目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

第3回 アプリ開発の第一歩

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回から,実際にiPhoneアプリを開発する手順や方法について解説します。

Xcodeプロジェクトの作成

いよいよ,Xcodeを使ってiPhoneアプリを作成します。Xcodeを起動し,プロジェクトを作成しましょう。Xcodeのメニューから「ファイル」「新規プロジェクト...」を選択します。

テンプレートの中から「View-Based Application」を選択

テンプレートの中から「View-Based Application」を選択

第2回と同様,ここでは「View-Based Application」を選びます。今回はApp Storeでも配布されている,価格を入れて割引率を 選ぶと自動的に割引後の金額を表示するアプリ「バーゲン教師」を作りますので,プロジェクト名は「BargainSale」としました。もちろん他の好きな名前でもかまいません。アプリ名はこれとは別に設定しますが,開発中はひとまずこの名前を使います。

保存が完了すると,選択したテンプレートを元にファイルが生成されます。まずはどのようなファイルがあるかを確認していきましょう。

クラスファイル

クラスファイル

クラスファイル

クラスファイルは,プログラムを書くためのファイルです。左側のClassesフォルダの中にある.hや.mがそれに該当します。とくに.hのファイルを「ヘッダファイル」または単に「ヘッダ」と呼びます。ボタンが押されたり,ユーザが入力したりした結果をiPhoneで処理するためのプログラムをここに書きます。使用する言語はObjective-Cです。プログラムを書くファイルなので,プログラムの「ソースコード」を書くファイルという意味から,ソースファイルとも呼びます。

XIBファイル

XIBファイルは,アプリの画面を構成するパーツの配置や大きさなどを記録したファイルです。Resourcesフォルダにある.xibがそれです。Cocoa Touchを使ったアプリ開発では,XIBファイルを編集することがスタート地点となります。XIBファイルの編集には,ドラッグアンドドロップの操作で簡単にパーツを画面上に配置できる「Interface Builder」を使います。

XIBファイルとInterface Builder

XIBファイルとInterface Builder

リソースファイル

これらの他に,アプリを作るうえで必要なファイルをリソースファイルと呼びます。本来クラスファイル以外のものはすべてリソースファイルにあたるのですが,XIBファイルはリソースファイルの中でも特にアプリ開発において重要な役目をするので,便宜的にXIBファイルはそのままの名前で呼ぶことにしています。

リソースファイルはその名のとおり,アプリが動作する上で必要なリソース,すなわち資源としての機能を持つファイルのことです。初歩的なアプリでは特に意識する必要はありませんが,高機能で複雑なアプリの開発においては多くのリソースファイルを管理することになる場合があります。

他にもいくつかのファイルがありますが,まずはこれらのファイルを使って開発を進めていきます。

Interface Builder

XIBファイルは,Xcodeに付属の「Interface Builder」というアプリケーションを使って編集します。Xcode上でXIBファイルをダブルクリックすることで,自動的にInterface Builderが起動してファイルを表示します。

ファイルの構成を表すウィンドウと,「View」という名前のついたウィンドウが自動的に開きます。View のウィンドウが開いていない場合は,構成を表すウィンドウの中にある View をダブルクリックして開いてください。

メニューからライブラリを選択

メニューからライブラリを選択

Interface Builderが起動した状態で,Tools→Libraryと選択すると,ライブラリパネルが開きます。ここには Cocoa Touchで利用できるパーツが並びます。上部のObjectが選択された状態で,Library→Cocoa Touch Plugin→Inputs & Valuesを選んでみてください。下のほうにいくつかの見慣れたパーツが並びます。

たとえば,Labelは,文字を表示するためのパーツです。Round Rect Buttonはボタン,Text Field は文字を入力するためのテキストボックスといった具合です。これらのパーツを,ドラッグアンドドロップで先ほどの View の中に配置していきます。ここから先は,このInputs & Valuesに並んでいるパーツを使っていきます。

ライブラリパネルにある Inputs & Values のパーツ

ライブラリパネルにある Input

著者プロフィール

皮(かわ)

1980年宮崎県生まれ。納豆好き。

アイフォーンの皮:http://mixi.jp/view_community.pl?id=3531790

コメント

  • どこまでIBで書き込めるの?

    @propertyとか@synthesizeとかはIBで自動で書き込まれないんでしょうか?

    これはアウトレットやアクションとは違って、自分で書き込まないと駄目?

    Commented : #9  ヤナギダ (2010/10/03, 19:07)

  • わかりやすい!

    本出して下さい!

    必ず買います!

    お願いします!

    Commented : #8  wertheim (2010/01/21, 22:18)

  • #6さんへ

    貴方のヒントのおかげで先へ進めました。
    どうもありがとうございます。

    Commented : #7  pink (2010/01/10, 07:25)

  • ビルドと実行のまえに・・

    ビルドと実行のまえに、InterfaceBuilderでFile-Saveをおこなわないと
    いくらXcodeでビルドしても配置したものは表示されません。

    初心者向けなのに少々手順を省略しすぎでは?

    Commented : #6  kanta (2010/01/10, 00:40)

  • To #2,3

    MainWindow.xibを編集しようとしていませんか?
    BargainSaleViewController.xibを編集すると、うまくゆくと思います。

    Commented : #5  長弘大樹 (2009/08/10, 14:37)

1ページ(1/2)    

コメントの記入