ついにベールを脱いだJavaFX

第4回 シェイプで遊ぶ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 9 分

第2回で作成したHello, World!だけでは,JavaFX Scriptの実力を知ることはできません。そこで,今回はUI,特にグラフィックの描画に関する機能を紹介していきます。

とはいうものの,第2回で使用したNetBeansは英語版なので,ちょっとしきいが高いですね。そこで,今回からは日本語版のNetBeansにJavaFX Pluginをインストールして,使用していきます。

JavaFX Pluginのインストール

すでにインストールされているNetBeansに後からJavaFX Pluginをインストールする手順は,他のプラグインをインストールする時と同じです。残念ながら,JavaFX Pluginはまだ日本語化されていないので,JavaFXに関する部分は英語のまま表示されます。

インストールを行うには,まずNetBeansを起動します。そして,メニューバーの[ツール]の項目の中から[プラグイン]を選択します。すると,プラグインダイアログが表示されます。ダイアログの上部にあるタブの中から[使用可能なプラグイン]を選択すると,使用可能なプラグインのリストが表示されます。このリスト中に,JavaFX関連のプラグインが4種類あります。

  • JavaFX Source Debug
  • JavaFX 1.0
  • JavaFX SDK for Windows
  • JavaFX Weather Sample

3番目のJavaFX SDK for Windowsは,もちろんWindowsで実行した場合のものです。MacではMac用のSDKが表示されます。

図1のように,これらのプラグインにチェックをし,ダイアログの下の方にある[インストール]ボタンをクリックします。

図1 JavaFX Pluginの選択

図1 JavaFX Pluginの選択

すると,図2のように確認画面が表示されるので,[次へ >]をクリックして,先に進めます。

図2 プラグインの確認

図2 プラグインの確認

次に表示されるのが,ライセンス契約です。ライセンス条項を確認してから,下部にある[すべてのライセンス契約条件に同意する]にチェックをし,[インストール]をクリックします。

図3 ライセンス契約

図3 ライセンス契約

インストールには数分かかりますので,必要に応じて図4[バックグラウンドで実行]をチェックしてください。このチェックをすることで,インストール作業が行われているにもかかわらず,他の作業を行うことができます。

図4 インストール画面

図4 インストール画面

インストールが完了すると,NetBeanの再起動を求められます。再起動を行えば,JavaFXを使用することができます。

図5 プラグインのインストール完了画面

図5 プラグインのインストール完了画面

著者プロフィール

櫻庭祐一(さくらばゆういち)

横河電機に勤務するかたわらJava in the Boxにて新しい技術を追い続けています。JavaOneは今年で11年目。名実共にJavaOneフリークと化しています。

コメント

コメントの記入