スマホ×Windows Azure開発講座(iOS編)

第5回 iOSアプリケーションの作成

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

はじめに

前回前々回に作成したサービスアプリケーションを,Windows Azure環境にデプロイしました。今回はこのサービスにアクセスするiOSアプリケーションを作成してみましょう。

前回までのサービスのデプロイが完了している状態が前提となります。前回の最後にコンピュートサービスを削除している場合は,再度デプロイしておいてください。

デプロイには,Windows Live IDに紐付くWindows Azure Platformアカウント(以下,Azureアカウント)が必要になります。持っていない方は無料で評価版を使うことができますので,取得してください。

作成するiOSアプリの概要

今回作成するiOSアプリケーションは,初期画面にカードを引くボタンを一個配置します。そのボタンをタップすると画面が換わり,サービスにアクセスして,カードを引いた結果をJSONで受け取ります。ランクに応じて,Windows Azureのブロブ ストレージから画像を取得して,ランクと説明とともに表示します。

Windows Azureストレージ アカウントの作成

まず,ランク画像をアップするストレージ アカウントを,Windows Azure Platform 管理ポータルで作成しておきましょう。

管理ポータルにサインイン後,右下のリストから「ホステッド サービス,ストレージ アカウント,CDN」を選択し,続けて左側のリストの「ストレージ アカウント」を選択します。

ツールバーの「新規ストレージ アカウント」をクリックします。⁠ストレージ アカウントの新規作成」ダイアログで,任意のURLを入力し,地域を選択して[OK]ボタンを押下すると,アカウントが作成されます図1)⁠

図1 ストレージアカウントの新規作成

図1 ストレージアカウントの新規作成

中央のアカウントリストビューで[状態]が「作成済み」になったら,項目を選択します。右側のプロパティペインに表示された[BlobのURL]と「プライマリ アクセス キー」表示」ボタン押下後コピーできます)を,後で使用します。

ブロブ ストレージへの画像のアップロード

Windows上で,ClumsyLeaf Softwareが提供しているCloudXplorerというフリーソフトを使って,ブロブ ストレージを操作します。

上記サイトより,インストーラをダウンロードしてインストールして,CloudXplorerを起動します。ストレージ アカウントの設定から始めます。Fileメニューの「Accounts…」から「Manage accounts」ダイアログを開きます。[New…]ボタンの「Windows Azure account…」をクリックして,ダイアログの「Name」に先ほどのアカウント名(URLサブドメインの先頭)を,⁠Secret Key」にプライマリ アクセス キーを入力して,[OK]ボタンを押下します図2)⁠

図2 Windows Azure accountダイアログ

図2 Windows Azure accountダイアログ

ダイアログを閉じると,エクスプローラライクのツリービューにアカウントが追加されます。リストビュー上でコンテキストメニューを右クリックで開きます。⁠New」「Container」を選択し,⁠Create directory/container」ダイアログで「Name」「rank」とし,ブロブ コンテナを作成します。さらに追加したコンテナのコンテキストメニューから,⁠Properties」をクリックします。ダイアログの「Policies」タブで[Access Control]を「Public read access (blobs only)」を選択し,適用します。

後は,⁠rank」にコンテキストメニューの「Upload」から1.jpg~10.jpgまで連番でJPEGファイルをアップロードしておきます図3)⁠

図3 CloudXplorer

図3 CloudXplorer

XcodeによるiOSアプリケーションの作成

ここからMac OS Xでの作業です。Xcodeを起動したら,⁠Welcom to Xcode」「Create a new Xcode project」を選択します。

図4 Create a new Xcode projectダイアログ

図4 Create a new Xcode projectダイアログ

「Choose a template for your new project:」ダイアログで「Utility Application」を選びます図4)⁠これはiPhoneにプレインストールされている,天気アプリと似た構成を提供するテンプレートです。メイン画面で右下のインフォマークをタップすると,画面が裏にひっくり返すような遷移とともに,別の画面に行きます。

図5 Choose options for your new projectダイアログ

図5 Choose options for your new projectダイアログ

「Choose options for your new project:」ダイアログで[Product Name]を適当に入力します。オプションは[Use Storyboard]のみチェックします。[Next]ボタンをクリックします図5)⁠プロジェクトの作成先を選んで[Create]ボタンをクリックします。

著者プロフィール

高橋俊光(たかはしとしみつ)

ティルフィン合同会社 代表。

メーカー企業でパッケージソフト開発などに携わった後,ティルフィン合同会社を設立しフリーエンジニアとして,RIAやスマートモバイルアプリとサーバーサイドと広い分野で開発に従事。iOSアプリ トレンドトピック,Newstrushをリリースしている。

コメント

コメントの記入