Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第12回 エディタの話[その4]─テンプレート展開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

今回は,前回のコード補完で軽く流したライブテンプレート展開と,それに関連したテンプレート系の入力補助機能について説明します。

ライブテンプレートの展開

コマンド名は"Insert Live Template"。

「ライブテンプレート(Live Templates)⁠とは,Eclipseの「テンプレート」に相当する機能です。Eclipseを使っている人には信じられないかも知れませんが,テンプレートは通常のコード補完(Basic補完)の候補に出てきません。

図1 ライブテンプレートの展開

図1 ライブテンプレートの展開

図2 Eclipseのテンプレート展開の例

図2 Eclipseのテンプレート展開の例

プリセットされているテンプレート名も直感的ではなく,テンプレート展開のプレビューもでないため,正直言って使いやすくないです。テンプレートは「Preferences / Live Templates」に登録してあるので,筆者は真っ先に「iterations」のテンプレートを表1のようにリネームして使ってます。

図3 ⁠Preferences / Live Templates」設定画面

図3 「Preferences / Live Templates」設定画面

表1 iterationsライブテンプレートの変更例

Description(説明)デフォルト値変更後の値
Create iteration loopfori
Iterate elements of arrayitarfor_arr
Iterate elements of java.util.Collectionitcofor_col
Iterate java.util.Enumerationitenfor_enum
Iterate Iteratable|Array in J2SDK 5.0 syntaxiterfor_each
Iterate java.util.Iteratorititfor_ite
Iterate elements of java.util.Listitlifor_list
Iterate tokens from Stringittokfor_st
Iterate elements of java.util.Vectoritvefor_vec
Iterate elements of array in reverse orderritarfor_rev

ちなみにライブテンプレートのプレビューはLiveTemplatePreviewプラグインでできるようになります。詳しくは後の回で紹介します。

コードを囲んだライブテンプレートの展開

コマンド名は "Surround with Live Template"。

先ほどのライブテンプレートとは異なり,テンプレートを挿入するのではなく「選択範囲を」テンプレートで囲みます。Eclipseでいう「囲む(メニューバーの「ソース → 囲む」⁠に相当します。何も選択していない場合は,カーソル行が対象になります。

図4 ライブテンプレートで囲む(Surround with Live Template)の例

図4 ライブテンプレートで囲む(Surround with Live Template)の例

テンプレートの数は多くありません。先ほど紹介した「Preferences / Live Templates」の中の「Surround」カテゴリに含まれるテンプレートだけが候補に出てきます。

ショートカットキーは,先ほど紹介した "Insert Live Template" と別のキーがアサインされています。似たようなコマンドに "Surround With..." があり,こちらがこのコマンドを兼ねるため,ほとんど使ったことが無いです。

図5 "Surround With..."の展開例

図5 

[コラム]ライブテンプレートをBasic補完の候補に出すには

「Android Studioがそうなってる」といってもBasic補完の候補にライブテンプレートが出てこないのは,さすがに頭が固いと思います。開発元もそう思ったかは定かではありませんが,隠しオプションを有効にすることでBasic補完の候補にライブテンプレートを表示することができます。

やり方は「Find Action」を開き,"Include non-menu actions"をONにして "Registry" コマンドを実行します。⁠Registry」ダイアログが表示されるので「show.live.templates.in.completion」を探して,チェックを有効にしてください。

図6 ⁠Registry」ダイアログの例

図6 「Registry」ダイアログの例

このオプションを有効にすることで,図7のようにBasic補完の候補にライブテンプレートが登場します。

図7 Basic補完にライブテンプレートが出てくる

図7 Basic補完にライブテンプレートが出てくる

こんな便利な隠しオプションがあるなら,元から有効にしておけば良いと思うのですが,何か理由でもあるんですかねぇ……。

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入