Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第4回 Android Studio v0.1.2登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

5月29日,明けて30日の2日間でAndroid Studio の v0.1.1 と v0.1.2 が立て続けにリリースされました。ファーストリリース(5月15日)から2週間で出てくるとは良いペースですね。

それでもしばらくはv0.1を使い続け,頃合いをみてアップデートしようと思っていたのですが,リリースのされ方がちょっと放っておけない様子だったので,予定を変更してAndroid Studioのアップデートの正しい付き合い方について説明したいと思います。

注意:本文中に登場する<AS_INSTALL>などのシンボルの意味は,第2回の表2を参照してください。

Android Studioのリリースのされ方

まだアップデートも数回ですし,改善要望を出しているわけではないので,これがGoogleのスタンスと決めつけるのは時期尚早ですよ,と最初に但し書きしておきます。

v0.1.1とv0.1.2がどうリリースされたか,という結果だけで言うと,新しいバージョンがリリースされると,旧バージョンは入手不可能になる場合があります。

Android Studioのダウンロードページを見ると,最新版の v0.1.1 のリンクのみで以前の v0.1 のリンクが無くなってしまいました図1)⁠

図1 Android Studioのダウンロードページ(2013/5/30現在)

図1 Android Studioのダウンロードページ(2013/5/30現在)

Android Studioは自分自身を更新するアップデート方式と,新たにインストールパッケージをダウンロードしなおす新規インストール方式の2通りありますが,すでにリリースされた各バージョンは次のようになっていました。

  • v0.1.1 …アップデート方式とダウンロード方式の2通りで公開
  • v0.1.2 …アップデート方式のみで公開

ポリシーがあるようでなさそうなリリース方式ですね。

一連のアップデートから推測するに,アップデート方式が基本で,場合に応じてインストールパッケージの配布を行うというポリシーなのでしょう。ただ,過去バージョンの入手が困難になるのは,ちょっと困るなと思いました。

昔のバージョンが手に入らないとどう困るかというと,Early Access Preview(EAP)は言うなれば,βもしくはα版のようなもので不安定なのがお決まりです。当然,利用する側もそれを覚悟の上で使っているのですが,新しいバージョンが試用に堪えないほど不安定だったら前のバージョンに戻れる,という保証があってこそ人柱になれるものでしょう。それを後戻り無しというのはさすがに抵抗があります。

Android Studioのアップデートについて

「アップデート通知が来たけど,どうなるかわからないので放置していた」という人向けに,アップデートの一連の流れを紹介します。ダウンロード方式はいわゆる新規インストールと同等のため,説明は割愛します。

Android Studio自身によるアップデート方法は「Update Info」ダイアログの通知から開始します。

図2 ⁠Update Info」ダイアログ(Windows版)

図2 「Update Info」ダイアログ(Windows版)

アップデート情報はAndroid Studioを立ち上げていれば何もしなくとも通知が来ると思いますが,明示的にチェックする場合はアプリケーションメニューの「Check for Update...」から行います(Windowsの場合は「Help→Check for Update...」⁠

一応,アップデートの設定箇所を説明しておきます。設定箇所は「Preferences(Settings)⁠Updates」にあります。EAPを使っていて,ここの設定をOFFにするのは得策ではありませんが,いずれ正式版がリリースされたときに,この設定をお好みのものに変更すると良いでしょう。

図3 ⁠Preferences / Updates」の設定画面

図3 「Preferences / Updates」の設定画面

話が逸れたついでですが,Android Studioのアップデート情報は以下のURLから取得しているようです。

ベースとなったIntelliJのアップデート情報とは異なるURLだったので「なるほど,やっぱりAndroid StudioはGoogleから提供するものなのだ」と妙に納得しました。

なお,v0.1.1の後にIntelliJ側(IDEA13 EAP)のアップデートが公開され,その後 v0.1.2がリリースされました。お互いのビルド番号から,一連のアップデートに関連性が薄そうだと推測できます表1)⁠

表1 Android StudioとIDEA13 EAPのリリースとビルド番号

リリース日プロダクトビルド番号
2013/5/29Android Studio v0.1.1130.687321
2013/5/29IntelliJ IDEA 13 EAP130.754
2013/5/31Android Studio v0.1.2130.692269

Android StudioとIDEA13のビルド番号の関係について,どこかで明言されているわけではありませんが,IDEA13 EAP側のアップデート情報に記載された修正情報が,Android Studioにも反映されているかどうかから,ある程度の関連が確認できました。

話を戻します。⁠Update Info」によるアップデートはパッチ提供による差分アップデートのため,ダウンロードサイズも小さく比較的短時間で終わります。ただ,今の環境を書き換えてしまうのが,時としてデメリットになります(今回の件などがそうでしょう)⁠

ダウンロード方式のインストールパッケージからアップデートするのは手堅いやり方ですが,Windows版は毎回インストーラ経由で行うことになるので,ちょっとした手間です。ただしインストールパッケージを手元に残す意味はあるので,インストールするかどうかは別として入手だけはしておいたほうがいいでしょう(当然,インストールパッケージが提供されている時に限ります)⁠

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入