Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第38回 プロジェクトの実行方法について

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7.5 分

はじめに

第3回でさっと説明したままずーっと放置してきたプロジェクトの実行方法について説明します。肝心のこの方法を38回目になるまでほとんど説明せずに進めてきたなと我ながら感心します。

実行構成について

Android Studioのプロジェクトの実行方法は「Run/Debug Configuration」という機能を用いて行います。ちょっと名称が長いので本連載では「実行構成」と呼びます。

ツールバーのちょうど真ん中当たりにあるドロップダウンリストが実行構成です。

図1 実行構成

図1 実行構成

常時ツールバーに表示されている実行構成がカレントの実行構成です。隣にある2つのアイコンで,それぞれ通常の実行("Run")⁠デバッグ実行("Debug")を行うことができます。デバッグ実行については,次回改めて説明するので今回は割愛します(その隣にある3つ目のアイコンも次回へ)⁠メニューバーから実行する場合は,Runメニューの"Run"を選択します。

Android Studioでプロジェクトを作成すると,初めから1つ実行構成が作成済みなので,あまり意識したことは無いかと思いますが,ツールバーのドロップダウンリストか,メニューバーのRunメニューから "Edit Configurations..." を選ぶと実行構成の編集画面が表示されます。

この実行構成については,Eclipseにも似たような機能があるので,Eclipseからの移行組には違和感が無いのでは?と思います。

ツールバーを非表示にした場合

少しでも画面を広く使いたいためツールバーを非表示にすると,実行構成関係の機能はナビゲーションバーに表示されます。それほど便利な機能なのでしょう。事実,筆者も「ツールバーは非常時/ナビゲーションバーは表示」を常用しているので,このちょっとした配慮をとても気に入っています。

図2 ツールバーを非表示にするとナビゲーションバーに機能が移る

図2 ツールバーを非表示にするとナビゲーションバーに機能が移る

実行構成の編集

「Run/Debug Configurations」ダイアログの使い方について説明します。左側にはカテゴリ別に利用可能な実行構成がリストアップしてあります。初期状態では,図3のような状態になっています。

図3 ⁠Run/Debug Configurations」ダイアログ

図3 「Run/Debug Configurations」ダイアログ

「Android Application」カテゴリの実行構成「app」が設定済みです。この実行構成は「モジュールappのデフォルトAPKをデプロイして,デフォルトのアクティビティを実行する」という設定になっています。Android Studioでは,この実行構成を目的・用途別に複数用意しておくことができます。

実行構成は「永続的な実行構成」「一時的な実行構成」の2種類あります。この違いは実行構成の作り方によって決まります。

永続的な実行構成
「Run/Debug Configurations」で明示的に作成した実行構成のことを指します(エディタ上のコンテキストメニューから「Create <クラス名>」を実行しても同じです)⁠
一時的な実行構成
Android Studioでは,プロジェクトの実行指示をとてもカジュアルに行うことができます。アクティビティやテストケースなど,実行可能なソースコードをエディタ上で編集している際にコンテキストメニューから「Run <クラス名>」「Debug <クラス名>」を選択するだけで対象を実行することができます。

図4 実行可能な対象から直接,実行構成を作る

図4 実行可能な対象から直接,実行構成を作る

この方法で作られた実行構成を「一時的な実行構成」と呼びます。⁠永続的な実行構成」と比べると実行構成のアイコンが薄くなっているのが特徴です。

図5 一時的な実行構成

図5 一時的な実行構成

「一時的な実行構成」はその数の上限が決まっており,一定数を超えると古い実行構成から消えていきます。これは,JUnitなどのテストケースを特定のクラスだけ/特定のメソッドだけ,などのようにカジュアルに実行していくことを想定しての機能なのですが,Android開発でこの機能が有意義に活用されるのか?というと疑問が残ります。

なお「一時的な実行構成」の上限は「Run/Debug Configurations」ダイアログの左側にある「Defaults」を選択したときに右側の下部に表示される「Temporary configurations limit」で設定できます。

図6 ⁠一時的な実行構成」の上限値の設定

図6 「一時的な実行構成」の上限値の設定

さらに「一時的な実行構成」は以下の手順で「永続的な実行構成」に格上げすることができます。

  1. ツールバーのドロップダウンリストから「Save <実行構成名> Configuration」を選択する

もしくは,

  1. 「Run/Debug Configurations」ダイアログから該当する実行構成を選択する
  2. 左側上部のツールバーに Save Configuration」が現れるので,これをクリックする

です。でも,こんな手順,ふつう気がつきませんよね……。

図7 ⁠一時的な実行構成」「永続的な実行構成」にする

図7 「一時的な実行構成」を「永続的な実行構成」にする

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入