取り組みが始まった時期でもあります。ソフトウェア開発が一気に複雑になることがわかっていたため,できるだけコントロールされた状態を保つための方法論が考案されました。

当初,ITSはプロジェクト内の特定の事項を追跡・管理することをおもな目的としていました。たとえば,「バグを改修する」というプロセスの追跡と管理をする場合,次のようにバグのライフサイクルをコントロールするところからスタートします。

  1. バグを発見し,バグ情報を起票する
  2. 改修の可否を意思決定する
  3. バグの原因を分析する
  4. 改修作業を行う
  5. 改修内容とテスト結果を確認する
  6. バグ改修版をリリースする

これらが一連のワークフローを形成すると,バグ改修という開発者の作業だけではなく,テスト担当者やプロジェクト管理者,ビルド管理者,リリース管理者などほかの多くの担当者が関心を持つ事象にも応用できることがわかってきました。これはいわゆる「変更管理」のしくみです。ソフトウェア開発では,機能拡張も,仕様変更も,バグ改修も,すべてソフトウェアへの変更と位置づけられます。これらの変更を適切に収集し,意思決定し,遂行すること,またその状況が見えることは,複雑なソフトウェア開発を簡素にする方策として有益であることが見えてきました。

ExcelとITSの違い

それでは,ExcelとITSにはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは,次の3つの点に注目してそれぞれの特徴を把握していきましょう。

  • 情報の管理形態
  • 取り扱える情報の性質
  • 成果(物)との関連性とそのしやすさ
情報の管理形態

Excelはファイル単位で情報を管理します。ファイルサーバやクラウドストレージなどで共有しない限り,基本的に情報は分散する傾向にあります。各自がコピーを持ち,ローカルディスクに保管している様子をイメージしてください。この場合,「どれが正しい情報か」「更新が正しく伝わっているか」を把握するのが難しく,人手や人のモラルに依存する傾向があります。

ITSはDBで一元管理されており,最新の正しい情報が明確なので,共有と更新について神経をすり減らす必要はありません。また,ITSは専用のクライアントや,Webブラウザからアクセスできるインタフェースを備えており,目的に応じたIssueの一覧表示と選択したIssueの詳細を表示・編集するしくみを提供してくれます。

取り扱える情報の性質

Excelでの情報は,あくまでスナップショットです。今の状況を把握し,更新したい場合には都合がよいですが,履歴の表現には向いていません。履歴を表現するには,以前の状態のファイルをコピーし,ファイル名の後ろに日付と時間を付加したりして保管することがよくあります。

ITSでは,DBによる蓄積と更新が行われ,履歴を閲覧できるようになっています。また,ワークフローが定義されており,一連の手順に従ってステータスを更新したり,そのときに必要な入力を促したりするしくみがあります。これにより動的に情報を扱いやすくなり,入力や更新,情報の閲覧の負担が軽減されます。

成果(物)との関連性

ソフトウェア開発でのプロジェクト管理という性質上,その作業には,成果(物)が伴います。たとえば,バグの改修ならば,成果として,バグが改修されたソースコード,ビルド成果物が発生します(また,目に見える成果以外にも知見を得ることができます)。

Excelでのプロジェクト管理では,一般的に手作業で成果(物)を記録します。バージョン管理されているソースコードのコミットIDを把握し,所定の列に手作業で入力します。この作業はとても負担がかかるうえに,ミスが起こる恐れもあります。

ITSでは,バージョン管理システムや要求管理システムなど,ほかのシステムと連携可能なしくみを持っているものが増えています。手動で入力するもの,情報をITSとバージョン管理システムなどで二重管理するもの,APIで連携し合うものなどさまざまな種類のものがありますが,Excelでの管理と比べると入力の負担は少ない傾向にあります。

以上をまとめると,表1のようになります。

表1 ExcelとITSの特徴

項目ExcelITS
情報の管理形態ファイル単位でデータを管理。情報の集中と分散は手作業で行わなければならないDBでデータを一元管理。情報は集中管理されている。DBにアクセスできないと情報を得られない可能性がある
情報の性質静的。履歴の記録や,ワークフローに従って入力し把握するのには不向き動的。ワークフローをあらかじめ定義する。情報の履歴を記録し,閲覧可能にする。権限設定や,入力項目の制限もできる
成果(物)との関連性進捗と成果(物)の関連付けに負担がかかる進捗と成果(物)を関連付けるしくみが確立されつつある

著者プロフィール

長沢智治(ながさわともはる)

Atlassian 唯一のテクニカルエバンジェリスト。Rational Software などでソフトウェア開発業務改善のコンサルタント,ソリューションアーキテクトを経験し,Microsoft での7年間エバンジェリストとしての活動を経て,2014年より Atlassian に参加。

全国各地の開発現場やワークスタイルの革新のために「破壊と創造」をもたらし,仕事とビジネスが楽しくなることを願ってあれやこれや活動し続ける型にはまらないエバンジェリスト。悪巧みなどお気軽にお声がけください。

「通りすがりのエバンジェリスト」「パワポ職人」と呼ばれることもある。

趣味は,海水魚やオオクワガタの飼育,仮面ライダーの研究など。

長沢智治のTwitter(@tomohn):http://twitter.com/tomohn
長沢智治のFacebook:http://facebook.com/tomoharu.nagasawa
長沢智治のEllo:http://ello.co/tnagasawa
長沢智治のブログ re-workstyle.com:http://re-workstyle.com
長沢智治のもう一つのブログ:http://blogs.itmedia.co.jp/nagap/
長沢智治コラム連載:http://buildinsider.net/column/nagasawa-tomoharu
アトラシアン株式会社 Webサイト:https://www.atlassian.com/ja/
アトラシアン株式会社ブログ:http://japan.blogs.atlassian.com

イベントや社内勉強会などでの講演や現場訪問を無料で承ります。

まずは,お気軽にご相談ください。

講演や現場訪問についての詳細情報:http://re-workstyle.com/requests/

バックナンバー

管理

  • JIRAで進化するプロジェクト管理―ITSの特徴と変遷から見えてきたもの

コメント

コメントの記入