Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第18回 エディタの話[その10]─ 続・いろいろなナビゲーション+検索

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

はじめに

前回に引き続きAndroid Studioのさまざまな移動方法について説明します。

前回の補足

細かなところで違いがありますが,おもだった移動手段はほぼEclipseと変わりが無いことがわかったと思います。Eclipseのマウス操作に関してもAndroid Studioでも似たようなことができます(イマドキだと「マウス操作」ではなく「ポインティングデバイス操作」が正しいんでしょうか?本稿では「マウス操作」で統一しておきます)⁠

マウスオーバーで "Quick Documentation"
もともとカーソルを対象に移動して "Quick Documentation" を実行すれば済む話なのですが,Ecilpse移行組に言わせると「ドキュメント参照するためだけにカーソルを移動するのが煩わしい」そうです。
そのあたりの要望を汲んでかAndroid Studioでも,マウスオーバーで "Quick Documentation" ができます。
この機能を有効にする/ドキュメント参照までの待ち時間については「Preferences / Editor」「Show quick doc on mouse move」で設定できます。ちなみに筆者はこの機能を鬱陶しいと思っているのでOFFにしています。

図1 ⁠Preferences / Editor」設定画面

図1 「Preferences / Editor」設定画面

Ctrlキーを押しながらマウスオーバーでちょっと不思議な宣言表示
Ctrlキーを押しながらマウスカーソルを移動するとクリック可能な場所がハイパーリンク表示されます。この状態の対象にそのままマウスオーバーすると,図2のような定義情報がポップアップされます。

図2 Ctrlキーを押しながらリンク上にマウスカーソルを置く

図2 Ctrlキーを押しながらリンク上にマウスカーソルを置く

この機能に相当するコマンド名は存在しておらず,どうやらこのキーコンビネーションでのみ実行可能な機能のようです。また,これに相当する機能はEclipseには無いと思います。
ポップアップに表示される定義情報にもハイパーリンクが表示されるので,次に説明する「宣言に移動」の役に立つのかも知れません(筆者は,この機能をほとんど使ったことはありません)⁠
Ctrlキーを押しながらマウスの左クリックで「宣言に移動」
メニューバーの「Navitate → Declaration」相当の機能です。Eclipseの場合,宣言部や実装部などジャンプする場所を選択できますが,Android Studioの場合,宣言部にだけジャンプします。

図3 EclipseのCtrlキーを押しながらクリック

図3 EclipseのCtrlキーを押しながらクリック

Eclipseとは異なり,真ん中ボタンのあるマウスの場合,真ん中ボタンのクリックでも代用できます。
MacBookなどでは「Ctrlキーとポインティングデバイスのクリック」の組み合わせは右クリックと判断されるため「宣言に移動」と一緒にコンテキストメニューも表示され,とても鬱陶しいです。そのため,当然のように筆者はこの機能を使いません。

一連のマウス操作を図4に示します。

図3 Android Studioのマウス操作の例(クリックすると動きがわかります)

EclipseではSHIFTキーとマウスオーバーで,Android Studioの"Quick Definition"相当の事ができますが,Android Studioのマウス操作には,それに該当する機能はありません。実際にSHIFTキーを押しながらマウスオーバーを行っても何も起こりません。

図5 EclipseのSHIFTキーを押しながらマウスオーバー

図5 EclipseのSHIFTキーを押しながらマウスオーバー

前回の続き

ツールウィンドウが絡むため,今回に繰り越した以下の3つについて説明します。

「Navigate → Type Hierarchy」
Eclipseの「ナビゲート → 型階層を開く」に相当します。
「Structureツールウィンドウ」でも代用が利くので,あまり使ったことはありません。
「Navigate → Method Hierarchy」
Eclipseに相当する機能はありません。⁠ナビゲート → 実装を開く」が比較的類似している機能です。
どのクラスがメソッドをオーバライドしているか一覧表示されますが,Eclipse同様"Implementation(s)", "Super Method"など似たようなコマンドで代用が利くので,あまり使ったことはありません。
「Navigate → Call Hierarchy」
Eclipseの「ナビゲート → 呼び出し階層を開く」に相当します。
メソッドの呼び出し階層を開きます。Eclipseの同機能と異なりインターフェイスや抽象クラスの実装クラスも追跡します。追跡性能がとても高いため,ほかの2つと違い多用している機能のひとつです。

それぞれ実行すると「Hierarchyツールウィンドウ」にその結果が表示されます。

図6 ⁠Hierarchyツールウィンドウ」の例

図6 「Hierarchyツールウィンドウ」の例

※標準では画面右側に表示されます。

「Hierarchyツールウィンドウ」上では,いつものように"Quick Definition"や"Quick Documentation"が有効になるので,ちょっとした参照などに活用しましょう。

後で説明する「Findツールウィンドウ」にも共通の話ですが「Hierarchyツールウィンドウ」の次のツールバーアイコンについて,その機能を説明しておきます。

図7 ⁠Hierarchyツールウィンドウ」のツールバーアイコン

図7 「Hierarchyツールウィンドウ」のツールバーアイコン

この中で覚えておいて欲しいのは「Pin Tab」「Close」です。このアイコンはトグルボタンで,このアイコンをONの状態にしておくと,その結果を残しておくことができます。通常(⁠Pin Tab」がOFF)だと「Hierarchyツールウィンドウ」には1つの検索結果しか表示されず,Hierarchy系のコマンドを実行する都度,上書きされていきます。

ある検索結果を残しておきたい場合は,その検索結果の「Pin Tab」をONにします。すると他のHierarchy系のコマンドを実行すると,その検索結果は違うタブに出力されるようになります。

図8 ⁠Pin Tab」をONにして複数の検索結果を残す

図8 「Pin Tab」をONにして複数の検索結果を残す

 タブの表示のされ方はShow Views as Tabsの指定によります。

Eclipseにも似たような機能と異なり,ピンを立てるとツールウィンドウ内にタブが増えていきます。このインターフェイスの都合上,複数の検索結果を並べて同時に参照することはできません。また,EclipseのHierarchy系ビューにある履歴機能に相当する機能はありません。

「Close」アイコンは説明するまでもありませんが,その検索結果を閉じます。通常(タブ表示してなく,1つの検索結果のみを表示している場合)だと「Hierarchyツールウィンドウ」自体が閉じます。残念ですが「Hierarchyツールウィンドウ」の検索結果はプロジェクトを閉じると消えて無くなります(次回プロジェクトを開いたときに復元されない)⁠

この「Pin Tab」⁠Close」アイコンは,他のツールウィンドウでも見かける場合がありますが,その機能はすべて同じです。

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入