Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第24回 バージョン管理 ─GitとGitHub連携

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

今回から具体的なバージョン管理システムを用いたAndroid Studioの連携を紹介します。第3回で紹介したサンプルコードが手頃なので,このプロジェクトをそれぞれのバージョン管理システムに対応させていきます。

手始めに最近もっとも人気があるGitとGitHubについてです。GitやGitHubについては多くを説明しませんので,他の記事やWebリソースで学習しておいてください。

事前準備

Android Studioは標準でGitやGitHubをサポートしていますが,最低限以下の準備を行っておいてください。

  • Gitのコマンドラインツールgitを導入しておく
  • GitHubのアカウントを用意しておく

コマンドラインツールはGitの公式サイトから,それぞれのプラットフォームに対応したものをダウンロードしてインストールしておいてください。

環境変数 PATHgitコマンドが登録されていればAndroid Studio側は特に設定は要りません。このあたりの説明を読んでも「?」と思う方は「Preferences / Version Control / Git」「Path to Git executable」gitコマンドの場所を指定しておいてください。

図1 「Preferences / Version Control / Git」設定画面

図1 「Preferences / Version Control / Git」設定画面

Android StudioのGitサポートの実態は「Android Studioからgitコマンドを実行して,あたかもシームレスに連携できているようにみせる」です。Android Studio自体にGitクライアントの機能はありません。そのため,GitクライアントとしてのさまざまなオプションはAndroid Studioではなく,gitコマンドに対して行います。

たとえば,企業ネットワーク内などプロキシを経由しないとインターネットに接続できない環境で使用する場合は,リスト1のように<HOME>/.gitconfigにプロキシサーバの設定を行います(Android Studioのプロキシ設定はgitコマンドに影響しません)。

リスト1 .gitconfigにプロキシサーバの設定を行う

[http]
  proxy = http://proxy.example.com:8080

事前準備はこれでおしまいですが,gitコマンド,Android Studioの他にもうひとつGitクライアントを用意しておきましょう。Android StudioのGitサポートは万能ではないので,代替として専用のクライアントを用意しておいたほうが断然良いです。なんでもかんでもAndroid Studioで済まそうとするとストレスの元なので「面倒だな」と思った操作はとっとと見切りをつけてコマンドラインか専用クライアントで作業したほうが簡単です。

GitのせMacの場合はSourceTreeWindowsの場合はSourceTreeかTortoiseGitあたりがオススメです。

プロジェクトをGit連携する

Git連携するプロジェクトが無い場合はまずはそのプロジェクトを作成しましょう。Git連携は望んだときにいつでもできるので,すでに作成済みのプロジェクトがあればそれを用いても構いません。

メニューバーから「VCS → Enable Version Control Integration...」を実行し「Git」を選びます。

図2 "Enable Version Control Integration..."の実行例

図2 

「VCS → Import into Version Control → Create Git Repository...」でも同じ結果になります。

図3 "Create Git Repository..."の実行例

図3 

こちらを実行した場合は,図4のように任意のディレクトリをGitリポジトリにできます(先ほどの"Enable Version Control Integration"は必ずプロジェクトルート<PROJECT_HOME>がGitリポジトリの場所になります)。

図4 "Create Git Repository..."ではリポジトリの場所を指定する

図4 

これで,プロジェクトがGit連携状態になりました。ツールバーにVCS関連のアイコンが追加され,「Changesツールウィンドウ」「Version Controlツールウィンドウ」が表示されます。

図5 Git連携状態のAndroid Studio

図5 Git連携状態のAndroid Studio

Git連携の場合,ステータスバーの右端にブランチ名が表示されます。この地味ぃなインターフェイスは意外に便利なので,存在を覚えておいてください。

細かい設定の話はあとでまとめて紹介しますが,この一連の操作で登録したGit連携の情報は「Preferences / Version Control」で確認することができます<PROJECT_HOME>がGitに設定されていることがわかります)。

図6 「Preferences / Version Control」設定画面

図6 「Preferences / Version Control」設定画面

<PROJECT_HOME>が絶対パスになっているのが気に入りませんが,内部的には相対パスで管理しているようです。

ちなみに,この状態はまだ何もGitリポジトリにAddされていませんが,プロジェクト自体はGitリポジトリになっています。

図7 プロジェクトとGitリポジトリの状態

図7 プロジェクトとGitリポジトリの状態

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入