Developer's Perspective―海外エンジニア/ブロガー 直撃インタビュー+翻訳エッセイ

第2回 「scottberkun.com」Scott Berkun:インタビュー編―問題解決と良いコミュニケーションのヒント

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

今回取り上げるのはScott Berkun(スコット・バークン)です。

Scott Berkun氏

Scott Berkun氏

Berkunはブラウザ戦争まっただ中のMicrosoftで,Internet Explorer(バージョン1~5)のプログラムマネージャとして働いていました。2003年に独立し,プロジェクトマネジメント,ユーザインタフェースデザイン,創造的思考を中心とした幅広いテーマについて著述,講演,コンサルティングを行っています(彼は「書いたことのあるテーマであれば何であれコンサルティングできる」と言っています)。

BerkunのWebサイト図1には,これまでに書きためられた,よく整ったエッセイが60篇もあります。もっと自由に書かれているブログも頻繁に更新されています。中でも有名な記事はAsshole driven developmentで,「くそったれ駆動開発」「認知的不協和開発」といった,現場で見受けられる悲喜劇的な開発スタイルをいくつかBerkunが列挙したところ,読者がコメント欄で反応して奇妙な開発プラクティスのとても長いリストができあがりました注1)。また,BerkunはTwitterもよく使っています(@berkun)。

2冊ある著書はいずれも邦訳されています。1つは前回Joel Spolskyが「プログラムマネージャの仕事内容をよく網羅している唯一の本」として推薦していた『アート・オブ・プロジェクトマネジメント.マイクロソフトで培われた実践手法』(オライリー・ジャパン,2006年)です。この本は,ソフトウェア開発方面で最も注目される賞であるJolt Awardを受賞しています。原書は初版が2005年で,2008年に改訂されて書名がThe Art of Project ManagementからMaking Things Happen(何かを実現する方法)に変わっています。内容としては各章のエクササイズと巻末の付録が追加されています。

もう1つの本は『イノベーションの神話』(オライリー・ジャパン,2007年)で,これは発明や天才にまつわる俗説を暴き,本当にイノベーションを起こすためのプロセスを追求しています。

現在彼は3番めの,講演とプレゼンテーションをテーマとした本を執筆中です。

Berkunはワシントン大学で創造的思考について教えているほか,さまざまな場所で講演をしています。Berkunの名前で検索すれば,いろいろビデオクリップを見つけられると思います。代表的なものをいくつか挙げておきましょう注2)。

Microsoftの開発者サイトMSDNには,The Human FactorというタイトルでBerkunが2000年前後に書いたユーザインタフェースデザインに関するエッセイが公開されています。

60篇の中からどのエッセイを選ぶかでずいぶん迷いましたが,Berkunがワシントン大学で行っている「創造的思考」の授業をコンパクトにまとめたという『創造的思考Hacks』にしました。インタビューのほうは,聞きたいことがいろいろあって,少しとりとめがなくなりましたが,個人的には有用なことが聞けました。

注1)
http://www.scottberkun.com/blog/2007/asshole-driven-development/参照。小飼弾氏による超訳がありますhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50856534.html)。
注2)
その他のビデオクリップやPodcastは次ページの稿末で紹介しています。

著者プロフィール

青木靖(あおきやすし)

ソフトウェア開発者/翻訳家。訳書に『Joel on Software』(オーム社 2005年), 『Best Software Writing』(翔泳社 2008年), 『ソフトウェア開発者採用ガイド』(翔泳社 2008年), 『Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方』(翔泳社 2008年),『More Joel on Software』(翔泳社 2009年)がある。

URL:http://www.aoky.net/

コメント

コメントの記入