もっと楽しむ! プログラミング言語 「豆」談義

第6回 おしゃべり程度のプログラミング「Smalltalk」(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前編はSmalltalkの登場背景とオブジェクト指向プログラミング言語としての特徴的な構文についてお話ししました。後編はSmalltalkの大きな特徴の1つであるプログラミング環境を取り上げます。

Squeakで始めるSmalltalkプログラミング

Smalltalkのプログラミング環境は多数存在しますが,今回は前編でお話ししたSmalltalkの思想を純粋に受け継いだSqueakを使用します。SqueakはSmalltalkを生み出したアラン・ケイやダニエル・H・インガルズらにより作成された――全ての人に解放されている――オープンなSmalltalkのプログラミング環境です。日本語版のSqueakは下記のURLから取得できます。

URLhttp://squeakland.jp/developer/

ここでの説明は日本語版のSqueakを使用します。インストールやプロジェクトの作成等,基本的な操作方法はインターネットや参考文献[1][2]を参照してください。

Squeakでのプログラミングは全てウィンドウ上で行います。プログラムの実行やクラスとメソッドの編集,実行中のオブジェクトの状態確認など,目的に応じたウィンドウが多数用意されています。主要なウィンドウを見ていきましょう。

参考文献
[1]『Squeak入門 過去から来た未来のプログラミング環境』
Mark J. Guzdial & Kimberly M. Rose 株式会社エスアイビー・アクセス ISBN4-434-02947-9
[2]『自由自在Squeakプログラミング』
梅沢真史 株式会社ソフト・リサーチ・センター ISBN4-88373-203-7

ワークスペースの使い方

プログラムの実行はワークスペースを使用します。ワークスペースは実行するプログラムを記述するウィンドウです。ここで"実行するプログラム"と言っているのは,クラスやメソッドの実装ではなく,オブジェクトを利用するプログラムを指しています。プログラムにフォーカスを合わせ,ポップアップメニューの"式を評価"から実行します図1)。

初めてプログラミングする人でも,これなら簡単にプログラムを実行できますよね。図1のプログラム"Transcript open."(これは後で説明するウィンドウ,トランスクリプトをオープンしろというプログラムです)を実行すると,次に説明するトランスクリプトが開きます。

図1 ワークスペース(式を評価)

図1 ワークスペース(式を評価)

トランスクリプトの使い方

トランスクリプトはプログラムで指定された情報を表示するウィンドウです。トランスクリプトに情報を表示するには,「Transcriptにshow:メッセージ」を送ります。図2ではワークスペースから「show:メッセージ」を送ってトランスクリプトに"Hello, World!"を表示させています。

図2 トランスクリプト

図2 トランスクリプト

実行結果の表示方法

トランスクリプト以外にも,実行結果を表示する方法があります。プログラムにフォーカスを合わせ,ポップアップメニューの"式を表示"から実行します図3)。図3では,配列オブジェクトに「select:メッセージ」を送り,配列から奇数だけを抜き出した配列オブジェクトを取得した後,さらに「sumメッセージ」を送り配列の要素の合計を求めています。フォーカスを合わせたプログラムのすぐ後ろに実行結果が表示されます図4)。

図3 ワークスペース(式を表示:全体の実行)

図3 ワークスペース(式を表示:全体の実行)

図4 ワークスペース(式を表示:全体の実行結果)

図4 ワークスペース(式を表示:全体の実行結果)

一見すると「プログラム上に実行結果が表示されても困るでしょう?」と思いますが,実行結果は必ずフォーカスされているため,DeleteキーやBackspaceキーですぐに消去できるのがうれしいところです。

図5ではselect:メッセージだけにフォーカスを合わせ"式を表示"を実行しています。

図6のとおり,select:メッセージの実行結果だけを確認できます 。簡単にプログラムの断片の実行結果を確認できるので,"式を表示"はデバッグ時に活躍します。

図5 ワークスペース(式を表示:一部の実行)

図5 ワークスペース(式を表示:一部の実行)

図6 ワークスペース(式を表示:一部の実行結果)

図6 ワークスペース(式を表示:一部の実行結果)

プログラムの実行は,プログラミングで一番基本となる作業で,一番ワクワクする作業だと思います。Squeakだと簡単な操作でプログラムを実行してすぐに実行結果を確認できるので,プログラマでない人にもとてもとっつきやすいですね。

著者プロフィール

チーム北海道

居酒屋北海道をこよなく愛するエンジニア集団(伊藤清人,江川崇,荻原利雄,長谷川裕一,吉野雅人 以上株式会社豆蔵所属)。

URLhttp://www.mamezou.com/

コメント

コメントの記入