コレクターが独断で選ぶ! 偏愛キーボード図鑑

第11回 自分好みの手幅でタイピングできる―Kinesis Freestyle2

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

本記事の内容はSoftware Design掲載当時の内容であり,現在では変わっている場合があります。

はじめに

今回はキーボードの真ん中あたりを境界に左右に分割されたキーボードを紹介します。キーボードを2分割することで,タイピングするときの左手/右手の置き場所がより自由になります。前回紹介したComfort Keyboard Originalは3分割されたキーボードでしたが,鉄板の上に固定する必要があり,自由度はその範囲しかありませんでした。今回紹介するKinesis Freestyle2写真1は,左右のパーツがケーブルでつながっているだけですので自由な位置取りが可能です。

写真1 Kinesis Freestyle2

写真1 Kinesis Freestyle2

Kinesis Freestyle2

Kinesis社が販売するキーボードです。Kinesisと言えば,コンタードキーボードが有名ですが注1)⁠ほかにもいくつか種類があります。Freestyle2はそのうちの1つで,キー配列は普通の英字配列です。

注1)
本連載第3回で紹介しました。

特徴

次の特徴があります。

  • 左右に分割された形状
  • 軽めのキー荷重
  • 充実したアクセサリ
  • キーレイアウトは英字配列

キーボードはテンキーレスキーボードをちょうど真ん中から割ったような形となっています。分割された左右のパーツはケーブルでつながっており,その長さが9インチ(約20cm)のバージョンと20インチ(約50cm)のバージョンがあります。ケーブルは取り外しや交換ができないので,長い20インチのほうがお勧めです。もちろんキーボードを分割しないで使うこともでき,専用のフックで左右のパーツをつなげられます。このフックはキーボードの上部だけを止めるので,キーボードを扇状に配置できます写真2)⁠

写真2 左右のパーツをフックでつなげる

写真2 左右のパーツをフックでつなげる

タイピングの際には,手幅や腕が窮屈にならないように左右のパーツを離せば,ゆったりしたフォームを取れます。また,左右のパーツの真ん中にスペースが作れるので,そこにトラックボールやマウスのようなデバイスを置いたり,書籍を置いたりできます写真3)⁠

写真3 中央に書籍を置く

写真3 中央に書籍を置く

Freestyle2はメンブレンキーボードですが,タッチは軽めで長時間タイプしても疲れにくいです。よくあるメンブレンキーボードの場合,タッチは重めです。たとえばHappy Hacking Keyboard Liteだと約55gです。Freestyle2は軽く,約45gとなっています。これは,Happy Hacking KeyboardのProfessionalシリーズやメカニカルキーボードでよく採用されているCherry軸の中でも最も軽い茶軸や赤軸とほぼ同じ数値です。

別売ですが,アクセサリも充実しています。アクセサリは複数種類存在します写真4はVIP3アクセサリを付けたものです。パームレストがつき,キーボードに傾斜がついています。傾斜は,5度,10度,15度と変えられます。

写真4 VIP3アクセサリを装着

写真4 VIP3アクセサリを装着

その他のアクセサリとして,パームレストのみのPalm Supportsや,パームレストがなく傾斜をつける機能だけに絞った省スペースタイプのV3などがあります。

キーレイアウトは,普通の英字配列ですが,⁠Esc][Deleate]が大きいことと「Copy」「Cut」などのホットキーがあることが特徴です写真5)⁠左右のパーツを離さないでも使えるので,普通のキーボードと比較しても違和感なく使えます。

写真5 ⁠Esc]とホットキー

写真5 [Esc]とホットキー

なお,Freestyleシリーズには古いバージョンの「Freestyle」と最新バージョンの「Freestyle2」の2種類が存在します。Freestyle2が発売されたのは比較的最近で,古いバージョンのFreestyleもまだ販売されています。新旧の一番の違いはキーボードの厚さです。Freestyle2のほうが薄くなっています写真6)⁠

写真6 Freestyle2(上)とFreestyle(下)

写真6 Freestyle2(上)とFreestyle(下)

入手方法

Freestyle2はKinesis社の日本代理店である⁠株⁠エジクン技研もしくは日本のAmazon.co.jpから購入が可能です。値段は1万5,000円ほどです。旧バージョンのFreestyleも取り扱っていますが,在庫限りのようです。


今回はKinesis Freestyle2を紹介しました。分割キーボードは使用する際のハードルはかなり低く,用途もいろいろあるので,⁠一定数以上の需要がある」と筆者は思っています。しかし,実際は製品の種類があまりないのが現状です。とくに日本語配列のキーボードの種類が少ない注2ので,手頃な価格で販売されることを願っています。

注2)
パーソナルメディア⁠株⁠が販売しているμTRONキーボードがありますが,5万円以上と非常に高価です。
Software Design

本誌最新号をチェック!
Software Design 2017年9月号

2017年8月18日発売
B5判/184ページ
定価(本体1,220円+税)

  • 第1特集
    Web技術【超】入門
    いま一度振り返るWebのしくみと開発方法
  • 第2特集
    tmux&Byobu
    開発効率アップのターミナル改造術
  • 一般記事
    不正アクセス・なりすましを防ぐ
    認証を支える技術
  • 一般記事
    Ejectコマンドで遊んでみませんか?
    スマートコンセントで扇風機を回そうの巻
  • 一般記事
    【最終回】[短期集中連載]人工知能時代のLispのススメ
    Java 500行でLispを作る! これがLispを理解する一番の早道

著者プロフィール

濱野聖人(はまのきよと)

EmacsとPCキーボードをこよなく愛するDebian GNU/Linuxユーザ。PCキーボードは100枚以上所持。

コメント

コメントの記入