ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング

第20回 戻り値をクラスで定義する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

前回の第19回Objectクラスと静的メソッドの定義では,MyTimerクラスに手を加え,getElapsedTime()メソッドがObjectインスタンスを返すようにした図1)。今回は,さらに新たなクラスを定義して,MyTimerクラスと組合わせて使ってみたい(前回のサンプルファイルは2ページからダウンロードできる)。なお,今回から新発売のFlash CS4 Professionalを用いることにする※1)。

図1 MyTimerクラスの定義

図1 MyTimerクラスの定義

※1)
したがって,とくに断りのないかぎり,パブリッシュするSWFのバージョンもFlash Player 10とする。ただし,今後の本講座の内容もほとんどは,Flash Player 9でパブリッシュしても問題なく動作するはずだ。

情報を収めるクラスの定義

MyTimerクラスのgetElapsedTime()メソッドが返すObjectインスタンスは,さまざまなプロパティ値が自由に設定できる。しかし反面,その自由さが問題でもある。たとえば,クラス定義(AS)ファイルと同階層に保存したFlashムービー(FLA)ファイルにつぎのようなフレームアクションを記述すれば,getElapsedTime()メソッドの戻り値であるObjectインスタンスにnameという名前のプロパティを設定したり,数値を納めるつもりのプロパティhoursに文字列が代入できてしまう図2)。

var myObject:MyTimer = new MyTimer();
var oElapsedTime:Object = myObject.getElapsedTime();
oElapsedTime.name = "fumio";
oElapsedTime.hours = "one o'clock";

図2 Objectインスタンスにはプロパティも値も自由に設定できる

図2 Objectインスタンスにはプロパティも値も自由に設定できる

設定できるプロパティやそのデータ型を指定するには,カスタムクラスを定義すればよい。クラス名はMyTimerInfoとし,数値のインスタンスプロパティとしてhours,minutes,seconds, millisecondsを宣言する。すると,クラスMyTimerInfoの大枠は,つぎのように定義されよう。なお,各プロパティは整数のint型で指定した。

package {
  public class MyTimerInfo {
    public var milliseconds:int;
    public var seconds:int;
    public var minutes:int;
    public var hours:int;
    public function MyTimerInfo() {
    }
  }
}

このMyTimerInfoクラスのインスタンスには,宣言した以外のプロパティは設定できない図3)。また,もちろん代入できる値は,データ型として指定した数値のみだ※2)。

図3 クラスMyTimerInfoに宣言されたプロパティ以外は設定できない

図3 クラスMyTimerInfoに宣言されたプロパティ以外は設定できない

※2)
プロパティをint型で指定してあっても,小数値を代入することはできる。ただし,小数点以下が切捨てられ,整数部のみが設定される。

MyTimerクラスからMyTimerInfoクラスを使う

クラスMyTimerInfoには,さらにメソッドも加えたい。しかしその前に,MyTimerクラスのメソッドgetElapsedTime()に修正を加えて,戻り値はObjectでなくMyTimerInfoインスタンスにしておこう(スクリプト1)。また,MyTimerInfoクラスに新たに定義するメソッドについても,MyTimerクラスからどのように使いたいのかを先に決めてしまうことにする。

スクリプト1 MyTimerクラスのgetElapsedTime()メソッドはMyTimerInfoインスタンスを返す

// ActionScript 3.0クラス定義ファイル: MyTimer.as
package {
  public class MyTimer {
    private var my_date:Date;
    function MyTimer() {
      resetTimer();
    }
    public function resetTimer():void {
      my_date = new Date();
    }
    public function getElapsedTime():MyTimerInfo {
      var current_date:Date = new Date();
      var nElapsedTime:Number = current_date.time - my_date.time;
      var elapsedTime:MyTimerInfo = new MyTimerInfo(nElapsedTime);
      return elapsedTime;
    }
    /* public static function translateToTimeObject(nTime:Number):Object {   // メソッド削除
    } */
  }
}

第1に,getElapsedTime()メソッドの戻り値とその値を納める変数(elapsedTime)のデータ型は,上述のとおりクラスMyTimerInfoで指定した。

そして第2に,MyTimerInfoインスタンスを生成するコンストラクタメソッドの呼出しに,引数として経過時間のミリ秒数(nElapsedTime)を渡している。これは,MyTimerInfoクラスが渡されたミリ秒数をもとに時分秒ミリ秒の値を計算して,各ブロパティに設定することを想定した。したがって,MyTimerクラスにはそれらの数値を計算するメソッドtranslateToTimeObject()は要らなくなる。

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書

コメント

コメントの記入