もっと使おうPhoneGap/Cordova 2.0.0

第1回 PhoneGap/Cordovaとは

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

PhoneGap Day US 2012にて,待望のPhoneGap 2.0.0がリリースされました。本連載では,PhoneGap 2.0.0の変更点をはじめとして,新機能の紹介やFile APIを使ったアプリケーションの開発方法について紹介していきます。どうぞお楽しみください。

PhoneGap/Cordovaとは

PhoneGapはAdobeが開発,公開しているクロスプラットフォーム・モバイルアプリケーションの開発フレームワークです。詳細については,前回の連載の記事をご参照ください。

PhoneGap

PhoneGap

もともとPhoneGapはNitobi社が開発・公開していましたが,2011年10月2日(米国時間)にAdobe社がPhoneGapの開発元であるNitobi社を買収したと発表しました。PhoneGapは開発体制や配布方法が変更され,Apacheに寄贈され,現在にいたります。

PhoneGapはAdobeの商標となり,PhoneGapという名称はAdobe以外使用できなくなりました。Apacheに寄贈されたソースコードは,Apache Callbackプロジェクトとなり,その後名称が変更されてApache Cordovaプロジェクトとなります。現在,PhoneGapはCordovaのディストリビューションの1つとして公開されています。

PhoneGap 2.0.0の変更点

PhoneGap 2.0.0のおもな変更点は次のとおりです。

  • Xcodeテンプレートを使用しないように(iOS)
  • 専用のコマンドラインツールを使用してXcodeプロジェクトを作成するように(iOS)
  • コマンドラインからプロジェクトのビルド,エミュレータ起動,各種ロギングがおこなえるように(iOS, Android, BlackBerry)
  • サポートするiOSバージョンが4.2以上に。iOS 3はサポート対象外となる(iOS)
  • 必要動作環境のOSがLion ⁠10.7)およびMountain Lion ⁠10.8)のみに。Snow Leopard(10.6)はサポート対象外となる(iOS)
  • Cordova WebViewサポート(iOS)
  • Cordovajs導入,プラットフォーム間で統一したJavaScriptをサポート
  • WeinreをNode Package Managerに移行
  • Windows Phone正式対応

以下,それぞれの点について解説します。

Xcodeテンプレートを使用しないように(iOS)

PhoneGap 2.0.0以前では,iOSアプリケーションを開発する際,Xcodeでプロジェクト作成時に「Cordova-based Application」と呼ばれるXcodeテンプレートを使用していました。

PhoneGap 2.0.0では,このXcodeテンプレートが廃止され,あらたに専用のコマンドラインツールを使用してXcodeプロジェクトを作成するようになりました。

専用のコマンドラインツールを使用してXcodeプロジェクトを作成するように(iOS)

PhoneGap 2.0.0では,専用のコマンドラインツールを使用してXcodeプロジェクトを作成します。このコマンド群はインストーラでは配置されませんので,DMGファイルをマウントし,手動にてbinディレクトリをローカルハードディスクにコピーする必要があります。

新規プロジェクトを作成するには,ターミナル上で次のコマンドを実行します。

% create (Corovaプロジェクトのディレクトリ/絶対パス指定) (Bundle Identifer) (プロジェクト名)

新規プロジェクトの作成方法~Hello, World!の手順は,第2回で詳しく取りあげたいと思います。

Xcodeテンプレートを廃止するに至った理由について,Cordovaの主要開発者の一人,Shazron Abdullah氏のブログ - Shazron's Cordova (aka PhoneGap) Blogにて,Xcode 4のテンプレートを使うことにより,ユーザエクスペリエンスに限界が生じていたことが述べられています。

However, because of Xcode 4′s template limitations, this resulted in a poor user experience when first creating a new Cordova-based Application.

PhoneGap 1.9.0以前では,ビルドを実行してはじめてwwwディレクトリが作成されます。作成したwwwディレクトリをFinderで開き,ドラッグ&ドロップでXcodeプロジェクトと関連付けをおこない,開発を開始します。この一連の手順があるために,特定の環境下による不具合の切り分けや,Cordovaライブラリ自体のデバッグを困難にしていました。

これらの問題を改善すべく,PhoneGap 2.0.0ではXcode 4のテンプレートを廃止し,専用のコマンドラインツールを使ってXcodeプロジェクトを作成するように方針を変更しました。

コマンドラインからプロジェクトのビルド,エミュレータ起動,各種ロギングがおこなえるように(iOS, Android, BlackBerry)

コマンドラインからプロジェクトのビルド,エミュレータを起動できるようになりました。また,各種ロギングもコマンドでおこなえます。

たとえばiOSの場合,ターミナル上でプロジェクトの作成からエミュレータを起動して動作を確認するまで,すべてターミナルで操作することが可能になります。

  • createコマンドでXcodeプロジェクトを作成
  • vim, emacsなどのエディタでアプリケーションを作成
  • プロジェクトディレクトリに用意されているdebugコマンドでビルド
  • 自動的にiOSシミュレータが起動する

ターミナルからアプリケーションをビルドし,iOSシミュレータを起動

ターミナルからアプリケーションをビルドし,iOSシミュレータを起動

使用するにあたり,各OSごとに準備が必要になります。たとえばiOSの場合,事前にios-simが必要になります。

著者プロフィール

富田宏昭(とみだひろあき)

株式会社キクミミでFileMaker/SQLiteを使ったWebアプリ開発に従事しながら,オープンソースソフトウェアのハウツー記事執筆を行う。趣味は横乗り系スポーツ,美術館めぐり,高速ジャンクション鑑賞。

コメント

コメントの記入